エントランスへはここをクリック!  

「世界のクマぬいぐるみ博物館
Museum of stuffed bear in the world

池田こみち Komichi IKEDA  ikeda@eritokyo.jp
 2008年8月18日より 
 転載禁

青山さんの長女、礼奈さんがクマのぬいぐるみ四頭を博物館に寄付されました!

 このたび、青山貞一さんの長女、礼奈さん(神奈川県厚木市在住)が父親の青山さんに昨年の父の日にプレゼントしました「笑い縫いぐるみくま」四頭と、チビグマ一頭を博物館に寄贈されました。  礼奈さんありがとうございます。この春、北軽井沢に出かけた際、博物館に4頭を一括して展示させていただきます。
                                          池田こみち 
                                          2014−3−2


      ◆クマのぬいぐるみ博物館、訪問者からのお便り

                                   池田こみち 

 「世界のクマぬいぐるみ」博物館
 Museum of stuffed bear in the world 
をWeb上で始めてから今年で6年目になります。

 今日は嬉しい訪問者がありました。

 小さい頃からかわいがっていたご自身のクマのぬいぐるみと博物館のクマがあまりにもそっくりなのでとても懐かしく、是非会いたいと思ってメールをくださったとのことです。

 以下にその方からのメールをご紹介します。

 「先週末に娘が「クマさんの縫いぐるみ博物館」をウェブ上で見つけて以来、毎日のように愛情をいっぱいに受けたテディベア達を見ては癒されておりました。

 実はその画像の中の一体(抱きクマ Made in Japan)のクマさんが、私が幼少の頃より可愛がっているクマさんにとてもよく似ており、可能であれば是非とも会ってみたいのです。

 長年にわたり、同じ型のものを探していたのですが、ぬいぐるみは数年サイクルで廃盤になるらしく、もう諦めていたところでした。

 ....中略

 私自身のクマも画像でお送りします。お風呂に入れてしまったり(洗濯)、母に移植手術をしてもらったり(腹部分の繕い)、ひなたぼっこ(天干し)、旅行を繰り返しておりますので、随分と年老いており、原形をとどめていませんが、30年以上前の写真を見ると、あのクマさんと全く同じ容姿で、おそらく兄弟姉妹(同じ型)ではないかと思っております。

 いつかクマ同士を対面させて頂きたく、是非ともあのクマさんの持ち主の方にもよろしくお伝え下さいませ。」

 下の写真の左側が私が子供の頃から可愛がってきたクマさんです。

 手垢で汚れていますね。右側がお便りを下さった方のクマさん。確かに似てます。思い入れがあるのですね。ぬいぐるみを大切にすることで子供たちにも優しい気持ちが代々伝わっていくのだと思います。

写真1(左側) j池田のクマ  写真2(右側) お便りを頂いた方のクマ

 「是非会ってみたい」とのことでしたが、残念ながら博物館は環境総合研究所の北軽井沢別荘の一角にしつらえてありますので、直接会って頂くことはできません。

◆青山貞一:初秋の群馬・栃木短訪 @世界のクマ縫いぐるみ博物館
   2012年8月25日
 
   http://eritokyo.jp/independent/aoyama-democ1570...html

 せっかくですので、兄弟くまちゃんの写真を並べて掲載させて頂きます。

 また、是非、Web上に公開しております博物館をおたずね頂ければ嬉しいです。

 お便りありがとうございました。


◆スコットランド熊さんです!

スコットランドのメアリー・スチュアート女王が1年間幽閉された
ロッホ・レーベン(レーベン湖)の湖岸にあったお土産や
で見つけたスコットランドくまさん。何と、キルトと
バクパイプを持っているくまさんもいました!


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8 2012-7


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8 2012-7


◆これはロンドンのヒースロー空港です!

2013年6月3日、イギリス・ロンドンのヒースロー空港経由でイタリア
のアマルフィ海岸に行きました。アマルフィ海岸は今回で3度目
です。下の写真は、ヒースロー空港の「ぬいぐ」屋さんで撮影したものです!


