エントランスへはここをクリック
第二次世界大戦 国別ナチス・ドイツの強制収容所 (概要、写真)
Nazis Germany built Consentoration and Extermination Camps by Coutry in WW2

青山貞一 Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda共編
Feb 25, 2018 独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
<第二次世界大戦(WW2)> ホロコースト地図  年表・資料  ホロコースト概要  個別収容所詳細  ビデオライブラリー  戦犠牲者数
関連サイト> 日中戦争 太平洋戦争 731部隊
ヤセノヴァツ強制収容所ⅠⅡⅢ( Jasenovac:クロアチア) 地図
<ユーゴスラビア>   ヤセノヴァツⅠ、Ⅱ、Ⅲ(クロアチア)  赤十字強制収容所(セルビア)   個別収容所詳細ヘ
WWW 検索 eewave 検索

背景
 クロアチア独立国家(NDH)は、ナチス・ドイツなど枢軸軍によるユーゴスラビアの侵略後、1941年4月10日に設立された。NDHは、現代のクロアチア、ボスニア、ルツェゴビナの大部分、さらにセルビアの部分で構成されている。

※ 英  Jasenovac concentration camp
   独  KZ Jasenovac
   クロアチア  Logor Jasenovac
   セルビア  Концентрациони
          логор ?асеновац
   日  ヤナセヴァツ強制収容所

 ヤセノヴァツ強制収容所( c)は第二次世界大戦中、ヨーロッパ最大の強制収容所の一つであり、 "バルカン半島のアウシュヴィッツ "と呼ばれたが、収容所はウスタシャ(Ustasha)により1941年 8月に。それはウスターシ建設されており、1945年 4月にャによって破壊された。この強制収容所は、ウスタシャ政権により運用されており、ナチスドイツは運営されていない。

   注)ウスタシャ(Ustasha)は、クロアチアに存在したファシズム
     政党・民族主義団体である。第二次大戦中にドイツと同盟
     を結び、大量虐殺を行ったことで有名。
     クロアチアのウスタシャはアンテ・パヴェリッチを指導者とし、
     クロアチア人による独立国民国家の樹立を目指し、農民
     を主体とする反資本主義を政治綱領に掲げていた。
     しかし反資本主義を目指していながらも私有財産制は認
     められており、ローマ・カトリックの思想を強く受けているの
     が特徴であった。

  1941年8月、ヤセノヴァツ強制収容所はヤセノヴァツ村近くのサヴァ川とウナ川が合流した湿地帯に設立され、1945年4月に解体された。それは「野蛮な行為と多数の被害者の故に悪名高い」ものとなっている。

 ヤセノヴァツ強制収容所はセルビア人のすべての年齢、性別、年齢、社会教育、それに共産主義者、そしえそのサポーター、シンパとなっているセルビア人、ロマ、ユダヤ人のための収容所であった。

 ヤセノヴァツ収容所システムは、野蛮な方法で多数の犠牲者を出したことで有名であった。ヤセノヴァツ強制収容所は収容所の継続的な運営が終わるまで活動しつづけた。ヤセノヴァツ強制収容所を通過した受刑者の数と、死亡した犠牲者の数はユーとスラビアで最大なものであり、収容所には男性だけでなく、女性や子供ちもいた。

 ヤセノヴァツ強制収容所は、最初の指揮官であったVjekoslavLuburi?によって1941年8月から1942年 2月に建設された。収容所のほとんどはクロアチアのザグレブ南東約100km にあるヤセノヴァツ村に位置していた。収容所ⅠとⅡはブロッチカとクラペエの村にあったが、そこは頻繁な洪水のためすぐに活動停止となったた。

 ヤセノヴァツでは、犠牲者の大半はセルビア民族であり、他はユダヤ人、ローマ、政治的反体制主義者であった。ヤセノヴァツはサバ川とウナ川の両岸に、81 sq mi(210平方km)以上も広がった巨大な5つのサブキャンプの複合体であった。最大のキャンプは、ザグレブの南東約100km(62マイル)にあるヤセノヴァツの「レンガ製造作業(Brickworks)」の収容所であったた。複合施設には、StaraGradi?kaサブキャンプ、Donja Gradinaのサバ川を横断する虐殺地、5つの作業農場、ウスタシャのロマ収容所が含まれていた。

 多くの捕虜は、火葬場をもつ最大の収容所、 ヤセノヴァツ強制収容所Ⅲ(ヤセノヴァツァⅢ)、別名シグラナ(Ciglana)収容所に移送された。死刑執行は、サヴァ川の反対側のドンジャ・グラディナで行われた。子供のための収容所はヤセノヴァツシサク(Sisak)とJastrebarskoにあった。女性と子供の収容所は南東のスタラ・グラディシュカにもあった。

 クロアチアはこれらの強制収容所でセルビア人、ロマ、ユダヤ人に対する虐殺を行いました。さらに多くのクロアチア人とイスラム教徒もそこで殺され。これらは、反ファシスト、共産主義者とそのシンパ、セルビア人の援助者であった。

 第三帝国をモデルとした複雑で独特の強制収容所は、正式名称を「ウスタシャ防衛指揮組織・ヤセノヴァツシ強制収容所」といい、指揮系統組織の下部にあったウスタシャ監視サービス(UNS)とその機能は、ウスタシャ防衛指揮組織の下部組織のものであった。

 ヤセノヴァツ中央強制収容所II(Iシグラーナ)に加え、1942年には、ヤセノヴァツ強制収容所の他の組織も拡充された。そのひとつは、ワコンザラ・ヤセノヴァツ村で1942年に設立されている。またStaraGradi?ka強制収容所 は 旧刑務所施設内にある2番目に大きな強制収容所である。その他の強制収容所にはMlaka、Jablanac、Gregani、Bistrica、Feri?anciなどがある。

犠牲者数の推定

 第二次世界大戦中または戦後、ヤセノヴァツ強制収容所で殺された犠牲者の数は、3年半以上の間に多くの議論と論争があった。戦後、70万人は「常識」を反映していたが、140万人という数字もあった。

 この調査結果は、「学問的に価値がない」と却下され、ベオグラード、ミラノ・ブーラジッチの虐殺犠牲者博物館の監督によって批判された。ブーラジッチが2002年に退任して以来、博物館は70万人から100万人の犠牲者という数字を支持していない。

 さらにユーゴスラビア社会主義連邦共和国当局は、1964年に人口調査を実施し、59,188人が死亡したと報告しているが、この調査結果は1989年まで公開されていなかった。

 クロアチアの学者であるウラジミール・ツェルジャビッチは、1989年と1992年に「利用可能なデータを綿密に分析した」という本を出版し、最終的にジャセノバックで約83,000人が殺されたと結論づけた。

 2005年、博物館の研究員であるドラーガン・クラベコビッチ(DraganCvetkovi?)とクロアチアの共同執筆者は、NDHでの戦時中の犠牲者に関する本を出版し、ヤセノヴァツ強制収容所ジャセノバックの被害者を約10万人とした

 ヤセノヴァツ強制収容所での犠牲者の数は確定していない。ヤセノヴァツ記念公園事務所は、2012年までに約83,000人の犠牲者のリストを作成したが、虐殺博物館の犠牲者に関する研究者は、これまでに約88,000人の犠牲者をリスト化している。

 一方、ワシントンD.C.にある国立ホロコースト記念博物館(USHMM)は、ウスタシャ体制があって、1941年から1945年の間、ヤセノヴァツ強制収容所では15,000~20,000人、クロアチア人とイスラム教徒が5,000~12,000人と、」と述べた。ヤセノヴァツ強制収容所記念館は、現在、8万人から10万人の被害者の数字を引用している。]


クロアチア独立国家法(NDH法、Nezavisna Dr?ava Hrvatska)
 NDH法は ウスタシャがナチスドイツの人種主義、イデオロギーを採用し反映している。それはユダヤ人の活動を制限し、その財産を押収する法令を急速に発行された。これらのNDH法律は、「国家の保護と国家の義務」として1941年4月17日に施行された。

 この法は「国家の名誉を傷つければ大逆罪としてクロアチア国家の重要な国益あるいはクロアチア独立国家の存在を危険にさらす」とし、それに]反すれば死刑とするとした。この法は遡及法であり、直ちに逮捕と裁判が開始された。その後、セルビア正教会の儀式の不可欠な部分であったキリル文字の使用を禁止する令が続いた。

 国籍に関する別の法令は、アリアン起源の市民だけがNDHの国民であり、NDHの国民だけがNDHの保護下にあると判断した。これらの法令は、通常の裁判制度を通じてだけでなく、新たな特別裁判所、さらに移動裁判所を通じて施行された。

ナチスの影響
 1941年4月10日、クロアチア独立国家が設立され、ナチス・ドイツとファシスト・イタリアが支持し、同様の人種的・政治的教義を採択した。ヤセノヴァツ強制収容所は、「ユダヤ人の問題」に対するナチの「最終解決策」、ロマ人の殺害、政治的な反対者の排除に貢献したが、クロアチアのウスタシャの最も重要な目的は独立国家内のセルビア人の破壊を達成する知らせる手段だったことである(NDH)。

 ヤセノヴァツ強制収容所はクロアチア独立国家にあるドイツ占領地帯に位置していた。ナチスはウスタシャの反ユダヤ人と反ローマの行動を奨励し、セルビア人の意図的な駆除を支持した。ヒトラーがに与えた演説で示したようにナチスは明確に上記の人々の大量虐殺の目標を作理始めた。スラヴコ・クヴァテルニク 1941年7月21日の会議での演説:

 「ユダヤ人は人類の悩みです。ユダヤ人がソビエト天国で許可されているように、彼らがやることを許されるならば、彼らは彼らの最も狂った計画を達成するでしょう。そして、ロシアは世界の病気の中心になった...もし何らかの理由で一つの国が単一のユダヤ人家族の存在に耐えば、その家族は最終的に新しい計画の中心になるだろう。ヨーロッパにユダヤ人がいなくても、ヨーロッパ諸国の統一は成立する。この種の人々は、社会秩序や組織化された国家に統合することはできない。彼らは健康な社会の体の寄生虫であり、まともな人を追放して生きている。彼らは、秩序と規律を必要とする州に適合することを期待できない。彼らと一緒にやるべきことは一つしかありません。それらを駆除することです。国家はこの権利を保持している。なぜなら、貴重な男性が戦場に出て死ぬ間に、これらの淫獣を救うのは犯罪者に過ぎません。彼らは追放されなければならない、あるいはもし彼らが公衆に脅威を与えないならば、強制収容所内に投獄され、決して解放されなくてはならない」

