エントランスへはここをクリック   
2018年・東日本大震災
復旧実態調査(福島県編)
〜いわき市江の浦・江名港〜


青山貞一・池田こみち 
環境総合研究所顧問
掲載月日:2018年7月28日
 独立系メディア E−wave Tokyo
断転載禁
<2018-6 東日本大震災・津波・原発事故事後調査>
 調査の内容と方法 北茨城市大津港 五浦海岸六角堂1 五浦海岸六角堂2
 茨城福島県境  いわき市勿来 須賀海岸 勿来・岩間 小名浜港・中之作
 江ノ浦・江名港  江名走出  合磯・豊間海岸 薄磯海岸  四倉海岸
 久ノ浜・末続 原発立地自治体放射線量 新地町1 新地町2 相馬市松川浦
 相馬市大洲松川線 南相馬市沿岸部 飯舘村(放射線量)
 久々の会津若松

◆中之作港から江名港に向かう途中の堤防の整備状況

 中之作港から江名港に向かう途中、下の写真にある江ノ浦(港)があった。


出典:グーグルマップ3次元図より池田こみちが作成

 以下は江ノ浦港に整備された防波堤である。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 江ノ浦の津波遡上高は6.74mと6.79mであった。

 出典:福島県現地調査 http://www.coastal.jp/ttjt/index.php


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


江名港


出典:グーグルマップ

 以下は江名港の写真。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


出典:グーグルストリートビュー 


出典:グーグルストリートビュー 

  折戸地区,江名漁港の 浸水高は 6.3, 6.8 m (TP) である

 福島県の資料によると「江名(えな)港は、地形的に恵まれた船溜まりを形成していたため、昔から小型漁船の基地として、活用されてきました。大正10年、県費補助による港湾修築第1期工事に着手して以来、船溜まりや防波堤といった港湾施設の拡充を図り、今では沿岸・沖合漁業の基地として重要な役割を果たしています」とあります。

 同資料によると、以下のとおりです。平成27年分 港湾調査では、年間わずか3隻、
453トンとなっています。魚類は沖合底引びき網で主たる魚種はかれい、きちじです。

江名港の入港船舶 (平成27年分 港湾調査 国交省公表資料)
漁船 その他 合計
隻数 総トン数 隻数 総トン数 隻数 総トン数
2 隻 26トン 1隻 427トン 3隻 453トン

江名港に水あげされた漁業種別、魚種
(漁業種別、魚種:H26港勢調査) 
主たる漁業種別 主たる魚種
沖合底引びき網 かれい、きちじ

 なお、新設された堤防の高さはGLから約5mです。


<参考>

◆東日本大震災における福島県沿岸域の津波による浸水高・遡上高

鮫川右岸 須賀−関田海岸   浸水高 4.2, 4.7, 4.9, 6.7 m (TP)
証言:1波目よりも,2波目,3波目が大きかった

鮫川左岸 岩間地区・小浜海岸  浸水高 6.3, 6.8, 7.3 m (TP)
                       遡上高 6.3, 7.9 m (TP)

参考情報:  調査開始前に三角点の標高を計測

鮫川左岸河口 地図の表示     5.3 m
RTK GPS による計測          5.04 , 5.08 m

サンマリーナ              遡上高 9.4 m (TP)
永崎地区                浸水高 5.3 m (TP)
                      遡上高 7.3 m (TP)

折戸地区,江名漁港         浸水高 6.3, 6.8 m (TP)


豊間海岸                浸水高 7.5, 9.2 m (TP)

いわき平薄磯    浸水高  5.9 m
いわき平薄磯    遡上高  6.1 m(この地区の海岸堤防天端高 5.2 m)

いわき四倉 管波病院付近   浸水高  6.2 m
              (この地区の海岸堤防天端高 5.9 m)
いわき四倉 道の駅よつくら港 浸水高  5.9 m
いわき四倉 四倉高校付近   浸水高  3.6 m


つづく