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

◆久しぶりの全員集合です!

2012年9月、ひさびさ北軽井沢のくま縫いぐるみ博物館にいる
くまさんたちの写真を撮りました! 大きなくまさんは
棚に入らないので、以下にはありません!



クマぬいぐるみ博物館 in 北軽井沢
Museum of stuffed bear in the world
Since 18 August, 2008


撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


ひょうちゃん、ぴんくとミシガンくまの3人組み
撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


新しく「世界のクマ縫いぐるみ博物館」に加わったクマ(平木さん寄贈)
撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5

◆青山貞一:真夏の群馬・栃木短訪 @世界のクマ縫いぐるみ博物館


新しく「世界のクマ縫いぐるみ博物館」に加わったクマ(平木さん寄贈)
撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


佐本泉さんからパディントンベア(上段の右端)寄贈
     撮影:池田こみち Nikon CoolPix S10



◆久しぶりの新入生です!

 今日、茶道のお仲間から頂きました。
 本場、イギリス生まれの テディです。

今年はまだ、北軽井沢別荘に行っていませんが、
今度行ったとき、博物館の仲間となります!

よろしくお願いいたします。リボンもお洒落でしょ!


撮影:池田こみち


撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S8 2012-9-5


◆クマのぬいぐと百合ちゃん!

くまのぬいぐの真ん中にいるのは、青山貞一さんのおまごさんの百合ちゃんです!


撮影:古達礼奈さん(青山さんのお嬢さん)


◆ワシントンDC、スミソニアン博物館の「くま」さんです!

この一週間、通訳の仕事で弁護士さんについて
アメリカのワシントンDCに出かけていました。
暇を見つけてスミソニアン博物館に入ったら
くまの縫いぐるみがあったので買いました!







◆バルト3国の「くまの縫いぐるみ」

下の写真は、2010年2月15日〜2月23日にでかけた北欧2カ国、バルト3国の現地調査の
エストニアのタリン旧市街の縫いぐるみ屋さんのクマの縫いぐるみの前でご満悦の池田こみちさん





エストニアのタリン旧市街にて。外気温はマイナス10度C
 
撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S10 20 Feb. 2010


エストニアのタリン旧市街にて。外気温はマイナス10度C
 撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S10 20 Feb. 2010


エストニアのタリン旧市街にて。外気温はマイナス10度C
歩く子供もこの通りの完全雪武装(笑い)!
 撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S10 20 Feb. 2010



エストニアのタリン旧市街、旧市庁舎広場(世界遺産)にて。
 撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S10 20 Feb. 2010



◆ドイツ・ベルリン動物公園の「クヌート」

 
これが有名なクヌート君。私達が動物園を訪問したときは、まだ生まれていなかった。

◆青山貞一:ベルリン動物園 短訪



Source:AFP

 生まれてまもない愛くるしいクヌート君が見れます!
飼育係のトーマス・デルフラインさんは、44歳で亡くなられている。


◆お知らせ!9  
佐本泉さんのパディントンベア
           
 (2009.8.22追記)

 環境総合研究所大阪の佐本泉さんからこの8月上旬以下のメールをいただきました。

 
我が家に20年前にパディントン駅のお土産屋で買ったパディントンベアが(赤いダッフルコート・黒の長靴は紛失)あるのですが、池田さんの「世界のくまぬいぐるみ博物館」をみるたびに、ここに加えてもらえないかなと、思っています。ご迷惑でなかったら、送らせていただきますので、おしらせください。


 この8月13日から22日、北軽井沢に皆で行く機会があり、佐本さんからあらかじめお送りいただきましたパディントンベアちゃんを「世界のくまぬいぐるみ博物館」の新メンバーとさせていただきました。 

 佐本さま、ありがとうございます。   池田こみち



佐本泉さんのパディントンベア
撮影:池田こみち Nikon CoolPix S10


佐本泉さんのパディントンベア(上段の右端)
撮影:池田こみち Nikon CoolPix S10


◆お知らせ!8  
ボルドーで見つけた
           サッカーチームのマスコットクマ!

