エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  
シルクロードの今を征く

Now on the Silk Road

陝西省歴史博物館 百度百科4

西安 (Xi'an、中国)

青山貞一
Teiichi Aoyama  
池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニュー

陝西省歴史博物館 歴史博物館(百度百科1) 歴史博物館(百度百科2) 歴史博物館(百度百科3)
歴史博物館(百度百科4) 歴史博物館(百度百科5) 歴史博物館(百度百科6) 
歴史博物館百度百科7 
歴史博物館(百度百科8)
 展示1  展示2  展示3  展示4 展示5
展示6 展示7 展示8  展示9


 次は陝西省歴史博物館の百度百科4の紹介です。 出典は:中国百度百科4です。 

◆陝西省歴史博物館 百度百科4

 まず、青銅(ブロンズ)。

  3,900以上が登録されています。収集品の時代、殷と周の王朝は、秦と漢を阻止しました。祭祀に用いる器物、楽器、武器、馬、生活用品の生産道具などがあります。それらの中で、最も典型的なのが殷と周の青銅器であり、多くの道具類(多友鼎、師献鼎など)などは、高い歴史的かちをもつ文字が刻印されています。典型的なモデルは西周王朝時代の鳳の耳の付いた足つきカップ、牛をかたどった酒器(牛尊:ごそん)、龍をイメージした水指(它へ)、戦国時代の鳥の頭の蓋がついた瓠形の壺や漢王朝時代の雁の絵付がけされた漁灯などがあります。

 第二は、唐王朝の墓の壁画
 400幅以上が収蔵されています。画面の面積は1000㎡を超えます。これらは、1952年から1989年陝西省関中の25の唐時代の墓から出土しました。墓の主は、唐王朝の皇帝とその一族です。壁画に描かれているのは、4人の神々、儀式の様子、建物、狩猟、生活そして唐王朝と隣接する4地域との友好な交流に関するものです。

 第三に、歴代陶器製俑
 2000人以上が登録済みです。収蔵品の時代は、秦、漢、北朝、隋、唐、宋、元、明、清にわたります。作品としては、陶器、色絵陶器、釉陶三彩などで、芸術的なイメージとしては市民と軍関係者、守衛、給仕人(侍者)、西域のソグド人(胡)、そして王、町の墓と午、駱駝やそのほかの動物が含まれます。

 陝西省歴史博物館には、その得意な優位性から、古代の漢時代の陶器や優雅な唐王朝時代の陶器など、古代中国の博物館では非常に珍しい古代の陶器の置物が多数あります。また、その時代順のシークエンスは完璧で、それは、中国の博物館の中でも少なく、特に無垢な古代漢王朝の陶器や優雅な唐王朝の陶器類は有名です。

 第四に、歴代の陶磁器
 5000以上が登録済みです。有史以前の仰韶文化の彩色陶器、西周時代の原始的な青磁、漢王朝の釉薬の陶器、唐三彩、古代水晶(硝子)、瑠璃(るり)、唐王朝時代の神秘的な色の磁器や宋時代の窯の青磁など。道具の種類は、生活用品の他、文具や葬儀の際の副葬品などがあります。

 第五に、歴代の建材
 これについては、1000件が登録済みです。収蔵品の時代は、西・東の両周時代から秦、漢から唐、宋、明、清時代にわたっています。器物の種類としてはセラミックタイル、瓦、煉瓦、昭尾(?)、水路と石を削った建材、また、金属建築材料なども含まれます。

 第六に、漢唐ブロンズミラー。 800以上の登録があります。

 第七に、金銀玉器
 これには、青銅製品、金及び銀製品を含み、2000件が登録済みです。その中には、西周の玉の祭礼に用いるの器、春秋・秦王朝の王の墓から出土した金のキツツキ、西漢王朝皇后の玉封印、金銀の竹節が銅の薰炉、また、1970年に西安の何家村から出土した唐時代の金象嵌の鳥の頭をつけた瑪瑙の杯、八角形の楽器模様の金杯、踊る馬を彫金加工した馬術模様の銀の壺、唐時代の純金の龍の置物などは、世界的にみても非常に珍しい精緻な工芸品です。

 第八に、歴代の貨幣
 これは、1万点以上が登録済みです。まだ、整理されていない(すなわち、収蔵品の数に含まれていない)ものが5万枚以上、重量にして7トン近くあります。種類は多く、時代としては、西周の貝貨、春秋戦国時代の刀銭、秦の半両銭、西漢王朝の金貨、王五株、新朝の皇帝王莽(おうもう)皇帝時代の各種貨幣、唐王朝時代の金銀貨幣など気象で珍しい古代の貨幣が多種あります。

 1991年6月20日以来、博物館は野心的でしかも優雅な方法で13世紀の皇帝の都、西安に建っています。そして、博物館は、大雁塔を臨み、今日のあり方を示しながら、未来を見据えています。毎日、何千人もの観光客が絶え間なく訪れ、中国文明の易指摘回廊である周、秦、漢、唐の時代の宮殿として扱われ、芸術工芸文化を鑑賞し、感謝し美しい記憶を残し、無限のあこがれを引きつけています。

 上記の8つのカテゴリに加えて、書道、版、経糸、布、骨、木、ラッカー、鉄、石、アザラシ、アザラシの泥、そして現代と民間の文化遺物があります。

 観客が陝西省歴史博物館を訪れるたびに、壮大な建築様式と見事な文化財が多くの中国人と外国人客、そして中国人と外国人のゲストを驚かせ、そして興奮させました。 1991年6月20日から、彼女は野心的で優雅な方法で13世紀の皇帝西安に立っていました、そして、彼女はビッグワイルドグースパゴダをエコーして、今日のスタイルを示し、未来を示しています。ほしい毎日、何千人もの観光客が絶え間なく流れ、中国文明の歴史的回廊である周、秦、漢、唐の時代の宮殿として彼女を扱い、鑑賞し、鑑賞し、感謝し、美しい記憶を残し、無限の憧れを取り除いています。

参考資料
1.陝西省歴史博物館、李Bingwu、課外言語:中学校、2009年(7)
2.陝西省歴史博物館のデザイン、張Jinqiu著、Journal of Architecture、1991、09


歴史博物館(百度百科5)つづく