中略

 ナチスがユダヤ人をアウシュヴィッツに移送する可能性を再確認したのは、アウシュヴィッでの駆除が簡単なだっただけでなく、犠牲者から生み出された利益がクロアチア人やイタリア人を経由したドイツ人の手に渡されたからでもあったからである。

セノヴァツ強制収容所の計画
 Jadovno強制収容所は、ウスタシャによる絶滅のために使用された最初のキャンプであった。Jadovnoは1941年5月から運営されていたが、同じ月にセノヴァツ強制収容所でキャンプが結成されたと同年8月に閉鎖された。

 以下の3つの新しい収容所は、終戦まで機能し続けた。

・シグラナ(セノヴァツ強制収容所III)
・コザラ(セノヴァツ強制収容所IV)
・StaraGradi?ka(セノヴァツ強制収容所V)

セノヴァツ強制収容所IIIは、NDHの特別警察部隊である"  ウスタシャ    第III部によってUsta?eSupervisory Service"(UNS)の建設、管理、監督が行われた。収容所の行政は、他のウスタセ大隊、警察署、ドモブラニボスニア系イスラム教徒、ドイツ人、ハンガリー人で構成されていた。

 ウスタシャはセノヴァツ強制収容所で男性、女性、子供を拘禁し、拷問し、処刑した。被害者のうち最も多くはセルビア人であったが、犠牲者にはユダヤ人、ロマ(または「ジプシー」)だけでなく、クロアチア人、ボスニア人のイスラム教徒、パルチザンや共産主義者が共産主義者としてウスタシャに分類されていた。

 強制収容所に到着すると、囚人はナチスの集中キャンプバッジのような色でマークされた。セルビアは青、共産主義者は赤(セルビア人ではない)、ロマは印がなかった。この習慣は後で辞められた。ほとんどの犠牲者は強制収容所近くのGranik、Gradinaなどの処刑場で殺された。生存者は、必要な職業と貿易(医師、薬剤師、電気技師、靴職人、金細工職人など)などに熟練しる人々でセノヴァツ強制収容所のサービスやワークショップで雇用されていた。

収容所の人口
 セノヴァツ強制収容所でウスタシャによって処刑された囚人の遺体は、
セルビア人が収容所受刑者の大半を占めていた。セノヴァツ強制収容所記念エリア事務局による犠牲者リストは、セルビア人56%以上、80,914人中45,923人であった。いくつかのケースでは、セルビア人の民族性を認めるとすぐに受刑者が殺され、そのほとんどが刑務所の唯一の理由であると考えられた。

 セルビア人は、主にコザラ地方から送られてきた。そこでは、ウスタシャがパルチザンゲリラが保有する地域でセルビア人を捕獲した。これらは文章なしに収容所に持ち込まれ、直ちに処刑される運命にあり、機械銃で用いられた。セノヴァツ強制収容所のセルビア人犠牲者の正確な数は不明であるが、最も一般的な水系は約6万人に及び、第二次世界大戦のセルビア人の全死亡者の最も重要な部分のひとつとなっている。


Travnik地域のユダヤ人のヤセノヴァツァとStaraGradi?ka収容所への 追放に関する報告、1942年3月

 ナチス虐殺の第一の標的であるユダヤ人は、ヤセノヴァツァ強制収容所の第二の犠牲者であった。ユダヤ人の犠牲者の数は不明であるが、クロアチアのユダヤ人人口の約8,000人の約2/3に及ぶ。 ヤセノヴァツァ強制収容所のユダヤ人の執行のほとんどは、1942年8月以前に行われた。その後、NDHはそれらをアウシュヴィッツに追放した。一般的には、ユダヤ人は最初に収集された後、クロアチアのすべての部分からヤセノヴァツァ強制収容所に送られ、さらにザグレブからボスニア・ヘルツェゴビナで収集された後、サラエボに送られた。しかし、一部は他の都市や小さな町からヤセノヴァツァ強制収容に直接輸送された。

 陸軍将軍、ウスタシャ民兵本部、内務省、Gandarmeryの最高司令官に通知したマーシャル・クヴァルタクの命令にしたがって、 「ウスタシャ監視サービスの指揮官 - 最高秘密No.139 / 42を持つ主任補佐官は、ヤセノヴァツァ強制収容所の集会所と労働収容所に無制限の受刑者を受け入れることができること知らされているとして、軍事作戦が行われている地域の治安を保つために捕らえられたすべての共産主義者をヤセノヴァツァ強制収容所に送るために下位組織の司令官に連絡した。

 ヤセノヴァツァ強制収容所のロマは、特にコザラ(Kozara)地域のボスニアの様々な地域で捕らえられたロマとSintiの両方からなっていた。彼らはヤセノヴァツァ強制収容所に連れて行かれ、栄養、水分補給、避難所、衛生条件が全収容所できわめて水準にあったIII-C地域に連れて逝かれた。殺害されたロマの人口は2万?5万人と推定されている。

  注)ロマ:
    ロマ(Roma)は、ジプシーとも呼ばれてきた集団のうちの
    主に北インドのロマニ系に由来し中東欧に居住する移動
    型民族である。移動生活者、放浪者とみなされることが多
    いが、現代では定住生活をする者も多い。ジプシーと呼
    ばれてきた集団が単一の民族であるとするステレオタイ
    プは18世紀後半に作られたものであり、ロマでない集団
    との関係は不明である。 出典:Wikipedia

 反ファシストは、さまざまな種類の政治的、イデオロギー的反対派またはウスタシュ政権の敵対者で構成されていた。一般に、それらの処理は、他の受刑者と同様であったが、共産主義は、すぐに実行された。

 一方、ウスタシャや法執行当局に近いクロアチア農民などは、有益な条件で保持されまし一定の時間を過ごした後に恩赦を与えられた。クロアチア農民党のリーダー、VladkoMa?ekは1941年10月から1942年3月までヤセノヴァツァ強制収容所、その後厳しい家の下で拘禁された。ヤセノヴァツァ強制収容所は子供たちのためのユニークな収容施設から成っていた。約20,000人のセルビア人、ユダヤ人、ローマの子供たちがジャセノバックで犠牲となっている。

生活条件
 ヤセノヴァツァ強制収容所での生活条件は、貧弱な食事、嘆かわしい宿泊施設、ウスタシャ警護者による処置などナチスの死刑囚の典型的な厳しさであった。1942年2月に記者団、1944年6月に赤十字社代表団が訪れ代表団の訪問中に一時的に条件が改善されが、代表団がいなくなった後、以前の状態に戻った。

 食べ物
 死のキャンプの典的なように、ヤセノヴァツの受刑者の食生活は、生命を維持するには不十分であった。食べ物の種類は、キャンプの存在の期間間に変わった。キャンプBro?iceでは、受刑者には、朝食用の澱粉を含むお湯とランチ、ディナー用の豆(6: 00、12:00、21:00に提供)の「スープ」が与えられた。第44校の食糧は当初は豆の代わりにジャガイモでできていた。しかし、1月には食事は、薄い "カブのスープ"の1日1回のサービングに変更された。年末までに、食餌は再び水と澱粉でできた薄い粥の3つの部分に再び変更された。その後も食物は繰り返し変化した。

 水:
 ヤセノヴァツ強制収容所は他の絶滅収容所より、さらに深刻であった。飲料水はなくなり、囚人はサヴァ川から水を飲むように強制された。

 宿泊施設:
 最初のキャンプでは、Bro?iceとKrapjeは3層の寝台を備えた標準的な強制収容所の兵舎で囚人は眠っていた。3,000人を収容する第3キャンプでは、当初、鉄道のトンネルと呼ばれるオープンデポ、あるいは単にオープンした場所で、ワークショップの屋根裏部屋で眠っていた。しばらくして、8つの兵舎が建てられた。囚人はこれらの兵舎のうち6つで眠っていたが、残りの2つは病院に運ばれた。

 強制労働:
 すべての強制収容所がそうであるように、ヤセノヴァツの受刑者は、最も些細な理由で受刑者を捕虜の目の前で処刑した。毎日11時間の勤労を強いられ、労働部門はウスタシャのDominik「Hinko」PicilliとTihomirKordiよって監督された。ピッリィは、他の監督よりも、より一生懸命働くよう強制するした。

 ピッリィは "ヤセノヴァツの労働力"を建設、レンガ造り、金属工作、農業などのグループを含む16のグループに分けた。レンガ造りの仕事は大変だった。鍛冶屋の仕事はまた、ウスタシャのために囚人がナイフや他の武器を鍛造したために行われた。堤防工事は最も恐れられた。

 衛生設備:
 キャンプ内では衛生設備の不足があった。混乱、流血、嘔吐、分解すされた人体などが荒廃した兵舎で満たされました。受刑者は身体障害を患い、チフス、腸チフス、マラリア、胸膜炎、インフルエンザ、赤痢およびジフテリア等になった。労働休止中(5:00~6:00,12:00から13:00,17:00~20:00)受刑者は、野外にに掘った大きな穴の野外トイレで用を足した。

 受刑者は水が沢山ある穴に落ちり、しばしば死亡した。ウスタシャは、被介護者はわざと囚人を溺死させた。汚水は洪水や雨のときにあふれるが、ウスタシャは故意に湖に流出させた。そこで囚人の飲料水が採取されていたのに。囚人用のぼろと毛布は、兵舎の避難所と同様、霜にさらされるのを防ぐには薄すぎた。

