エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

アイディン湖(Ayding Lake、Turfan)

(新疆ウイグル自治区トルファン)


青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニューへ

アスタナ古墳1  視察1  視察2  アイディン湖
カレーズ楽園1  カレーズ資料  視察1  視察2 視察3
 視察4  視察5


 次は、新疆ウイグル自治区のトルファン・アイディン湖です。

◆アイディン湖(中国新疆ウイグル自治区トルファン)

 以下はトルファン市郊外のアイディン湖( Ayding Lake)のルートと時間です。距離は37~38km、時間は最大1時間です。


トルファン市郊外のアイディン湖( Ayding Lake)
グーグルマップ


トルファン・アイディン湖( Ayding Lake)
グーグルマップ


中国の最低標高地点を示す地球儀型のモニュメント
Source:Wikimedia Commons


 アイディン湖( Ayding Lake)は、中華人民共和国・新疆ウイグル自治区のトルファン盆地にかつて存在した湖です。

地理

 トルファン盆地の南側奥地にあり、北約35kmの距離にトルファンがあります。

 湖の大きさは東西方向に40kmであり、南北方向に8kmです。かつての湖面積は200km2だった。湖面標高は-154mで中国の最低標高地点であり、-418mの死海(イスラエル/ヨルダン)、-214mのガリラヤ湖(シリア)、-155mのアッサル湖(ジブチ)などに次いで標高が低い自然地形とされていまます。雪解け水が流れ込んで蒸発するまでの短期間を除き、現在は完全に干上がっており、非常に塩度が強くなっています。


Aydingkol stele at the former lakesite
Source:Wikimedia Commons

歴史

 古代には、「覚洛浣」という名称で知られていました。流出する河川がないため塩度が強く、湖の周囲にできた白塩の層が光を反射することから、アイディンという湖の名称はウイグル語で「月光の湖」を意味しています。

  2億4900万年前、ヒマラヤ山脈の造山運動によって湖が形成され、かつては面積500万km2(現在の新疆ウイグル自治区の面積の約3倍)の内海でし。1948年の冬には、湖の集水域は山からの雪解け水に端を発する真水で満ちており、豊かな水量の地下水も存在していまた。

 冬期には耕地に利用する灌漑用水の水量は少なく、水位は高かったのですが、夏期にはかなりの量の自然蒸発に加えて農業用の灌漑用水が増加し、その結果水位が低下しました。

 一帯における農業の拡大や湖水利用人口の増加などの理由が地球温暖化の影響と相まって、1958年には湖面積が22km2(水深0.8m)まで縮小しました。


トルファン・ アイディン湖( Ayding Lake)
出典:Gutian、 グーグルマップ・ストリートビュー

 2000年には、わずかに湖水が残る南西の一部を除いて湖は完全に干上がって塩田となりました。湖の中央部はシルト層の湿地となり、もはや湖特有の鳥類は存在しません。太陽光が強い時にはしばしば蜃気楼が見られ、湖の傍では眺めの良い観光ツアーが企画されています。

 2011年7月にはアイディン湖付近の気象局で摂氏50.2度(華氏122.4度)を観測し、非公式ではありますが中国国内における歴代最高気温記録を更新しました。

関連項目

国別最低標高地点の一覧


カレーズ楽園1つづく