エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

ベゼクリク千仏洞(Bezeklik Budda Gharliri)

(中国新疆ウイグル地区)


青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月〜6月
独立系メディア E−wave Tokyo 無断転載禁


はじめに  西安  兵馬俑  秦始皇帝陵  楊貴妃墓  大雁塔・大慈恩寺・青龍寺  西安古代城壁・西安鐘
西安・陝西省歴史博物館  展示1  展示2  展示3  展示4  展示5  敦煌  莫高窟1 莫高窟2  展示1 展示2
展示3  展示4  展示5  展示6  展示7  玉門関  鳴沙山・月牙泉  高昌故城  ベゼクリク千仏洞
火焔山  アルタイ山脈  ゴビ砂漠  イシク・クル湖  南疆線・天山山脈  サマルカンド・ブハラ  ヘラート
フンザ・KKH  カイバル峠  イスタンブール  モスク  トプカプ宮殿1  トプカプ宮殿2  トプカプ宮殿3 
トプカプ宮殿4  トプカプ宮殿5  トルコイスラム美術博物館  ヴェネツィア
 <ヴェネツィア総合メニュー>


出典:青山貞一・池田こみち 2019 シルクロードの今を往く 

 次は、新疆ウイグル自治区のベルゼリク千仏洞です。

◆ベゼクリク千仏洞(中国新疆ウイグル自治区)


新疆ウイグル自治区のベゼクリク千仏洞の位置    出典:グーグルアース 

◆ベゼクリク千仏洞 の概要

 ベゼクリク千仏洞 とは中国火焔山周辺にある、高昌の遺跡付近の楼蘭とトゥルファンの中ほどに位置する5世紀から14世紀にまで遡る仏教石窟を指しています。

 火焔山の下にある峡谷の絶壁の上に位置し、現存する洞窟は10世から13世紀頃のウイグル・カラ・コジャ王国にまで遡ります。

 ベゼクリク千仏洞には77の石窟が存在しています。その大部分はしばしば四つの部分に分けられたアーチ状の天井を持つ長方形の空間になっており、それぞれに仏陀の壁画が描かれています。その効果は天上全体を数百の仏陀の壁画で覆っています。

 壁画の中には、インド人、ペルシア人、ヨーロッパ人などの様々な人物が大きく描かれたブッダを囲んでいる構図のものもあります。

 壁画の質は結構な差があり、芸術として稚拙なものもあれば、宗教絵画中の傑作といえるものもあるといわれています。ベゼクリク千仏洞を代表する壁画が『誓願図』と呼ばれるひときわ大きい壁画です。これは釈迦牟尼の前世における「誓願」(pra?idhi)を描いたものとされています。


誓願図、第二十号窟第九寺院

出典:Wikipedia


◆火焔山(トルファン)


トルファン市の位置


火焔山の位置

 火焔山(かえんざん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区の天山山脈付近にある丘陵です。タクラマカン砂漠タリム盆地の北部、トルファン市の東部に位置しています。砂岩が侵食してできた赤い地肌には、炎を思わせる模様ができています。

 平均標高は500メートルであり、比較的平らな山頂が、長さ98キロメートル、幅9キロメートルにわたって横たわっています。途中の何箇所かが川で切断されています。

 この特徴的な地形は、火山活動による溶岩が、長年にわたってガリ侵食などで削られてできたものです。平均気温が高いことで知られ、夏の気温が50℃を超えることも頻繁です。この地形と気候が特徴的なため、中国での人気観光スポットの一つとなっています。

出典:Wikipedia


◆ベゼクリク千仏洞

 アドレス火焔山(かえんざん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区の天山山脈付近にある丘陵です。

 タクラマカン砂漠タリム盆地の北部、トルファン市高昌区の東部に位置しています。砂岩が侵食してできた赤い地肌には、炎を思わせる模様ができています。平均標高は500メートルであり、比較的平らな山頂が、長さ98キロメートル、幅9キロメートルにわたって横たわっています。

 途中の何箇所かが川で切断されています。

 この特徴的な地形は、火山活動による溶岩が、長年にわたってガリ侵食などで削られてできたものです。平均気温が高いことで知られ、夏の気温が摂氏50度を超えることも頻繁です。この地形と気候が特徴的なため、中国での人気観光スポットの一つとなっています。


ベゼクリク千仏洞             出典:Wikipedia


ベゼクリク千仏洞             出典:Wikipedia

◆シルクロードとの関係

 古代の東西交易にとってタクラマカン砂漠は難所の一つでした。

 交易商人たちは、タクラマカン砂漠の北端を、シルクロード天山南路として利用しました。

 その途中にあるオアシスは、高昌のように貿易中継地として栄えました。彼ら交易商人達に仏教の僧侶も同行し、その路上に仏教寺院を作りました 。

 火焔山の中腹には、そのような寺院の一つ、ベゼクリク千佛洞があります。5世紀から9世紀にわたり増築が進められたもので、仏教施設がある70の洞窟の集合体です。多数の壁画や仏像が残されています。

◆文学との関係

 火焔山は16世紀の明で呉承恩が書いたとされる小説『西遊記』にも登場します。西遊記では炎が上がる山として描かれています。

民話

 漢の古い伝承によると、火焔山はサルの王が天界で窯をひっくり返した残り火が地上に落ちたものです。『西遊記』でも、「美猴王」と名乗っていた頃の孫悟空が閉じ込められていた八卦炉から脱出した際に壊れた八卦炉の破片が地上に落ちたものとされています。

 ウイグル人の伝承によると、天山山脈にはドラゴンが住んでおり、人々の子供を食い殺したため、ウイグル族の英雄がドラゴンを8つに切り刻みました。その8つの部分が火焔山となり、その山肌はドラゴンの血で真っ赤に染まいました。


ベゼクリク千仏洞 (トリップアドバイザー提供)


ベゼクリク千仏洞 (トリップアドバイザー提供)


ベゼクリク千仏洞 (トリップアドバイザー提供)


ベゼクリク千仏洞 (トリップアドバイザー提供)


ベゼクリク千仏洞 (トリップアドバイザー提供)


ベゼクリク千仏洞 (トリップアドバイザー提供)


ベゼクリク千仏洞 (トリップアドバイザー提供)


つづく