 衣類や毛布は、湖の水で1か月に1回だけ短時間洗濯することが許されていた。湖が凍った冬の間は洗えなかったが、その後、倉庫に衛生装置が建てられた。

個人所有の欠如:
 受刑者は自分の所有物と個人的な服装を剥奪された。囚人は刑務所用の衣服だけが与えられた。冬には、受刑者に薄い「レインコート」を与えられ、軽いサンダルを履くことができた。受刑者には、1日0.4リットル(0.088 imp gal; 0.11 US gal)の「スープ」を摂取させるため個人用の食品ボウルが与えられた。ボウルがなくなった受刑者には食糧は与えられなかった。代表団訪問の間、受刑者は普段の2倍の量をを与えられた。その時は、受刑者には色付きのタグが与えられた。

不安:
 死の恐怖、そして生きている者が死人の隣に住む状況のパラドックスは、被収容者に大きな影響を与えた。基本的に強制収容所での受刑者の生活は、強制収容所への到着、収容所に住む、そして解放の3段階である。第1ステージは、収容へ移動中の苦難によって引き起こされたショックである。


 ウスタシャは、到着時に多数の受刑者を殺害し、列車のトンネルや屋外で倉庫、屋根裏部屋に一時的に新らしい到着者を収容することによりこのショックを煽る。

 受刑者が収容所での生活に精通した後、受刑者は死の苦しみ、悲しみ、苦難、虐待を通じて生きることになる。

 第二は最も重要な段階に入る。死刑の危機、具体的には「公の処罰のための公開処刑」であった。受刑者はグループに並び、残りの受刑者は死ぬ前に死の処罰を受けることだった。

 ウスタシャは、この方法を延長したり、受刑者の周りを巡回して質問をしたり、受刑者を見つめたり、選んだりで別の人を指差し指摘したりすることで、受刑者により恐怖を与えた。受刑者として、人々は能動的または受動的な方法でウスタシュの犯罪に反応する可能性がある。収容所内の活動家は抵抗運動やグループを形成し、食糧を盗み、逃げ道づくりや反乱を起こし、外界と接触するようになる

 他方、受動的な囚人は、生き残りを試み、無為な日々を過ごすために反応する。これはウスタシャによる「屠殺する行為」ではなく、自分の生存のための別のアプローチである。場合により、ウスタシャは受刑者を非人道的にさせる可能性すら奪われた。

 すべての受刑者は、食べ物の強迫観念、妄想、夢、自制の欠如など、心理的な外傷を負った。一部の受刑者は、事件、日付、詳細などを覚えたり書きとめようとした。生存者のイリヤ・イワノビッチ、ニコラ・ニコリッチなどは、残虐行為を文書にしようと試みた。そのような行為には、死の処罰され、メモの追跡が非常に困難となるためで危険であった。

大量殺人と残酷
 セルビアのユダヤ人コミュニティの元大統領であるジャサ・アルムリ氏によると、ヤセノヴァツは、アウシュヴィッツより残忍さの面で恐ろしい強制収容所であった。1942年の夏の終わり、数千人の民族セルビア人村人がNDH軍がパルチザンと戦っていたボスニアのコザラ地方からヤセノヴァツ強制収容所に追放された。ほとんどの男性はヤセノヴァツで処刑され、女性はドイツの強制労働収容所に送られ、子供たちはカトリックの孤児院で殺されたりした。

 1942年8月29日の夜、刑務所の警備員は、誰が最大の数の受刑者を殺すことができるかについて、自分たちの間で賭けをした。警備員の1人、Petar Brzicaは、約1,360人の新到着者の喉を切ったと自慢していた。

 賭けに参加することを告白した他の参加者には、600人の受刑者を殺したAnteZrinu?i?-Sipkaと、事件の詳細な報告をしたMile フリガノビッチが含まれていた。 フリガノビッチは、1100人の受刑者が死亡したとのべた。彼は特に、Vukasinという名の老人の拷問を詳述した。フリガノビッチはそれぞれの拷問で耳と鼻と舌を断ち切っていた。老人がやったアンテ・パヴェリッチを祝福するように男性に強要しようともした。最終的に、彼は老人の目を切り、喉を裂いた。この事件はNikoli博士によって目撃されていた。

Srbosjek
 「Srbosjek」または「Serbcutter」という愛称の農業用ナイフ。それはフリガノビッチ収容所での迅速に囚人を殺害するため、ウスタシャの民兵によって使用されていた。ウスタシャは下の写真にある "Srbosjek"( "Serb-cutter")として知られるナイフで受刑者を虐殺した。


The knife was worn over the hand and was used by the Usta?e militia for the slaughter of inmates in concentration camps.
出典・Source:Wikimedia Commons

 このナイフは、もともと第二次世界大戦中にドイツの工場で製造された小麦の束ナイフの類だった。これらのナイフは、ゾーリンゲン-のWiddert商標「Grawiso」でGebruderGrafrath言われていたブランドナイフである。ナイフの上部は、突出して刃だけが出るように、穴を通って親指で着用するように設計された一種の手袋のような革で作られていた。

 それは湾曲した、12センチメートル(4.7インチ)のナイフで、その凹面側に縁があった。ナイフは弓なりにされた楕円形の銅板に固定され、板は厚い皮バングルに固定されていた。それはもともと農業目的でつくられ、フィールドワーカーが穀物を刈る前に小麦のシーブを切ることができるようにするものだった。ナイフは、負傷を防ぎ、作業速度を上げるためにグローブプレートに固定されていた。

捕虜の体系的な撲滅
 貧しい生活条件による散発的な殺人や死亡に加え、ヤセノヴァツァ強制収容所に到着する多くの受刑者は体系的に「駆除」される予定となっていた。選択の重要基準は、囚人の予想される勾留期間であった。労働力があり、3年未満の投獄を宣告された強い男性は生きることが許された。他方、3年以上の判決を受けたすべての受刑者は、体力にかかわらず直ちに処刑される予定であった。

 体系的な駆除、根絶は、場所と形態の両面で変わった。ナチスの方法論に従えば、いくつかの処刑は機械的であり、その他は手作業であった。駆除の機械的手段には、次のものがある。

火葬:
 ウスタシャは、時に麻薬を摂取させ、時には完全に目を覚ましている生きている受刑者を死体焼却した。最初の火葬は1942年1月にレンガ工場の野外で行われた。ドミニクの「Hinko」Picilliは、7つの窯の炉室をより洗練化させた火葬場に変えることで、この方法を完成させた。

 焼却棟はサバ川を渡ったところにあるグラディナに置かれた。しかし、国務委員会によると「これまで稼働したことはない」と述べたが、その後の証言は、グラディナの火葬場は動作していたと変わった。いくつかの遺体は、戦争後半の人体発掘によって示されているように、火葬ではなく埋葬されていた。

ガス処刑と中毒:
 ウスタシャはStaraGradi?kaに到着した受刑者を殺害するため有毒ガスを使用しようとした。ウスタシャはまず、Djakovoから到着した女性と子供たちに、SimoKlai?が「グリーン・トーマス」と呼んだガスバンでガスを吹き込んだ。手作業の方法は、ナイフ、鋸、ハンマーなど鋭利で鈍い職人用の道具を利用した処刑であった。これらの処刑はさまざまな場所で行われていた。

グラニク:
 Granikはサヴァ川のボートの積み荷を降ろすためのランプだった。1943-44年の冬、シーズー農業労働者は失業に陥ったが、新しい大量の被拘禁者が到着した。これは予想された枢軸軍の敗北に照らし合わせても大量だった。

"Maks"Luburi?は、虐殺を行うためにクレーンを利用する計画を策定し、遺体を流血の川に投棄することとした。秋には、ウスタシャNCOは、倉庫に収監され、剥がされ、連鎖され、殴られ、その後、ワイヤに結ばれた「グラニク」に連れられた人々は、約20日間毎晩殺された。彼らの腸と首は刈られ、頭は鈍い道具で打撃され川に投げ込まれた。

グラディナ:
 ウスタシャはDonja GradinaとUsticeの村の近くの空き地を利用し、そこで屠殺場をつくり屠殺場と大量の墓地をワイヤで囲んだ。ウスタシャは受刑者をナイフで殺したり、頭蓋骨を槌で打ち殺した。ロマがキャンプに到着したとき、彼らは選抜されなかったが、むしろ "III-C"と呼ばれる収容所のセクションで空に集中していた。そこから、ロマはGradinaでの「作業」に引き継がれ、男性は堤防作業、女性はトウモロコシ畑作業を行った。

 かくしてグラディナとウスティカの村は、ロマの墓地になった。さらに、グラディナ村の虐殺に実際に参加した者の証言として、小さなグループのロマが利用された。このようにして、収容所の野外現場での「駆除」は、ヤセノヴァツの主要な殺処分場になるまでに増加したのである。

ムラカ(Mlaka)とジャブラナック(Jablanac):
 収容所IIIとVは女性、子供のための労働収容所として使われた2つの場所であるが、これら女性や子供の多くが他のグループと同様にサバ川で殺された。

ヴェリカ・クスタリカ:
 国家委員会によると、1941年と1942年の冬に5万人が殺され、さらにそれ以降、殺害が行われたという証拠がある。

受刑者の助け
 1942年7月、ドイツ人役員のアルベルト・フォン・コッツィアンの助けを借り、ダイアナ・ブディサブリエビッチは、StaraGradi?kaは強制収容所から子供たちを連れ去る(救う)ための書面による許可を得た。 Kamilo Breslerを含む社会問題省の助けを借り、彼女はザグレブにキャンプおよび他の場所から子供受刑者を再配置することができた。

 赤十字はナチスによるヨーロッパの迫害の人々を支援すると非難されていた。地元の代表、ジュリアス・シュミットリン(Julius Schmidllin)は、財政援助の要望をユダヤ人コミュニティから受けていた。同組織はユダヤ人をキャンプから解放するのを助け、さらにセノヴァツァ強制収容所を訪問することに関しクロアチア政府と議論した。

 最終的に1944年7月に願いが叶いセノヴァツァ強制収容所に代表団到着が到着したが、何の不利益も見つけられなかった。受刑者抵抗団体はウスタシュとの接触によって援助されたが、テナントで働くこれらのグループのうちの1人はウスタシャの妻であり、yarin Jurcev博士の助けを借りたが、、後に「受刑者との協調や協力の罪」で有罪判決を受け処刑された。


