エントランスへはここをクリック   
2018年・東日本大震災
復旧実態継続調査(福島県編)
〜いわき市江名走出〜


青山貞一・池田こみち 
環境総合研究所顧問
掲載月日:2018年6月28日
 独立系メディア E−wave Tokyo
転載禁

いわき市江名走出

 2018年6月17日午後、江名港を由して江名走出方面へ向かう。

 以下は「江名走出」(えな・はしりで)の位置をグーグルマップで示したものである。


出典:グーグルマップ


出典:グーグルマップ

 2011年4月に現地視察した際、もっとも悲惨と感じがのが、この江名走出地区だった。江名地区にある走出は、4mほどの堤防の内側にある小さな集落である。

 上の写真中、下側から押し寄せた津波は堤防を越え、すり鉢状の江名走出のなかをまるで洗濯機の水のようにぐるぐると回り、ほぼすべての家屋を破壊した。

 北側から江名走出に向かう高台にあった2軒の家屋はどうにか持ちこたえ、今回の調査でも2軒はあったが、集落は壊滅した。またさらに高台に立つサザンパシフィックホテルは建物は残ったものの、3.11以降現在まで営業停止となっている。

 今回の調査では、従来の堤防を1m程度かさ上げしていることが分かったものの、この江名走出地区は上記の2軒以外は再建を断面していた。

 なお、以下は2011年11月の被災地現地現地調査時の江名走出地区の状況である。このときは、破壊された家屋は撤去されていたがものの、基礎部はそのまま残っていた。


◆2011.4〜2018.6までの江名走出の変遷

2011年4月16日 江名走出現地調査

 以下は2011年4月16日、地元いわき市の広田弁護士の案内で視察した江名走出で撮影した写真である。江名走出地区はご覧のようにがれきの山となっており、足の踏み場もないほどであった。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S10


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S10


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年4月16日


2011年10月16日 江名走出現地調査
 
 以下は2011年10月16日、福島県沿岸域放射線調査時に撮影した江名走出である(他地域も含まれている)

 ※ 青山貞一・鷹取敦・青山伸:
   福島県内沿岸域被災地復旧・復興状況(1) 2011年10月16日 

 ※ 青山貞一  鷹取敦 東京都市大学青山研究室
   第4回福島県内空間放射線量調査(速報)


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年10月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年10月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年10月16日


撮影:鷹取敦  CASIO EX-H20G  2011年10月16日


出典:青山貞一・福島県いわき市江名走出の被災状況 2011年10月16日


2011年12月25日 江名走出現地調査

 以下は2011年12月25日〜27日の現地調査時撮影。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


2018年6月16日 江名走出現地調査

 以下は今回(2018年6月17日)撮影した写真。

 下の写真の背後の高台に立つビルはサザンパシフィックホテルである。この写真は堤防の上から撮影している。ホテルから堤防まではまったく何もないが、ここには数10軒の住宅、中には新しい住宅が建っていた。

 住居が撤去され更地になった被災地の後に夏草が生え、完成したばかりの真新しいコンクリートの防波堤の白さがこの地の悲劇を一層悲しいものとしているように感じた。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 家屋を取り壊す前には見たことがなかった、以下の田中角栄の「雄魂」という碑が、なんともいたたまれなく感じた。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 江名走出に一つ咲いた花はヤナギハナガサ(柳花笠)です。それにしても、繰り返し咲く花は素晴らしいです!


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


<参考>

◆東日本大震災における福島県沿岸域の津波による浸水高・遡上高

鮫川右岸 須賀−関田海岸   浸水高 4.2, 4.7, 4.9, 6.7 m (TP)
証言:1波目よりも,2波目,3波目が大きかった

鮫川左岸 岩間地区・小浜海岸  浸水高 6.3, 6.8, 7.3 m (TP)
                       遡上高 6.3, 7.9 m (TP)

参考情報:  調査開始前に三角点の標高を計測

鮫川左岸河口 地図の表示     5.3 m
RTK GPS による計測          5.04 , 5.08 m

サンマリーナ              遡上高 9.4 m (TP)
永崎地区                浸水高 5.3 m (TP)
                      遡上高 7.3 m (TP)

折戸地区,江名漁港         浸水高 6.3, 6.8 m (TP)


豊間海岸                浸水高 7.5, 9.2 m (TP)

いわき平薄磯    浸水高  5.9 m
いわき平薄磯    遡上高  6.1 m(この地区の海岸堤防天端高 5.2 m)

いわき四倉 管波病院付近   浸水高  6.2 m
              (この地区の海岸堤防天端高 5.9 m)
いわき四倉 道の駅よつくら港 浸水高  5.9 m
いわき四倉 四倉高校付近   浸水高  3.6 m


つづく