エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  
シルクロードの今を征く

Now on the Silk Road

漢陽陵・考古文物陳列館 視察2

(咸陽市、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニューへ
秦始皇帝陵  秦始皇帝陵2
漢陽陵陵・考古文物陳列館
  漢陽陵(中国版)  陳列館 視察1  陳列館 視察2


 次は、漢陽陵陵考古文物陳列館の視察2です。

  参考)漢 1 歴史 漢 2 文化 漢 3 文化財 

◆漢陽陵と考古文物陳列館 視察2

 以下は地下にある漢陽陵の資料館(博物館)です。

 陵園は帝陵陵園、后陵陵園、南区従葬坑、北区从葬坑、礼制建築、陪葬墓園、刑徒墓地及び陽陵邑で構成され、200近い従葬墓と1万の陪葬墓があり、この中に多くの武士俑と女性俑、豚、馬、牛、羊、鶏、犬等群れの動物陶製俑などがあり、これら精美な文物は漢朝宮廷文化と社会生活を如実に再現しており、20世紀中国に於ける重大な考古学の発見といわれています。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館



撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館



出典:Edmond Woo  Googl Street View



撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館



出典:Edmond Woo  Googl Street View 漢陽陵陵・考古文物陳列館



撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館



出典:Googl Street View



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 漢陽陵陵・考古文物陳列館


 漢陽陵考古陳列館は先進的な展示技術を採用し、特に帝陵外葬坑遺跡保護展示室は、世界の国際最先端の文物保護と展示理念を採用して作られた全地下遺跡博物館です。2005年に開かれた国際古跡保護理事会第十五回年会で世界文物保護と展示の模範と言われました。

 景帝劉啓(前188-141)は西漢王朝の第四代皇帝です。父・文帝と共に「文景之治」と呼ばれる中国封建社会初期治国安邦の最盛期を築き、子・武帝劉徹のために十分な経済と軍事基礎を残しました。景帝は西漢王朝の発展に重要な役割を果たした人物です。

所在地 咸陽市渭城区
TEL 029?86031470、 029?87880866
交通手
段 咸陽駅5路バスで直通

阿房宮1(咸陽市)につづく