キャンプの終わり
 1945年4月、パルチザン部隊が収容所に近づくにつれて、収容所の監督者は死の収容所をフル稼働させ、また残虐行為の跡を消滅させようとした。4月22日、600人の囚人が反乱を起こし、516人が殺され84人が逃亡した。

 囚人の反乱直後にキャンプを放棄する前に、Usta?eは残っている捕虜を殺し、キャンプ内の建物、守衛室、拷問室、Picilli Furnace、その他すべての構造物を爆破した。5月にセノヴァツァ強制収容所に入ると、パルチザンは遺跡、煤煙、煙、そして数百人の犠牲者の遺跡しか見ることができなかった。

 1945年以降、セノヴァツァ強制収容所は戦争捕虜によって完全に破壊された。労働者たちはキャンプの破壊を完了し、その場所を平準化し、それを取り囲んで2キロメートル(1.2マイル)、4メートル(13フィート)の壁を解体した。

被害者数
 犠牲者数を主張する記念碑は、GradinaのSava川のボスニア側に位置しています。第二次世界大戦以来、学者やホロコースト機関は、ジャセノバックで殺害された被害者の数を110万~?30,000人までさまざまに推計してきた。ほとんどの現代の情報源では、およそ100,000人となっている。

 ユダヤ人のバーチャルライブラリは、「最も信頼性の高い数字は」ウスタシャによって殺されたセルビア人の数は、「セノヴァツァ強制収容所で殺害されたセルビア人は45,000~ 52,000人で、全体としてえ33万~39万人」と推定とすることを述べた(ホロコースト記念博物館)。

 歴史家トミスラフDuli?はセノヴァツァ強制収容所でしばしば引用される70万人という数字に異議を唱えたが、推定10万犠牲者はま第二次世界大戦中のヨーロッパで最大のキャンプのひとつとなると述べている。
現代のソース

 ヤセノヴァツァ強制収容所の時代からの関連文書は、ユーゴスラビアの戦いのさまざまな側面から生まれた。これは一方はドイツ人とイタリア人で他方でパルチザンと連合国によるものである。ウスタシャ自身、それにバチカン文書に由来する情報源もある。


 ドイツの将軍は、戦争が進行するにつれて犠牲者の数を報告した。ドイツ軍司令官は、クロアチア独立国家領土でウスタシュによって殺害されたセルビア人、ユダヤ人その他の人数について、異なる数字を示した。彼らは400,000人のセルビア人(AlexanderLohr)とした。さらに350,000人のセルビア人(Lothar Rendulic)、 約30万人のセルビア人(Edmund Glaise von Horstenau)、また1943年に"600000人~700000人"(エルンスト・フィック) 、1944年3月に 70万人(マッセンバッハ)が推計している。

ユーゴスラビアとクロアチアの公式推定
 1945年11月15日、クロアチア全国委員会は、ジョゼップ・ブロツ・チトのもとでユーゴスラビア新政府によって委託された占領軍の犯罪とその協力者の捜査について、セノヴァツァ強制収容所で50万人が殺害されたと報告した。これらの数字は、1990年からホロコースト百科事典のイスラエル・グットマンとメナケム・シェルラッハの研究者によって引用された。シェラッハは、およそ30万の遺体が発見され発掘されたと書いている。サイモン・ヴィーゼンタールセンター寛容のの博物館がいくつかの点で同じ番号を採用した。

 1945年から1947年の戦争賠償の会合では、ユーゴスラビアのさまざまな役人がユーゴスラビア全土で約1,700,000人の犠牲者を使用していた。これらの支持者は、その後、戦争補償を得る目的で人工的に膨らませしたと非難された。国務委員会の報告書は、45年目のユーゴスラビアでの犠牲者の数に関する唯一の公的な公式文書である。トマセビッチ氏は、これらの数字は実際には誇張されていると述べているが、国務委員会の報告書の原本には40万人の被害者が挙げられている。

 VladetaVu?kovi? [ 誰ですか?]はBogoljubKo?ovi?の1985年の本に、1947年に連邦統計局の数学の学生であったが、外相のEdvard Kardeljに対する州の全戦争犠牲者の推定値を生産することを任命されたと書いている。彼女[ブツコビッチ]は、人口統計的に推定される人口減少率を考慮して1700,000人の統計的推定値を計算したが、実際の損失はかなり低くなっていると述べている。それにもかかわらず、Kardeljはその後、パリ平和条約でユーゴスラビアの真の喪失としてこれを提示した[110] [112]。[110 ]これらの見積もりは、戦争賠償交渉中にドイツによって却下された。ホロコーストの百科事典ユーゴスラビアの全体のための死傷者図は、より保守的1,500,000でした。SFRユーゴスラビアでのヤセノヴァツァの犠牲者数の従来の見積もりは70万であった。


 1964年、ユーゴスラビア連邦統計局は、第二次世界大戦の犠牲者リストを作成し、597,323人の名前と不足額を20~30%と見積もり、75万~78万人の被害者を推定した。同局のリストは1964年に国家秘密と宣言され、1989年に公開された。調査結果はヤセノヴァツァで殺された59,188人のうち、セルボスとして33,944人が死亡していた。

 1990年代から、クロアチア側は、犠牲者の数を少なく提案し始めた。正確な数字は、ユーゴスラビアの解体時の大きな論争と政治的紛争の対象であった。フラニョ・トゥジマンが執筆した1989年の図書、「戦争の恐怖:歴史的現実と理念」は、後にサイモン・ヴィーゼンタールが犠牲者の公式の数字に疑問視され。

 クロアチア政府主催の博物館施設、ヤセノヴァツァ記念博物館は、調査研究として、現在、犠牲者数を80,000~100,000仁と推定している。

 1946年から職業犯罪捜査のためのクロアチア国務委員会と協力者は次のように結論づけている。

 このような先天的で非人道的な拷問や人身虐殺の方法は歴史には記録されていない。ウスタシャの犯罪者は、ドイツ人の巨匠(注:ヒットラー)のモデルを忠実に守り、意識的にすべての命令を実行し、単一の目標を追求してきた。それはできるかぎり多くの人を撲滅し、可能な限り大きな生活空間を創造することだ。

 ドイツ人のマスター達に対するウスシャの全面的な依存、キャンプ自体の基盤、「不道徳な」派遣、ヒトラーの人種差別主義ナチス理論の残酷な実施、キャンプへの強制移送、人種差別的かつ全国的に「不純な」行為の根絶、ウスタシャの残虐行為のわずかな種類での拷問と残虐行為の同じ方法、炉の建造と焼却炉の焼却(Picilli炉) - すべての証拠は、ヤセノヴァツァとその中で犯された犯罪の両方が、ドイツ人のHitlerite命令に基づいて作成されたと結論づけているャ。その後、ジャセノヴァクの犯罪に対する責任は、ドイツの巨匠とウスターゼの執行者にも等しく当てはまる。"


1960年代の法医学捜査
 1961年11月16日、Bosanska Dubica元市長の地方自治体委員会は、法医学専門家ではない地元住民が率いるDonja Gradinaを理由に非公式調査を実施した。この調査では、3つの集団墓地が明らかになり、そのうちの1つに17個の人間の頭蓋骨が確認された。これに基づいて、120の他の無傷の墓が特定されたという事実とともに、彼らは350,800人の被害者の数を推定した。それに応じて、科学者が場所を確認するために呼び出された。

 Alojz?ercelj博士は、1964年6月22日から27日までの間に、最も重大な墓地を特定するため予備掘削を開始し、リュブリャナ大学の Vida BrodarとAntonPoga?nikによってセノヴァツァで実施された。彼らは合計7つの集団墓地を調査した。合計で284人の遺体があり、セノヴァツァ複合施設全体で約200の類の場所があると結論づけられた。

犠牲者リスト
 セノヴァツァ強制収容所記念エリア(ヤセノヴァツァ Memorial Area)は、セルビア人47,627人、ロマ16,173人、ユダヤ人13,116人、クロアチア人4,255人、ボスニア系イスラム教徒1,128人、スロベニア人266人など、83,145人のセノヴァツァ強制収容所犠牲者の名前のリストを2013年3月まで得ている。被害者83,145人のうち、20,101人が14歳未満の子供、23,474人が女性である。]
 
 1997年、ベオグラードの虐殺博物館はセノヴァツァ強制収容所で10,521人のユダヤ人犠牲者のフルネームで発見した。

 1998年、ボスニアック研究所は、SFRユーゴスラビアのセノヴァツァ強制収容所(1992年に作られた)からの戦争犠牲者の最終リストを出版した。リストでは26170人のセルビア人、8121人がユダヤ人、5,900人がクロアチア人、1,471人がロマ人、787人がボスニアムスリム、識別不能民族が6792、いくつかは単に記載されているなどで、セノヴァツァ強制収容所関連で49602人の犠牲者の名前が含まれていた。

 1998年、クロアチア国家文書館は、クロアチア人民共和国の領土からのセノヴァツァ強制収容所の被害者数が15,792 人で、戦争犯罪のための国家委員会の部分的な生データを含むノートが発見されたと発表した。

ホロコースト機関による推定
 ヤド・ヴァシェム・センターは、「と述べている50万人の以上のセルビア人が殺害された [クロアチア独立国のすべてに] 恐ろしくサディスティックな方法で、250,000追放された、および他の20万がカトリックに変換することを余儀なくされた。」とある。

 1990年のホロコースト百科事典では、Menachem ShelachとIsrael Gutmanはこう書いている。 「ユネスコは多数のセルビア人、ユダヤ人、ジプシー、そしてウスタシュ政権の政敵と反対のヤセノヴァツァ強制収容所では、約60万人が殺害された。ユダヤ人の犠牲者の数は、2万~25万人で、そのほとんどは8月まで殺害された1942年までのものであり、クロアチアのユダヤ人がオスウィッツに追放されて追放された。

イスラエルのグットマン(編集)、ホロコーストの百科事典
 2009年現在、米国のホロコースト記念館は、1941年から1945年の間にセノヴァツァ強制収容所でウスタシャが66,000人から99,000人(主にセルビア人)を殺害したと推定しており、ウスタシャ支配期間中は33万人から39万人のセルビア人とクロアチア人が、またアウシュヴィッツ・ビルケナウで30,000人以上のクロアチア人ユダヤ人が殺された。

