エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

大唐西市博物館 百度百科版2

西安
(Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

大唐西市博物館(百度百科1) 大唐西I市博物館(百度百科2) 大唐西市博物館(百度百科3)
大唐西市博物館(百度百科4)  大唐西市博物館(百度百科5) 大唐西市博物館(百度百科6)
陝西省美術博物館(百度百科) 展示1


 ここででは中国西安市(長安市)にある大唐西市博物館(百度百版科2)を紹介します。

大唐西市博物館(百度百版科2)

◆建物のレイアウト


エントランスフロアー
出典:(百度百科)


ホール
出典:维基百科,自由的百科

 大唐西市博物館の建築設計は、隋・唐・西市の道路、橋、排水溝などの建築遺跡を適切に保護しその上に合理的に建築する必要があることから、隋・唐・西市の十字街の遺跡及び十字街のもともとの道路の配置や尺度、規模、雰囲気などを保護しながら適切に展示しています。

 展示室の広さは、12m×12mとなっており、長安城の町のレイアウトや碁盤の目の道路の特徴に基づき、博物館の設計が行われました。同時に、建築のボリュームや大きさ、材料、素材や色についての一連の新たに発見に基づいて、建物の高低や、豊かで整然とした空間レイアウトの効果を考慮し、元々の唐西市の歴史的街道のスケールなどを感じることができる空間を作り出しています。

 特別に設計された外壁材や表面の材質により、隋・唐王朝時代の長安の都の建築文化の重厚な構造と、唐時代西市の壮大な勢いを感じることができます。

◆展示内容


出典:(百度百科)

 大唐西市博物館の陳列は基本陳列、専門テーマ(モノグラフ)展覧、臨時展覧、特別展覧、芸術五分野展示に分けられています。

 基本陳列では、《シルクロードの起点に商魂繁栄の時代》展は、大唐西市東北の“十字街”遺跡や、轍の遺跡からの出土文物展、西市がシルクロードの起点として重要な地位にあった歴史の紹介、交易品類、商業文化繁栄の美しい景色など。

 モノグラフ展示としては、《シルクロード“百人の職人”体験展》として、古代シルクロードの伝統的な職人技の制作工程を演繹する展示があります。

 臨時展示としては、文化交流の拠点として、シルクロード文化と古代商業文化展が行われました。また、特別展覧では、《選りすぐりの芸術作品展》や《貞石千秋-大唐西市博物館が収蔵している珍しい墓誌展》などが行われています。


西安・大唐日市の街並みジオラマ
出典:维基百科,自由的百科


西安・大唐日市の街並みジオラマ
出典:维基百科,自由的百科

大唐西市博物館(百度百科3)へつづく