エントランスへはここをクリック   
2018年・東日本大震災
復旧実態調査(福島県編)
〜北茨城市大津港〜


青山貞一・池田こみち 
環境総合研究所顧問
掲載月日:2018年7月28日
 独立系メディア E−wave Tokyo
断転載禁
<2018-6 東日本大震災・津波・原発事故事後調査>
 調査の内容と方法 北茨城市大津港 五浦海岸六角堂1 五浦海岸六角堂2
 茨城福島県境  いわき市勿来 須賀海岸 勿来・岩間 小名浜港・中之作
 江ノ浦・江名港  江名走出  合磯・豊間海岸 薄磯海岸  四倉海岸
 久ノ浜・末続 原発立地自治体放射線量 新地町1 新地町2 相馬市松川浦
 相馬市大洲松川線 南相馬市沿岸部 飯舘村(放射線量)
 久々の会津若松

  現地視察の最初は、津波被害の復旧調査と放射線量調査の結果である。

◆東京都練馬区→茨城県北茨城市


東京都練馬駅北口から茨城県北茨城市大津港まで
出典:グーグルマップ 経路探

 
2018年6月17日、午前8:30に東京都練馬区を出発した。 練馬駅北口で測定した空間放射線量は 0.05μSV/hであった。 この日、天気は花曇りである。利用した自動車は環境総合研究所のトヨタ・プリウスである。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 途中、首都高6号の墨田区アサヒビールオブジェ近くの放射線量は、0.07μSV/hであった。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 私たちは、常磐自動車道を経由し午前10:46に北茨城ランプに到着した。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 北茨城インターでの空間放射線量は 0.05μSV/hであった。 


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 北茨城ランプを出た私たちは一般道(県道154号線)で、北茨城市の大津港に向かった。この港は、2011年4月、最初に調査を行った場所である。


大津漁港 出典:グーグルマップ

2011年4月17日時点での大津港の津波被害


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


2018年6月17日時点での大津港

 下は大津港である。大きな漁船が停泊していた。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 漁港にはきまって釣り人がいるが、大津港でも下の写真ように神奈川県相模原市から来た釣り人がいた。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 2011年4月当時、津波で破壊されていた大津漁港と冷蔵庫などその関連施設は、ほぼ復旧されていた。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 以下は大津漁港冷蔵施設。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 大津港で測定した空間放射線量は 0.04 〜 0.06 μSV/hであった。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


つづく