統計的推定
 1980年代、セルビアの統計学者BogoljubKo?ovi?とクロアチアのエコノミストであるVladimir?erjavi?(ユーゴスラビアの総犠牲者数は当時の公式見積もりで170万人未満であった)によって計算され犠牲者の数は約100万人。Ko?ovi?は、その数のうち、クロアチア独立国家で37万?41万人のセルビア人が死亡したと推定した。


 クロアチア独立国における犠牲者の数を主張するセノヴァツァ強制収容所の被災者は80,000人、他のキャンプや刑務所で数千人が死亡したなどとして、30万~35万人であった。しかし、最初は53,000人と計算されたが、後で70,000人に達し、最終的には80,000人になった。

 1980年代に、ツェルナビッチはヤセノヴァツァ強制収容所で約83,000人が死亡し、セルビア人5万人が死亡したと結論した2冊の本を出版した。1997年、セノヴァツァ強制収容所の数字は110万だった主張し、ベオグラードの軍事アーカイブのディレクター、。ベオグラードにあるジェノサイド虐殺博物館の元ディレクターであるミラノ・ブラジッチ博士は、ジェルジャヴィッチ氏の批評家は、この数字は70万から100万人であると主張した。

 彼のポストからBulaji?の退職以来、博物館、クロアチア共著者からの研究者は、セノヴァツァ強制収容所Jの約10万の犠牲者ついての本を出版している。

脚注
Official website of the Jasenovac Memorial Site

United States Holocaust Memorial Museum

Kolsto 2011, pp. 226?41.

Ljiljana Radoni? (2009), Heinz Fassmann; Wolfgang Muller-Funk; Heidemarie Uhl, eds., "Krieg um die Erinnerung an das KZ Jasenovac: Kroatische Vergangenheitspolitik zwischen Revisionismus und europaischen Standards" (in German), Kulturen der Differenz- Transformationsprozesse in Zentraleuropa nach 1989 (Gottingen: V&R unipress): pp. 179

Pavlowitch 2008, p. 34.

Dedijer 1992.

Tomasevich 2001, p. 399.

Brietman (2005), p. 204

Federal Bureau of Statistics in 1964; published in Danas, 21 November 1989

Tomasevich 2001, pp. 233?41.

Lemkin (2008), pp 259, 625?26.

Lemkin (2008), pp. 259, 613.

Lemkin (2008), pp. 260, 626.

Lemkin (2008), pp. 259, 626?27.

Tomasevich 2001, pp. 383~84.

Aristotle Kallis. Genocide and Fascism: The Eliminationist Drive in Fascist Europe, Routledge, New York, NY 2009, pp. 236?44.

Hilgruber, Staatsmanner und Diplomaten bei Hitler, p. 611.

Wansee, Nuremberg trail documents, NG-2568-G

Shelach et al., 1990, pp. 166?71, 185?89, 192, 194?96, 208, 442~43.

Schwartz, p. 301

Shelach et al., 1990, p. 195.

A.A. Nachlass Kasche, p. 105

Shelach et al., 1990, pp. 207?339.

Shelach et al., 1990, p. 153, n. 20

Shelach et al., 1990

Adolf Eichmann's Crimes in Yugoslavia: Facts and Views, pp. 8?9.

M. Persen, Ustaski Logori, p. 97[full citation needed]

Encyclopedia of the Holocaust, 1990, pp. 739?40.

Bosnian Muslims in Jasenovac Concentration Camp[permanent dead link]?Congress of Bosnian Intellectuals (October 2006, Holocaust Studies), Sarajevo; ISBN 978-9958-47-102-5.

Schwartz, p. 329

Encyclopedia of the Holocaust, 1990, "Jasenovac"

The bodies of prisoners executed by the Ustasa in Jasenovac

United States Holocaust Memorial Museum. "Jasenovac". Jewish Virtual Library. Retrieved 25 April 2012.

State Commission, 1946, pp. 30, 40?41.

Sindik (ed.), pp. 40?41, 98, 131, 171.

See victim numbers.

"Jasenovac". Ushmm.org. Archived from the original on 16 September 2009. Retrieved 15 May 2013.

"Croatia" (PDF). Yad Vashem.

State Commission, 1946, pp. 43-44.

State Commission, 1946, p. 32

Tomasevich 2001, p. 359.

"List of individual victims of Jasenovac concentration camp". Jasenovac Memorial Site. Retrieved 22 March 2015.

Encyclopedia of the Holocaust, 1990, p. 739

Schwartz, p. 299-300

Lazar Lukajc: "Fratri i Ustase Kolju", interview with Borislav Seva, pp. 625?39.
State Commission, 1946, pp. 19-20, 40.

Schwartz, pp. 299, 302?03, 306, 313, 315, 319?22.

State Commission, 1946, pp. 20, 39 (testimonies: Hinko Steiner, Marijan Setinc, Sabetaj Kamhi, Kuhada Nikola)

State Commission, 1946, pp. 20?22

various examples in: Schwartz, pp. 299?301, 303, 307, and many more examples therein

State Commission, 1946, pp. 30-31

Schwartz, p. 308.Compare with Elizabeta Jevric, "Blank pages of the holocaust: Gypsies in Yugoslavia during World-war II", pp. 111?12, 120

Compare with Schwartz, pp. 299?303, 332

Schwartz, p. 313

Schwartz, p. 311

Schwartz, pp. 311-13

State Commission, 1946, p. 20.

State Commission, 1946, p. 20

Schwartz, p. 324

State Commission, 1946, pp. 16-18.

State Commission, 1946, pp. 23?24.

Marijana Cvetko testimony, New York Times, 3 May 1998. "War crimes revive as Croat faces possible trial"

State Commission, 1946, pp. 53?55.

See: Schwartz, who said that a father and his three sons were killed for writing. The witness wrote his memories on a piece of paper in tiny script and planted it in his shoe.

The bodies of Jasenovac prisoners floating in the Sava River.

Shelach et al., 1990, pp. 432?34.

Shelach et al., 1990, pp. 192, 196.

Alan Greenhalgh. The Glass Half Full; ISBN 0-9775844-1-0, p. 68

Howard Blum. Wanted!: The Search for Nazis in America (Quadrangle/New York Times Book Co. 1977).[page needed]

Wanda B. Schindley. "Hidden History: The Horror of Jasenovac". Jasenovac-info.com. Archived from the original on 1 May 2009.

Avro Manhattan, The Vatican's Holocaust, p. 48.

Margaret E. Wagner; David M. Kennedy; Linda Barrett Osborne; Susan Reyburn (2007). The Library of Congress World War II Companion. Simon & Schuster. pp. 640, 646?47, 683. ISBN 978-0-7432-5219-5. At Jasenovac, a series of camps in Croatia, the ultranationalist, right-wing Usta?e murdered Serbs, Jews, Romani, Bosnian Muslims, and political opponents not by gassing, but with hand tools or the infamous graviso or Srbosjek ("Serb cutter") ? a long, curved knife attached to a partial glove and designed for rapid, easy killing.

Israeli 2013, p. 135: "Surviving inmates of Jasenovac remember the Srbosek (the knife for killing Serbs) that was devised, besides ordinary knives, for the manual and individual slaughter of the Serbs."

Frucht Levy 2013, p. 71: "One, the srbosjek, or Serb-cutter, was a long, curved knife attached to a partial glove and designed for cutting throats."

Michael Freund (30 May 2013). "Time to confront Croatia's hidden Holocaust". The Jerusalem Post. Archived from the original on 16 March 2015. The Ustashe even employed a special knife they called a "Srbosjek", or "Serb-cutter", to slaughter as many Serbs as possible.

Hunt, Dave (1994). "Das Abschlachten der Serben". Die Frau und das Tier Geschichte, Gegenwart und Zukunft der romischen Kirche. Eugene, Oregon: Harvest House Publishers. pp. 289?301.

Vladimir Dedijer (1992). The Yugoslav Auschwitz and the Vatican: The Croatian Massacre of the Serbs During World War II. Prometheus Books. ISBN 978-0-87975-752-6.

Hanspeter Born (1987). Fur die Richtigkeit: Kurt Waldheim. Schneekluth. p. 65. ISBN 978-3-7951-1055-0. Beliebt war das sogar wettbewerbsmasig organisierte Kehledurchschneiden mit einem speziellen Krumm-messer Marke Graviso

Nikoli?, Nikola (1969). Tabori??e smrti ? Jasenovac (in Slovenian). Translated by Jo?e Zupan?i?. Ljubljana: Zalo?ba "Borec". pp. 72?73. Na koncu no?a, tik bakrene plo??ice, je bilo z vdolbnimi ?rkami napisano "Grafrath gebr. Solingen", na usnju pa reliefno vtisnjena nem?ka tvrtka "Graeviso" ... Posebej izdelan no?, ki so ga usta?i uporabljali pri mno?i?nih klanjih. Pravili so mu "kota?" - kolo - in ga je izdelovala nem?ka tvrtka "Graeviso"

"Srbosjek in action! Warning: Shocking truth video". YouTube. Retrieved 22 March 2015.

Nikola Nikoli? (1969). Tabori??e smrti--Jasenovac. Zalo?ba "Borec". pp. 72?73. Na koncu no?a, tik bakrene plo??ice, je bilo z vdolbnimi ?rkami napisano "Grafrath gebr. Solingen", na usnju pa reliefno vtisnjena nem?ka tvrtka "Graeviso" [Picture with description:] Posebej izdelan no?, ki so ga usta?i uporabljali pri mno?i?nih klanjih. Pravili so mu "kota?" ? kolo ? in ga je izdelovala nem?ka tvrtka "Graeviso"

State Commission, 1946, pp. 9?11, 46?47.

State Commission, 1946, pp. 14, 27, 31, 42?43, 70.

Paris 1961, p. 132.

State Commission, 1946, p. 43

Schwartz, pp. 331-32.

Dragan Roller, statement to the press during the Dinko Saki? trial, New York Times, 2 May 1998.