                (2009.4.16追記)


 フランスからの帰りは、Tarbes駅からICでボルドーに行き、そこでTGVに乗り換えてパリに出るというルートをとった。ボルドーでの乗り換えはTGVが遅れたこともあって45分ほどあったので、駅周辺をぶらぶらし、売店でクマを見つけました。


ネコとくつろぐ筆者
撮影:池田こみち Nikon CoolPix S10

 フランスリーグ1に属するGirondinsである。ニースなど6チームの中ではなかなか強いようだ。関心のある方は以下の公式サイトをご覧頂きたい。このクマは、Girondinsのユニフォームを着ていて、チームの公式認定グッズである。世界の縫いぐるみクマ博物館の新入りとして迎えることにしました!


http://www.girondins.com/cms/infos/categorie.jsp?id=c_5010





◆お知らせ!7  はるばるワルシャワ大学くま
           の参加です!
(2009.4.5追記)

 ひさびさの世界のクマのぬいぐるみ博物館への新入りくまさんの紹介です。

 この3月青山さんらとでかけたポーランドの首都、ワルシャワで最終日に見つけたくまです。かの「連帯」のワレサさんが演説したワルシャワ大学正門のすぐ近くにある大学生協で見つけたワルシャワ大学クマのワレサちゃんです。

 学帽をかぶっているのもかわいい!


ワルシャワ大学クマのワレサちゃん


ワルシャワ大学正門前に立つ青山貞一さん
「連帯」のワレサ議長はこの正門前で演説をしています!
撮影:池田こみち、Nikon Cool Pix S10 2009.3.8


大学生協においてあったワルシャワ大学クマさん


ワルシャワでは蜂起博物館にもクマさんの縫いぐるみがありました!

  クマさんの縫いぐるみ博物館
       開館にあたって
のご挨拶

   ついに、私のクマさんたちの登場です。

   お仕事に疲れたときには、ひととき、可愛らしい熊たちに癒されて
  いただければ幸いです。学会や視察で海外に出かけたときなどに
  買い集めたもの、クリスマスなどにプレゼントしていただいたもの
  ですが、どれも思い出深い熊たちです。

   Made in China がほとんどですが、それぞれ個性のある表情をして
  います。長靴を履いたパディントンは広尾で20年以上も前に購入し
  ました。まだ母が元気な頃でした。

   私は香港に本部のあるAnimals Asia Foundation
    http://www.animalsasia.org/
  の熊の救出プロジェクトをサポートしています。
    http://eritokyo.jp/independent/ikeda-col0564.html
  10年目を迎え、救出した熊はこれまでに247頭に達しました。

   PETブームの日本ですが、日本の動物愛護は制度的にも実体的
  にもゆがんでいます。

   野生動物や自然への愛情を育てる教育が必要だと痛感しています。

                               池田こみち

◆お知らせ!6  青山淑子さんから
                テディベアの写真を寄贈いただきました

                (2008.9.23追記)



◆お知らせ!5 古達礼奈さん(旧姓青山礼奈さん)から
                テディベアの写真を寄贈いただきました

                
 (2008.8.31追記)                         

米国アトランタのお土産(青山礼奈さん所蔵)


Barton's Creek by Lenore DeMentのベア(青山礼奈さん所蔵)


robin riveのベア(青山礼奈さん所蔵)


わたしの手づくり(代官山の”えすのや”という
テディベア教室へ通って作りました) (青山礼奈さん所蔵)


Equipe de France de football
(フランスのサッカー代表チーム)
のベア@パリ、サンドニスタジアム(青山礼奈さん所蔵)


olympique de marseille(マルセイユのサッカークラブチーム)
のベア@プロバンス空港(青山礼奈さん所蔵)


