エントランスへはここをクリック   
2018年・東日本大震災
復旧実態調査(福島県編)
〜いわき市久之浜・末続〜


青山貞一・池田こみち 
環境総合研究所顧問
掲載月日:2018年7月28日
 独立系メディア E−wave Tokyo
 転載禁
<2018-6 東日本大震災・津波・原発事故事後調査>
 調査の内容と方法 北茨城市大津港 五浦海岸六角堂1 五浦海岸六角堂2
 茨城福島県境  いわき市勿来 須賀海岸 勿来・岩間 小名浜港・中之作
 江ノ浦・江名港  江名走出  合磯・豊間海岸 薄磯海岸  四倉海岸
 久ノ浜・末続 原発立地自治体放射線量 新地町1 新地町2 相馬市松川浦
 相馬市大洲松川線 南相馬市沿岸部 飯舘村(放射線量) 久々の会津若松


◆いわき市久之浜

 私たちは2018年6月17日、いわき市の四倉海岸、四倉港を後に、さらにいわき市を国道6号線で北に向かった。向かうは久之浜地区だ。


出典:グーグルマップ


出典:グーグルマップ

 国道6号線には、四倉と久之浜の間には下の写真のようにトンネルがある。トンネルを出ると波立薬師など波立地区があり、さらに国道6号線を進み、右折する狭い道に入ると久之浜だ。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 以下の航空写真は、3.11以前、平成22年11月に撮影したいわき市久之浜の一部である。写真上部(東側)に海岸があり、次に住宅地、道路を挟んで二列目の住宅が広がっている。

 3.11の地震、津波、火災で二本の道路で囲まれた住宅地は、完全に破壊され、海岸線側には四倉海岸に類似した防波堤が作られ、その背後に道路、住宅地用地、商店用地が区画整理されたものの、帰って来ない市民は多い。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 久之浜は2011年4月16日、はじめて福島県を視察した際、江名走出地区同様、もっとも被害甚大であった地区である。

◆2011年4月16日 いわき市久之浜現地調査

 以下は2011年4月16日、いわき市の弁護士広田次男氏に案内され現地視察した久之浜の被災地である。久之浜地区は、地震、津波、火災の3つの災害におそわれた。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:鷹取敦 CASIO EX-H20G


撮影:鷹取敦 CASIO EX-H20G


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:鷹取敦 CASIO EX-H20G

 被災状況を撮影する左、鷹取敦、右、青山貞一。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S10


撮影:鷹取敦 CASIO EX-H20G


撮影:鷹取敦 CASIO EX-H20G


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S10


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

2018年6月16日 いわき市久之浜現地調査

 以下は今回の調査で撮影した写真です。久之浜は地震、津波、火災で焼失した地域を大々的に区画整理し、沿岸部に四倉海岸並みの防波堤をつくり、他地域を公園(空地)、道路などとしていた。

 しかし、依然として帰ってこない世帯、住民、商店も多く、3.11以前のような活気ある街並みはない。

 下は被災者用につくられた大きなた災害復興住宅。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 なお、平成23年3月11日現在における久ノ浜地区の被害は以下の通りである。死者は68名となっており、浸水区域の全戸数は694戸、大規模半壊以上は465戸であり全体の67%に及んでいる。


出典:被災状況と復興への取り組みについて
「いわき市久之浜地区」 福島県いわき建設事務所

 下の写真は3.11以降に沿岸域につくられた久之浜防災緑地の案内図である。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 以下は防災緑地の海岸側である。 海岸の沖には津波を緩衝するためにコンクリート製テトラポッドを積み上げ、細長い島がいくつも連なっていた。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 区画整理地の一角には、奇跡的に破壊を免れた小さなお堂があり、ボランティアでその土地の草取りをしている地域住民と話すことができた。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 特別の土地区画整理事業でできた全59の区画は分譲中だが、帰還者はあまりなく、区画の空きが目立っているという。その理由のひとつには、被災者用の大きな集合住宅に移り住んでいる市民が多いこと、国、県、市からの様々な援助があるものの、高齢者にとっては、新たに戸建ての住宅や店舗に入居することをためらっていること、もとより、若い世帯がいないことなどがあるという。

 すでに見た江名走出の沿岸集落同様、久之浜地区も集落全体、コミュニティが破壊されていたのである。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 久之浜地区の放射線量は0.05μSV/hであった。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 3.11で破壊された橋も新たに設置されていた。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


<参考>

◆東日本大震災における福島県沿岸域の津波による浸水高・遡上高

鮫川右岸 須賀−関田海岸   浸水高 4.2, 4.7, 4.9, 6.7 m (TP)
証言:1波目よりも,2波目,3波目が大きかった

鮫川左岸 岩間地区・小浜海岸  浸水高 6.3, 6.8, 7.3 m (TP)
                       遡上高 6.3, 7.9 m (TP)

参考情報:  調査開始前に三角点の標高を計測

鮫川左岸河口 地図の表示     5.3 m
RTK GPS による計測          5.04 , 5.08 m

サンマリーナ              遡上高 9.4 m (TP)
永崎地区                浸水高 5.3 m (TP)
                      遡上高 7.3 m (TP)

折戸地区,江名漁港         浸水高 6.3, 6.8 m (TP)
豊間海岸                浸水高 7.5, 9.2 m (TP)

いわき平薄磯    浸水高  5.9 m
いわき平薄磯    遡上高  6.1 m(この地区の海岸堤防天端高 5.2 m)

いわき四倉 管波病院付近   浸水高  6.2 m
              (この地区の海岸堤防天端高 5.9 m)
いわき四倉 道の駅よつくら港 浸水高  5.9 m
いわき四倉 四倉高校付近   浸水高  3.6 m



◆いわき市末続
 

出典:グーグルマップ



 久之浜地区を視察した後、わたくしたちはいわき市をさらに北上し末続地区に入った。

2011年4月16日に現地視察した際に撮影した末続川周辺の写真

 以下は2011年4月16日に現地視察した際に撮影した末続川周辺の写真である。川には流木だけでなく、自動車まで放置されていた。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 下は3.11で停車し、久之浜駅と末続駅の間で、そのまま放置されていた常磐線の列車。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 以下はJR常磐線の末続駅近くを東西に流れる河川の被災状況。海から遡上する津波により河川周辺は大浸水し、自動車が河川の中に入っていた。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 以下は広野町の広野海岸。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


 2018年6月17日の現地調査では、遡上する東日本大震災の巨大津波により破壊された末続川がどうなったかについても調べた。

 下の写真は全面的につくり替えられた末続川橋からみた末続川である。ほとんど鉄とコンクリートで三面護岸されていた。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 末続川周辺の空間放射線量率は、下の写真にあるように0.07μSv/hであった。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 この後、国道6号線にもどり、下の写真にある広野町から、原発立地近傍自治体の空間放射線量率測定を行うことになる。煙突は広野町にある石炭火力発電所。これらの発電所も津波で被災した。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


つづく