"Zlocini Okupatora Nijhovih Pomagaca Harvatskoj Protiv Jevrija", pp. 144?45[full citation needed]

Shorthand notes of the Ljubo Milo? trial, pp. 292-93. Antun Vrban admitted of his crimes: "Q. And what did you do with the children A. The weaker ones we poisoned Q. How? A. We led them into a yard... and into it we threw gas Q. What gas? A. Zyklon." (Qtd. Shelach et al., 1990)

M. Persen, "Ustasi Logore", p. 105[full citation needed]

Sindik (ed.), p. 40-41, 58, 76, 151

State Commission, 1946, pp. 13, 25, 27, 56?57, 58?60.

State Commission, 1946,[page needed]

State Commission, 1946, pp. 38-39

Dr Mirjana Ajdukovi?, "The Activity of Diana Budisavljevi? with the child victims of World War II", Annual of Social Work, Vol. 13, No. 1, October 2006.
Shelach et al., 1990, pp. 313?14.

Schwartz, pp. 304, 312, 332?33

Kolsto 2011, pp. 230, 242.

"Croatian holocaust still stirs controversy". BBC News. 29 November 2001. Retrieved 29 September 2010.

"Balkan 'Auschwitz' haunts Croatia". BBC News. 25 April 2005. Retrieved 29 September 2010. No one really knows how many died here. Serbs talk of 700,000. Most estimates put the figure nearer 100,000.

Duli?, Tomislav (2005). Utopias of Nation. Local mass killings in Bosnia and Herzegovina, 1941?1942. Uppsala. p. 281.

"How many victims were there of [sic] Jasenovac Concentration Camp?". FAQs. Jasenovac Memorial Site. Retrieved 22 March 2015.

Neubacher, Hermann (1958). Sonderauftrag Sudost. Musterschmit-Verlag. p. 31.

Le Operazioni della unita Italiane in Jugoslavia. Rome 1978. pp. 141?48.

C. Falconi, The Silence of Pius XII, London 1970, p. 3308

State Commission, 1946, p. 62

Encyclopedia of the Holocaust, 1990

Shelach et al., 1990, p. 189

"Jasenovac". Museum of Tolerance. Simon Wiesenthal Center. Archived from the original on 12 May 2006. Retrieved 22 March 2015.

Tomasevich 2001, p. 723.

Tomasevich 2001, pp. 718-.

Danijela Nadj. "Vladimir ?erjavi? ? How the number of 1.7 million casualties of the Second World War has been derived". Hic.hr. Retrieved 2013-05-15.

Schemo, Diana Jean (22 April 1993). "Anger Greets Croatian's Invitation To Holocaust Museum Dedication". The New York Times. Retrieved 14 June 2011.

"Renovation of Jasenovac Memorial Site". Jasenovac Memorial Site. Retrieved 22 March 2015.

"Jasenovac Memorial Site ? From the return of the museum inventory to the present day". Jasenovac Memorial Site. Retrieved 22 March 2015.

"Propisi" [Regulations] (in Croatian). Ministry of Culture. Retrieved 22 March 2015. Zakon o Spomen-podru?ju Jasenovac (NN 15/90; NN 28/90 Ispravak, NN 22/01)
Guy Walters. Hunting Evil: The Nazi War Criminals Who Escaped and the Quest to Bring Them ... Books.google.com. p. 461. Retrieved 18 November 2016.

Kru?elj, ?eljko (23 April 2005). "Kako je ?ivanovi? 284 kostura pretvorio u 700.000 ?rtava". Vjesnik.hr (in Croatian). Archived from the original on 25 November 2005. Retrieved 22 March 2015.

Milan No?ica (28 November 1989). "Okom nau?nika sagledana mostruoznost zlo?ina". Informativni glasnik (in Serbian). Faculty of Medicine, University of Novi Sad (231): 8?9. Archived from the original on 11 August 2007. Retrieved 23 April 2012.

Ognjan Radulovi? (2007). "Jasenovac je i danas moja no?na mora". Ilustrovana Politika (in Serbian). Politika Newspapers & Magazines d.o.o. Archived from the original on 22 June 2008. Retrieved 22 March 2015.

"List of individual victims of Jasenovac concentration camp". Jasenovac Memorial Site. Retrieved 22 March 2015.

"Exhibition aims to show the truth about Jasenovac". Southeast European Times. 8 January 2007. Retrieved 25 April 2012.

Anzulovic, Branimir (1999). Heavenly Serbia: From Myth to Genocide. London, UK: Hurst & Company. p. 104. ISBN 1-85065-342-9.

Bulaji? 2002, p. 55.

Bosniak Institute (1992). Jasenovac: ?rtve rata prema podacima statisti?kog zavoda Jugoslavije. Zurich & Sarajevo: Bosniak Institute Sarajevo. ISBN 3-905211-87-4. Retrieved 22 March 2015.

"U Hrvatskom dr?avnom arhivu prona?ena bilje?nica o ?rtvama rata" (in Croatian). Croatian Radiotelevision. 7 July 1998. Archived from the original on 2 April 2015. Retrieved 22 March 2015.

Ko?ovi?, Bogoljub (2005). Sahrana jednog mita. ?rtve Drugog svetskog rata u Jugoslaviji. Belgrade.

Statement made by witness Cijordana Friedlender, from the shorthand notes of the Ljubo Milo? trial. pp. 292~293.

Berger, Egon (1966). 44 mjeseca u Jasenovcu. Zagreb: Nakladni zavod Hrvatske. p. 57.

Riffer, Milko. "Grad mrtvih, Jasenovac 1943". Znaci.net. Retrieved 3 July 2015.

von Horstenau, Edmund (1980). Ein General im Zwielicht: die Erinnerungen Edmund Glaises von Horstenau. Wien; Koln; Graz.: Bohlau. p. 167. ISBN 3-205-08740-2.

Edmund Glaise von Horstenau: Ein General im Zwielicht: die Erinnerungen Edmund Glaises von Horstenau, Volume 76, Bohlau Verlag Wien, 1988, p. 168

Richard West. Tito and the Rise and Fall of Yugoslavia, Faber & Faber, November 15, 2012.

State Commission, 1946, pp. 31-32 as posted here "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on 2009-03-04. Retrieved 2008-09-17.

State Commission, 1946, pp. 28-29.

State Commission, 1946, pp. 50, 72

Pajovi?, Radoje (1987). (in Serbo-Croatian). Zagreb: Centar za informacije i publicitet. p. 100. ISBN 978-86-7125-006-1. Missing or empty |title= (help)
Francisca de Haan, Krasimira Daskalova, Anna Loutfi ? Biographical dictionary of women's movements and feminisms in ... ? 2006, p. 381; "In 1934, an antifascist and women's rights activist, Julia Batino (born in Bitola 1914 - died in Jasenovac concentration camp, Croatia 1942) was made President of the Bitola ZICO. The organization became actively involved in the progressive women's movement in Yugoslavia and Batino herself directed her energies towards the emancipation of Jewish women, with a special emphasis on young women."

"Between Local and Universal: Daniel Kabiljo, a Jewish artist in Sarajevo on the Eve of the Holocaust" (PDF). Retrieved 15 May 2013.

Profile, Hrvatska enciklopedija; accessed 8 October 2013. (in Croatian)

Bulaji?, Milan. Tudjman's "Jasenovac myth". Belgrade: Stru?na knjiga. 1994. p. 66

Profile, Hrvatski biografski leksikon; accessed 24 March 2015.(in Croatian)

Martin Gilbert (1987, p. 148)

"Mavro Frankfurter". Yad Vashem. 5 February 2013.

"MosheFrankfurter". Yad Vashem. 5 February 2013.

Profile, matica.hr; accessed 8 October 2013.(in Croatian)
"Izidor Gross". Pages of testimony by Edit Anav (granddaughter). Yad Vashem.

Joseph Levine and Solomon Mendelson. Ishei yisrael u-t’fillatam; A Memorial List of European Cantors Martyred During the Shoah, pg. 10, 1 January 2013.

"Han?ekovi?, Boris" (in Croatian). Hrvatski biografski leksikon.

?ivakovi?-Ker?e, Zlata; Igor Galir (30 October 2010). "Osje?ki spomendan 29. o?ujka". osijek.hr (in Croatian). Retrieved 14 April 2013.

"Slavko Hirsch". Pages of testimony by Lea Marberger (sister). Yad Vashem.

"Slavko Hirsch". Pages of testimony by Avraham Marberger (brother in law). Yad Vashem.

"Svjetski dan pjesni?tva". www.knjiznica-vz.hr (in Croatian). Gradska knji?nica i ?itaonica Metel O?egovi?.

"Me?unarodni dan sje?anja na Holokaust". www.zoz.hr (in Croatian). ?idovska op?ina Zagreb.

Vladko Ma?ek, In the Struggle for Freedom, Pennsylvania State University Press, University Park and London, 1957, (Chapter XVI: Prison Again, pp. 244?53)
Mira Kolar Dimitrijevi?, Knji?evnik Mihovil Pavlek Mi?kina i politika, Podravina: ?asopis za multidisciplinarna istra?ivanja, Vol. 5, No. 9, Svibanj 2006; accessed 8 October 2013.

Snje?ka Kne?evi? (2011, p. 42)

Snje?ka Kne?evi? (2011, pp. 55)

"Mullerovi ? Povijest jedne zagreba?ke obitelji" (in Croatian). Jutarnji list. 20 April 2008. Archived from the original on 2016-03-07.

Klara Ro?man (4 February 2010). "Zrinka Cvite?i? i Ana Vilenica u filmu o 'hrvatskoj Shirley Temple'" (in Croatian). Jutarnji list. Retrieved 16 August 2012.

Nina O?egovi? (14 February 2012). "Simbol tragedije ?idova u Hrvatskoj" [Symbol of tragedy of Jews in Croatia] (in Croatian). Nacional. Archived from the original on 1 July 2012. Retrieved 16 August 2012.

"Nova sapunica dekana Akademije" (in Croatian). Nacional. 15 September 2008. Archived from the original on 18 June 2013.