STEIFFのクラシックベア(青山礼奈さん所蔵)


GODIVAのベア(青山礼奈さん所蔵)


全員集合(青山礼奈さん所蔵)

◆お知らせ!4 (2008.8.31追記)
 
パンダ座りのくまさん。新入りです。 パンツをはいた白熊ちゃん


◆お知らせ!3 (2008.8.27追記)

 古い縫いぐるみですが、大きなクマさんのぬいぐるみです。

 薄汚れてしまった「抱き熊」は Made in Japan おそらく40年以上前に購入したものです。




◆お知らせ!2 (2008.8.23追記

 35年くらいまえにアメリカのロスのディズニーランドで買ったクマのプーさん




◆お知らせ! (2008.8.19)追記

 青山さんがお持ちの笑いクマの一種。ピンククマが博物館に加わりました!



 ピンククマは、ヒョウクマと一緒に、青山貞一研究室にいて、女学生のアイドルとなっています!ちなみにヒョウクマは私が持っているヒョウちゃんとは別のものです。


ひょうクマと並んだピンククマ


ひょうちゃん、ぴんくとミシガンくまの3人組み



青山貞一研究室(武蔵工業大学環境情報学部)
上の写真のようにヒョウクマとピンククマが並んでおかれています。
青山さんは無類のネコ科動物好き、PCの背景もチータ(Cheetah)です!







クマぬいぐるみ博物館
Museum of stuffed bear in the world
Since 18 August, 2008


     クマさんの縫いぐるみ大集合
      (北軽井沢の環境総合研究所保養所にて2008.8.12に撮影)

     以下の写真は、いずれもNikon Cool Pix S10 で撮影したものです。

パディントンベア
(1980年代:広尾)
シュタイフ製兄弟クマ
(2004年:ドイツ・ベルリン)
パンダ座りのくまさん。新入りです。 パンツをはいた白熊ちゃん
  月熊 Moon Bear(2008) 珍しい Made in Japan クマ
 おそらく40年以上前に購入
 手作りミニテディ   リュックサックをしょってハイキング?
Viola Lee ちゃん
 Mexicali(通称:トウカラシ熊)   Lil-Del(通称:ヒョウちゃん)
 ※上の3匹は笑い熊です。ヒョウちゃんは海外旅行に何回も同行しています。
ピンクくま
これは青山貞一氏所蔵
35年くらいまえにアメリカの
ロスのディズニーランドで買った
クマのプーさん

ひょうちゃん、ぴんくとミシガンくまの3人組み
赤いMichiganグマ(真ん中のクマ)(最初にカナダのノバスコシア州に最初に
出かけたとき、トランジットしたデトロイト空港にて購入、2003)
赤いMichiganグマ(真ん中のクマ)
(最初にカナダのノバスコシア州に最初に
出かけたとき、トランジットした
デトロイト空港にて購入、2003)
Postman White Bear
(2度目にカナダのノバスコシアに行ったとき、
ノバスコシアの Peggy's Coveの
灯台郵便局にて購入、2005)
New York Yankees 松井クマ  Californiaクマ
(東京大気汚染裁判関連で
米国に大気汚染の調査に行ったとき、
2004
BostonのバラBear
 国際ダイオキシン会議で(Dioxin2003)
でボストンに行った帰りに購入。 
 
Sacちゃん(2008)
カリフォルニア大学サクラメント校.
ルフトハンザグマ(ドイツ:2002) 
環境調査にドイツに行ったとき購入。
 KLMクマ(オランダ:2004)
国際ダイオキシン会議(Dioxin2004)
のベルリン大会に行ったときの帰り。
TEDベア(頂き物) Ribbon Bear(頂き物)
手作り花柄ミニテディ 目がちっちゃいテディ
ほかほかテディ(頂き物)  エンジェル熊(幸運のお守り)