エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
 
 シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

鐘鼓楼博物館 (百度百科1)

西安
(Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニュー

西安城壁 城壁(百度百科1) 城壁(百度百科2) 城壁(百度百科3) 城壁(百度百科4)
城壁(百度百科5)
 視察1  視察2  展示1
  西安鐘楼  展示1  展示2  
鐘鼓楼博物館(百度百科1) 鐘鼓楼博物館(百度百科2)  明秦王府城壁  視察1 


 次は西安の鐘鼓楼博物館の百度百科1です。

◆鐘鼓楼博物館 百度百科1(Xi'an 中国西安市)

 鼓楼博物館(鐘鼓楼博物館)は、西安城壁内、鐘楼の西約250mにあります。


出典:グーグルマップ



西安市鐘鼓楼博物館
出典:百度百科



西安市鐘鼓楼博物館
出典:百度百科


鐘鼓楼 (トリップアドバイザー提供)


鐘鼓楼 (トリップアドバイザー提供)


鐘鼓楼 (トリップアドバイザー提供)


西安鐘鼓楼博物館の概要

 西安市鐘鼓楼博物館の前身は、1953年に成立した西安鐘鼓楼陳列館です。これを基礎として、1957年、西安市注鼓楼保管所が設立され、2008年、正式に西安市注鼓楼博物館と命名されました。

 西安鐘鼓楼博物館の総面積は6,113平方メートルあり、書道と絵画、磁器、明清時代の家具、七宝焼き、漆器など多くの種類の収蔵品が有り、総数は、450種類以上にのぼります。また、国内の先進的な音声ガイダンスシステム、タッチパネル式情報照会システム、デジタル博物館パノラマナビゲーションシステム、
大規模な観光文化ウェブサイトなど、最新の展示プラットフォームも備えています。


鐘鼓楼 (トリップアドバイザー提供)

概要

 西安の鐘楼、鼓楼は西安市の中心にあり、明時代の洪武年間に建設が始まり、600年以上の歴史があります。これは全国に現存する同様の建築物の中で最大の規模であり、鐘鼓楼はその保存状態が最も良好な建物です。

 西安の鐘鼓楼は精巧で合理的な建築構造であり、色彩的にも非常に美しく豪華な建物です。装飾のひとつひとつは、華麗でまさに雅やかで、すべてが濃密にそして鮮やかに民族文化の特色を表しており、西安のランドマークととしてふさわしい建築物です。1996年、国務院はこの建物を全国重点文物保護対象施設に指定しました。

 鐘楼は、中に建てられた洪武 17年(1384年)、正方形のベース上のひさし3の水スパイアロフトスタイルの建物の四隅には、ハウスはレンガで造られたタイプ、石灰レンガと36メートルの高さがあり建物全体が壮観で壮観です。

 西安ドラムタワーは、北yuan門通りの南端に位置し、西安鐘楼に面しており、明宏武13年(1380)に建てられました。建物は2階に分かれています。1階には腰かけと座席があり、2階には灰色のタイルと緑のガラス張りのタイルが付いた頑丈な山頂(だし)があります。建物の外側と平らな座席は、緑と緑の塗装されたアーチで装飾されており、建物全体がはっきりと美しく見えます。


西安市鐘鼓楼博物館
出典:百度百科


鐘鼓楼 (トリップアドバイザー提供)


鐘鼓楼博物館(百度百科2)へつづく