Snje?ka Kne?evi? (2011, p. 60)

Goldstein 2007, p. 112, Dizdar 1997, p. 359

Davor Kova?i?, Iskapanja na prostoru koncentracijskog logora Nova Gradi?ka i procjene broja ?rtava, Radovi ? Zavod za hrvatsku povijest, Vol. 34-35-36, br.1., stranica 229?41. Zagreb, 2004.(in Croatian)

?ivakovi?-Ker?e, Zlata; Nevenka Drahotuski (29 July 2011). "Osje?ki spomendan 29. srpnja". Osijek.hr (in Croatian). Retrieved 4 May 2013.

(in Croatian) B.M.; HR-DAZG-1154 Obitelj Vinski; Dr?avni arhiv u Zagrebu; 30 Listopad 2008, Zagreb

Goldstein 2005, p. 299.

(in Croatian) Stribor Uzelac Schwendemann: Leksikon mrtvih; Prilog za prou?avanje povijesti brodske ?idovske zajednice: stranica 80, 88: godina 2010.

http://www.znaci.net/00001/106_5.htm. Missing or empty |title= (help)

"Bakir Izetbegovi?: " Moje daid?e Muhamed i Bakir ubijeni su usta?kim logorima Jasenovac i Lepoglava"". SAFF.

"U II SVJETSKOM RATU NA MOSTU U BR?KOM, ALI I U JASENOVCU SU STRADALI I BO?NJACI!". Otisak. 13 May 2013. Archived from the original on 9 June 2013. Retrieved 29 March 2015.

"Ukaz o progla?enju Zakona o Spomen-podrueju Jasenovac". Narodne-novine.nn.hr. 17 April 1990. Retrieved 15 May 2013.
Walasek 2015, pp. 83?87.

Radoje Arseni? (22 June 2004). "Changes in the Museum". Newsletter of the Jasenovac Research Institution. Politika; translated by JRI Director Milo Yelesiyevich. I (1): 4?5.

"Sabor ?alje Kosor u Bleiburg". Zadarski list (in Croatian). 17 April 2012. Retrieved 30 July 2012.

"Peres at Croatian WWII Camp: I Wish Iran's President Would Come Here". Haaretz (in Croatian). 25 July 2010. Retrieved 26 August 2015.
"Jasenovac must not be forgotten, Croat president says". B92.net. 17 April 2011. Archived from the original on 23 January 2012.

参照
著作
Breitman, Richard (2005). U.S. Intelligence and the Nazis. Cambridge University Press. ISBN 0-521-61794-4.

Bulaji?, Milan (1994). The Role of the Vatican in the break-up of the Yugoslav State: The Mission of the Vatican in the Independent State of Croatia. Ustashi Crimes of Genocide. Belgrade: Stru?na knjiga.

Bulaji?, Milan (2002). Jasenovac: The Jewish-Serbian Holocaust (the role of the Vatican) in Nazi-Ustasha Croatia (1941-1945). Belgrade: Fund for Genocide Research, Stru?na knjiga.

Dedijer, Vladimir (1992). The Yugoslav Auschwitz and the Vatican: The Croatian Massacre of the Serbs During World War II. Translated by Kendall, Harvey. Prometheus Books.

Dizdar, Zdravko (1997). Tko je tko u NDH Hrvatska 1941.?1945. Zagreb: Minerva. ISBN 953-6377-03-9.

Dorich, William (1997). Jasenovac: Then and Now: A Conspiracy of Silence. BookBaby. ISBN 978-1-882383-90-0.

Frucht Levy, Michele (2013). "'The Last Bullet for the Last Serb': The Usta?a Genocide against Serbs: 1941?1945". In Crowe, David M. Crimes of State Past and Present: Government-Sponsored Atrocities and International Legal Responses. Routledge. ISBN 9781317986829.

Goldstein, Ivo (2005). ?idovi u Zagrebu 1918 ? 1941. Zagreb: Novi Liber. ISBN 953-6045-23-0.

Goldstein, Slavko (2007). 1941. ? godina koja se vra?a. Zagreb: Novi Liber. ISBN 978-953-6045-48-8.

Israeli, Raphael (2013). The Death Camps of Croatia: Visions and Revisions, 1941?1945. Piscataway, New Jersey: Transaction Publishers. ISBN 9781412849753.

Kne?evi?, Snje?ka; Laslo, Aleksander (2011). ?idovski Zagreb. Zagreb: AGM, ?idovska op?ina Zagreb. ISBN 978-953-174-393-8.

Kolsto, Pal (2011), Ramet, Sabrina P.; Listhaug, Ola, eds., "The Serbian-Croatian Controversy over Jasenovac", Serbia and the Serbs in World War Two, Palgrave Macmillan UK, pp. 225?246

Korb, Alexander (2010). "A Multipronged Attack: Usta?a Persecution of Serbs, Jews, and Roma in Wartime Croatia". Eradicating Differences: The Treatment of Minorities in Nazi-Dominated Europe. Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars Publishing. pp. 145?163.

Lemkin, Raphael (2008). Axis Rule in Occupied Europe. The Lawbook Exchange, Ltd.

Lituchy, Barry M. (2006). Jasenovac and the Holocaust in Yugoslavia: analyses and survivor testimonies. Jasenovac Research Institute. ISBN 978-0-9753432-0-3.

Matau?i?, Nata?a (2008). JASENOVAC, FOTOMONOGRAFIJA. Zagreb: Spomen ? podru?je Jasenovac. ISBN 978-953-99169-4-5.

Mileti?, Antun (1986a). Koncentracioni logor Jasenovac 1941?1945: dokumenta. I (second ed.). Beograd: Narodna knjiga.

Mileti?, Antun (1986b). Koncentracioni logor Jasenovac 1941?1945: dokumenta. II (second ed.). Beograd: Narodna knjiga.

Mileti?, Antun (1986c). Koncentracioni logor Jasenovac 1941?1945: dokumenta. III (second ed.). Beograd: Narodna knjiga.

Mirkovi?, Jovan (2014). Crimes against Serbs in the Independent State of Croatia ? photomonograph / Злочини над Србима у Независно? Држави Хрватско? - фотомонографи?а. Svet knjige Belgrade. ISBN 978-86-7396-465-2.

Paris, Edmond (1961). Genocide in Satellite Croatia, 1941?1945: A Record of Racial and Religious Persecutions and Massacres. Chicago: American Institute for Balkan Affairs.

Pavlowitch, Stevan K. (2008). Hitler's New Disorder: The Second World War in Yugoslavia. New York: Columbia University Press. ISBN 1-85065-895-1.

Ramet, Sabrina P. (2011). Serbia and the Serbs in World War Two. Palgrave Macmillan. ISBN 0-230-27830-2.

Rivelli, Marco Aurelio (1998). Le genocide occulte: Etat Independant de Croatie 1941?1945 [Hidden Genocide: The Independent State of Croatia 1941?1945] (in French). Lausanne: L'age d'Homme.

Rivelli, Marco Aurelio (1999). L'arcivescovo del genocidio: Monsignor Stepinac, il Vaticano e la dittatura ustascia in Croazia, 1941-1945 [The Archbishop of Genocide: Monsignor Stepinac, the Vatican and the Usta?e dictatorship in Croatia, 1941-1945] (in Italian). Milano: Kaos.

Rivelli, Marco Aurelio (2002). "Dio e con noi!": La Chiesa di Pio XII complice del nazifascismo ["God is with us!": The Church of Pius XII accomplice to Nazi Fascism] (in Italian). Milano: Kaos.

Schindley, Wanda; Makara, Petar, eds. (2005). Jasenovac: Proceedings of the First International Conference and Exibit on the Jasenovac Concentration Camps. Dallas Publishing.

Schwartz, Djuro. ?????? ????? ?? ???????, ???? ?????? ?"? ?? ??-??? [In the Jasenovac camps of death] (in Hebrew). [clarification needed]
Lewinger, Yossef; Matkovski, Alexander (1990). Shelach, Menachem, ed. ????? ??? (??'),"?????? ?????: ?????????". ??? ???: ??? ?????, "????????" [History of the Holocaust: Yugoslavia] (in Hebrew). Jerusalem: Yad Vashem.

Sindik, Du?an, ed. (1985) [1972]. Se?anja jevreja na logor Jasenovac [Memories of the Jews of the Jasenovac camp] (in Serbian). Belgrade: Savez jevrejskih op?tina Jugoslavije.

Gutman, Israel, ed. (1995) [1990]. Encyclopedia of the Holocaust. 1.

Tomasevich, Jozo (2001). War and Revolution in Yugoslavia, 1941?1945: Occupation and Collaboration. 2. San Francisco: Stanford University Press. ISBN 0804736154.

Walasek, Helen (2015). "Jasenovac Memorial Site". Bosnia and the Destruction of Cultural Heritage. Farnham: Ashgate Publishing. ISBN 978-1-4094-3704-8.

雑誌
Byford, Jovan (2007). "When I say "The Holocaust," I mean "Jasenovac": Remembrance of the Holocaust in contemporary Serbia". East European Jewish Affairs. 37 (1): 51?74. doi:10.1080/13501670701197946.

ウエブサイト
"Official Website of the Jasenovac Memorial Site". Retrieved 8 June 2015.

"Holocaust Encyclopedia: Jasenovac". United States Holocaust Memorial Museum. Retrieved 8 June 2015.

参考情報
Witness to Jasenovac's Hell. Ilija Ivanovi? (with Wanda Schindley, ed.), Aleksandra Lazic (translator), Dallas Publishing, 2002

State Commission investigation of crimes of the occupiers and their collaborators in Croatia (1946). Crimes in the Jasenovac Camp. Zagreb.

Ustasha Camps by Mirko Percen, Globus, Zagreb, 1966; 2nd expanded printing 1990.
Ustashi and the Independent State of Croatia 1941?1945, by Fikreta Jeli?-Buti?, Liber, Zagreb, 1977.

Romans, J. Jews of Yugoslavia, 1941? 1945: Victims of Genocide and Freedom Fighters, Belgrade, 1982

Antisemitism in the anti-fascist Holocaust: a collection of works, The Jewish Center, Zagreb, 1996.

