エントランスへはここをクリック   

2018年・東日本大震災
復旧実態調査(福島県編)
〜調査の内容と方法〜


青山貞一・池田こみち 
環境総合研究所顧問
掲載月日:2018年6月28日
 独立系メディア E−wave Tokyo
断転載禁

 2018年6月17日〜19日、青山貞一、池田こみちは、2011年3月11日以降の東日本大震災、津波、福島第一原発事故による影響、被害の復旧・復興状況を調査するため福島県内の調査を実施した。

 なお、この調査は2011年4月以降、茨城県北部、福島県、宮城県、岩手県内の市町村、地域を対象に行っているものである。

◆調査の日程と対象自治体

 調査日と対象自治体(原則として南から北の順)は以下の通りである。

 2018年6月17日 北茨城市(大津港、五浦海岸、平潟、九面馬場)

             いわき市(勿来町、関田須賀、錦町、岩間地区、
              小名浜港、中の作港、江名ノ浦、江名走出
              平豊間、塩屋岬海岸、薄磯海岸、新舞子、
              四倉海岸、久ノ浜、末続)

             国道6号線(自動車走行時測定)
             広野町、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、
             南相馬市(小高、原町、鹿島)、相馬市

 2018年6月18日 新地町、相馬市(松浦)、南相馬市、
              
             飯館村(県道12号線、県道31号線)、

             福島市、福島市県庁前、

             郡山市、会津若松市

 2018年6月19日 会津若松市、西会津町

 以下は調査の主張地点をグーグルマップで示した地図である。以下の地図には福島第一原発をF1原発、福島第二原発をF2原発、また沿岸域を南北に走る国道6号線、常磐自動車道も示してある。


福島県沿岸部の調査対象地域
出典:グーグルマップより作成

◆調査の内容と方法

 調査の内容は以下の通りである。

  (1)津波による被害を受けた海岸線の復旧、復興・堤防建設状況
  (2)福島第一原発事故による空間放射線量調査

 調査の方法は以下の通りである。

  (1)目視、写真撮影、衛星地図などによる確認
  (2)空間放射線測定器による原則地上1mでの放射線量測定
 
 調査システムは以下の通りである。

  GPS機能付きデジタルカメラ ニコン Coolpix S9900
    

  米国製空間放射線量測定システム Dose RAE2
    


つづく