エントランスへはここをクリック     総目次に戻る
 
厳寒のロシア2大都市短訪

   
エルミタージュ美術館

ウラルツ展示1

青山貞一 Teiichi Aoyama  
池田こみち Komichi Ikeda
掲載月日:2017年5月30日
独立系メディア E-wave Tokyo

無断転載禁

ロシア短訪・総目次に戻る

  ・考古学系(絵画、彫刻)コレクション
   スキタイ1   スキタイ2   MARQ1   MARQ2   
   エジプト1   エジプト2  ウラルツ1  ウラルツ2  ウラルツ3
   インド1    インド2    コーカサス


サンクトペテルブルグ(Saint Petersburg)

  

 エルミタージュの考古学コレクションには、世界中の考古学博物館、美術館にはない分野の発掘物の展示があります。

 以下に紹介するウラルツ(Urartu 860~840BC)もそのひとつと言えます。ウラルツは、コーカサスの一部地であり、現在のアルメニアに相当します。

 残念ながら、ウラルツ(Urartu 860~840BC)コレクションには英文表示しかありませんが、以下はその詳細なWikipediaの解説です。

 Urartu under Aramu 860~840 BC


 以下に示す写真の大部分は、上記のWikipediaで解説されています。

 要約すれば、ウラルツは現在のコーカサスのアルメニアに相当する地域にあった王国であり、このウラルツ王国は紀元前9世紀にピークに達しましたが、以降、徐々に減衰し、紀元前6世紀初めにメデスによって征服されています。というように、現在のアルメニア(Armenia)の元となった王国と言えます。

 以下はウラルツの概要です。

 ウラルツ(Urartu)は、言語学からはアッシリア語、バビロニア語:Urashtu)、アルマニア語、バニヤン語、ウルタルタ語、ウルタル語、アルメニア語など、アルメニア高地のヴァン湖を中心とする鉄器時代の王国であったことが追殺されており、それはアララトの聖書の王国に対応しています。

 厳密に言えば、ウラルツ(Urartu)は地理的地域としてはアッシリア語であり、「Urartuの王国」または「Biainiliの土地」は、その地域で生じたUrartian語圏の鉄器時代の現代考古学の用語と言えます。その言語は楔形文字の碑文に現れます。 アルメニア原住民がアーラート人と早く接触したという言語学的証拠については、地理的なものと政治的なものとの区別がKonig(1955)によって既に指摘されています。

 ウラルツ(Urartu)の風景は、アナトリア(トルコ)、メソポタミア(イラク)、イラン高原およびアルメニア高地として知られているコーカサス山脈の間の山間の高原に対応しています。この王国は紀元前9世紀にピークに達しました。以降、徐々に減衰し、紀元前6世紀初めにメデスによって征服されました。ウラルツの相続人はアルメニア人であり、その連続王国であると言えます。


Location of Urartu ウラルツの位置



Urartu under Aramu 860~840 BC



Urartu (Ararat) at its greatest expanse, ca. 743 BC

 以下はエルミタージュ美術館に収納されているウラルツからの発掘物です。


アンカラの文明博物館にあるウラート家の釜、アンカラ
Source:Wikimedia Commons
Автор: EvgenyGenkin - Власна робота Evgeny Genkin's photo, CC BY 2.5, Посилання



牛の頭、Urartu、紀元前8世紀。 この頭は、上に示されたものに似た巨大な釜の縁に取り付けられました。 ウォルターズ美術館コレクションKarmir-Blur(Red Hill)のTheehehebaini。
Source:Wikimedia Commons
By Anonymous (Armenia) - Walters Art Museum: Home page  Info about artwork, Public Domain, Link



Argishtiの時代からの青銅のヘルメットの断片。 古代社会の間で人気のある「人生の木」が描かれている。 ヘルメットはKarmir-Blur(赤い丘)のTeyshebainiの要塞の発掘中に発見された。
Source:Wikimedia Commons
Domaine public, Lien



ウラルツの原画に基づく神のアルデイの現代的描写
Source:Wikimedia Commons
بواسطة liveon001 - عمل شخصي وCC BY-SA 3.0 وhttps://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7621867



ArgishtiによるErebuni Fortressの基礎を記録しているUrartianの楔形文字。
Source:Wikimedia Commons
By Gegman - Own work, CC BY-SA 3.0, Link


つづく