The Jasenovac Concentration Camp, by Antun Mileti?, Volumes One and Two, Belgrade, 1986. Volume Three, Belgrade, 1987 (2nd edition, 1993).

Hell's Torture Chamber by ?jor?e Milica, Zagreb, 1945.

Die Besatzungszeit das Genozid in Jugoslawien 1941?1945 by Vladimir Umelji?, Graphics High Publishing, Los Angeles, CA, 1994.

Srbi i genocidni XX vek (Serbs and 20th century, Ages of Genocide) by Vladimir Umelji?, (vol 1, vol 2), Magne, Belgrade, 2004

Kaputt, by Curzio Malaparte; translated by Cesare Foligno, Northwestern University Press, Evanston, IL, 1999.

Der kroatische Ustascha-Staat 1941?1945, by Ladislaus Hory and Martin Broszat, Deutsche Verlags-Anstalt, Stuttgart 1964.

Novak, Viktor (2011). Magnum Crimen: Half a Century of Clericalism in Croatia. 1. Jagodina: Gambit.

Novak, Viktor (2011). Magnum Crimen: Half a Century of Clericalism in Croatia. 2. Jagodina: Gambit.

外部リンク
Wikimedia Commons has media related to Jasenovac.

Holocaust Encyclopedia: Jasenovac, hosted at USHMM

US Holocaust Memorial Museum: Jasenovac

Concentration camp Jasenovac, Archives of Republika Srpska

Jasenovac Committee of the Holy Assembly of Bishops of the Serbian Orthodox

教会
Eichmann Trial ? Alexander Arnon testimony

Unscrambling the History of a Nazi Camp, The New York Times, 6 December 2006

New expanded Jasenovac Memorial opened

Spomenik Database - Monument at Jasenovac educational & historical resource


出典:Wikipediaクロアチア語→英語→日本語翻訳

欧州におけるナチスドイツの強制収容所。ユーゴスラヴィアの北側にヤセノヴァツ強制収容所がある。
Source:Wikimedia Commonss
I, Dennis Nilsson, CC 表示 3.0, リンクによる

ックロアチアにおけるヤセノヴァツァ強制収容所の位置
首都ザグレブの南東、ボスニアとの国境線近くにある
出典;Google Map
Plan of Jasenovac main camp  ヤセノヴァク収容所の施設配置図
出典:出典・Source:Wikimedia Commons
Goran tek-en, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

ヤセノヴァツ強制収容所の位置
出典:Source:Wikimedia Commons
Jasenovac camp complex [in Serbian]  
ヤセノヴァイウ収容所施設群(セルビア内)
出典:出典・Source:Wikimedia Commons
Goran tek-en, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

Death train in Jasenovac concentration camp.  ヤセノヴァク強制収容所への死の列車
出典・Source:Wikimedia Commons
Автор: <a href="//commons.wikimedia.org/wiki/User:PetarM" title="User:PetarM">Petar Milošević</a>
- <span class="int-own-work" lang="ru">собственная работа</span>,
CC BY-SA 3.0, Ссылка
Serbs and Gypsies who have been rounded up for deportation are marched to the Kozara and Jasenovac concentration camps.
強制送還のために集められたセルビア人とジプシーは、コザラとジャセノバックの強制収容所に運ばれた。
出典・Source:Wikimedia Commons
<span lang="ja">不明</span> - <a rel="nofollow" class="external text" href="https://www.ushmm.org">United States Holocaust Memorial Museum</a>,
写真 #<a rel="nofollow" class="external text" href="https://www.ushmm.org/search/results/?q=85198">85198</a>,
パブリック・ドメイン, リンクによる
The bodies of prisoners executed by the Ustasa in Jasenovac.
ヤセノヴァック収容所でウスタシャ(クロアチアのファシスト集団)によって処刑
された囚人の遺体
出典・Source:Wikimedia Commons
<span lang="ja">不明</span> - <a rel="nofollow" class="external text" href="https://www.ushmm.org">United States Holocaust Memorial Museum</a>,
写真 #<a rel="nofollow" class="external text" href="https://www.ushmm.org/search/results/?q=78489">78489</a> <a rel="nofollow"
class="external text" href="http://collections.ushmm.org/search/catalog/pa1053017">
The bodies of prisoners executed by the Ustasa in Jasenovac</a>,
パブリック・ドメイン, リンクによる

Image information from US Holocaust Memorial Museum Photograph #85799 Description: Serbs and Gypsies who have been rounded up for deportation are marched to the Jasenovac concentration camp under Ustasa guards. Date: Circa 1942 - 1943 Locale: [Croatia] Yugoslavia Credit:
アメリカのホロコースト記念博物館からの画像情報写真#85799概要:セルビア人とジプシーは、帰国のために集められ、ウスタシャの警備員の下にあるヤノヴァック強制収容所に運ばれた。日付:1942年 - 1943年 場所:[クロアチア]ユーゴスラビア提供:
注追記:ウスタシャとは
クロアチアのファシスト集団。「反逆者」の意味。1928年からイタリアに移住したクロアチア人政治家パベリチAnte Paveli(1889―1959)が、イタリア・ファシストの援助を受けて組織した。彼は、1941年にドイツをはじめとする枢軸軍がユーゴスラビアに侵入すると国内に戻り、枢軸軍の傀儡(かいらい)政権である「クロアチア独立国」の指導者として、セルビア人やユダヤ人の虐殺を行った。国家の権利に基づくクロアチアの独立を唱えるウスタシャの思想的な起源は、1895年にクロアチア人フランクJosip Frank(1844―1911)が創設した純粋権利党のイデオロギーにあるとされている。その後も旧ユーゴ国外で、クロアチアの分離、独立を掲げるウスタシャの動きがみられた。1991年6月にクロアチアが独立すると、ウスタシャ評価の見直しが図られ、ファシスト集団という一面的な評価から、愛国主義者集団としての側面が強調されるようになった。
出典・Source:Wikimedia Commons
オリジナルのアップロード者は<a href="https://en.wikipedia.org/wiki/" class="extiw" title="wikipedia:">英語版ウィキペディア</a>の<a href="https://en.wikipedia.org/wiki/User:Wertq1" class="extiw" title="wikipedia:User:Wertq1">Wertq1</a>さん - <span class="plainlinks"><a class="external text" href="https://en.wikipedia.org">en.wikipedia</a>
</span> からコモンズに <a href="//commons.wikimedia.org/wiki/User:Lux2545" title="User:Lux2545">lux2545</a> が移動されました。,
パブリック・ドメイン, リンクによる

Ustasa's saw off a Serbs (Branko Jungi? from village Grabovac, near Bosanksa Gradi?ka) man's head. Saw is today part of museum in Banja Luka, Republika Srpska.
ウスタサはセルビア人(ボサンクサ・グラディシュカ近郊の村グラボヴァツ出身の
ブランコ・ユギッチ)の男の頭を見送った。ソーは今日、レプブリカ・スルプスカ州
バニャ・ルカの博物館の一部です。
出典・Source:Wikimedia Commons
<a rel="nofollow" class="external free" href="http://www.srpska-mreza.com/
History/ww2/photo/Saw-head.jpg">
http://www.srpska-mreza.com/History/ww2/photo/Saw-head.jpg</a> -
<a rel="nofollow" class="external free" href="http://www.srpska-mreza.com/History/ww2/photo/Saw-head.jpg">
http://www.srpska-mreza.com/History/ww2/photo/Saw-head.jpg</a>,
パブリック・ドメイン, リンクによる


Usta?e militia executing people over a mass grave near Jasenovac concentration camp
ヤセノヴァク強制収容所近くの集団墓地で人々を処刑するウスタ?e民兵
出典・Source:Wikimedia Commons
By <span lang="pl">Nieznany</span> - <a rel="nofollow" class="external text
" href="http://collections.ushmm.org/search/catalog/pa21026">
USHMM Photograph #78512</a>, Domena publiczna, Link


The srbosjek ("Serb cutter"), a special knife worn over the hand that was used by the Usta?e for the quick slaughter of inmates, notably in the Jasenovac concentration camp in the Nazi puppet Independent State of Croatia.
"セルブカッター"(セルビア式ナイフ)は、特にナチスに操られていたクロアチア独立国のヤノセヴァク強制収容所において、ウスタシャが囚人の迅速な虐殺のために身につけていた特別なナイフである。
出典・Source:Wikimedia Commons
<span lang="ja">不明</span> - <a rel="nofollow" class="external text" href="https://www.ushmm.org">United States Holocaust Memorial Museum</a>,
写真 #<a rel="nofollow" class="external text" href="https://www.ushmm.org/search/results/?q=46725">46725</a>,
パブリック・ドメイン, リンクによる

Ustasa guards in the Jasenovac concentration camp.
ヤノセヴァク強制収容所のウスタシャ警備員たち。
出典・Source:Wikimedia Commons
<span lang="ja">不明</span> - <a rel="nofollow" class="external text" href="https://www.ushmm.org">United States Holocaust Memorial Museum</a>,
写真 #<a rel="nofollow" class="external text" href="https://www.ushmm.org/search/results/?q=90181">90181</a>,
パブリック・ドメイン, リンクによる
Table koje prikazuju broj ?rtava logora Jasenovac
ヤノセヴァク強制収容所の犠牲者数を示す表示板。
出典・Source:Wikimedia Commons
מאת <a href="//commons.wikimedia.org/wiki/User:PetarM" title="User:PetarM">Petar Milošević</a> - הועבר מ- <span class="plainlinks"><a class="external text" href="https://sr.wikipedia.org">sr.wikipedia</a></span> לוויקישיתוףעל ידי <a href="//commons.wikimedia.org/wiki/User:BokicaK" title="User:BokicaK">BokicaK</a> באמצעות <a href="https://iw.toolforge.org/commonshelper/" class="extiw" title="toollabs:commonshelper/">CommonsHelper</a>., CC BY 4.0, קישור
Monument to Jasenovac concentration and extermination camp.
出典・Source:Wikimedia Commons
Par <a href="//commons.wikimedia.org/wiki/User:PetarM" title="User:PetarM">
Petar Milošević</a> — <span class="int-own-work" lang="fr">
Travail personnel</span>, CC BY-SA 4.0, Lien