パソコンによる環境情報システムのさきがけ環境総合研究所のSuperシリーズ 2021/05/17更新
環境総合研究所
Super シリーズ
工場・事業所・建設工事騒音予測
Super NOISE(P)
道路交通騒音予測
Super NOISE(H)
風力発電(騒音・景観・日照)予測
Super NOISE(W)
固定発生源大気拡散予測
Super AIR
自動車排ガス大気拡散予測
Super HIWAY
時系列データ・2次元スプライン・GIS
Super SPLINE/GIS
Superシリーズ更新情報
機能追加・新モデル

建設機械降下ばいじん予測
Super DUST(P)
資材・機械運搬車両降下ばいじん予測
Super DUST(H)
土壌汚染調査・対策支援
Super SOIL
建設機械・工事振動予測
Super VIB(P)
道路交通振動予測
Super VIB(H)
風環境シミュレーション調査
環境シミュレーション計算サービス
固定発生源大気拡散予測システム Super AIR 環境アセスメント標準モデル

御社オフィス、オンライン等でデモを実施します。
使い勝手、疑問点、サポート内容をご確認いただけます。
御社の用途に合わせたご提案を行います。

Super シリーズ共通の特徴

  • 使いやすさ:シリーズ共通の操作性、地図を表示してマウスで座標指定、作業効率化のための様々な工夫
  • サポート:実践的な導入時研修、丁寧迅速なサポート、開発者・プロの実務者による質問対応・アドバイス・調査
  • 最新のソフトウェア:迅速な最新モデル対応、ユーザー要望を取り入れた日常的な改良
  • 費用対効果:業務の効率化・コスト削減に高いコストパフォーマンス、5年間無料サポート・バージョンアップ版提供
  • 教育効果:熟練の実務者から実務初心者まで丁寧なサポートにより実務レベルの向上
  • 導入実績:環境アセスメント実施機関、ゼネコン、騒音対策関連、機械メーカー、行政、大学等に多数の導入

Super AIRとは

 固定発生源の大気汚染濃度の短期・長期平均の予測を標準モデルを用いて行えます。工場、機械、工事現場等の個別発生源、複数発生源を対象とします。

 煙突高さ、排ガス量、排ガス温度、排ガス濃度、吐出速度、煙突口径、稼働日数、夜間排出条件、気温の高さ勾配等を考慮します。

 Super HIWAYと合わせて活用することにより、固定発生源と自動車の複合影響を考慮できます。Super SPLINE/GISで作成した地形による有効煙突高の補正(ERT PSDMモデル)が可能です。

予測モデルの概要

 環境アセスメントでは以下の指針(マニュアル)等に掲載されている大気拡散予測モデルが用いられています。
 Super AIRではこれらや関連するその他のマニュアルに掲載されているモデルを組み合わせて活用できます。


  • 窒素酸化物総量規制マニュアル[新版] :窒素酸化物総量規制のための環境予測の方法等を示したものですが、掲載されている多くの式は環境アセスメントでも用いられています。

  • 廃棄物処理施設生活環境影響調査指針:廃棄物焼却施設、最終処分場など廃棄物処理施設計画にあたって実施される生活環境影響調査の簡易アセスメントの指針です。以前の「ごみ焼却施設環境アセスメントマニュアル」が参照されることもありますが、基本的な部分は同じ内容です。
    またフュミゲーションの計算式はこれに示されています。
  • 道路環境影響評価の技術手法(平成24年度版):道路事業の環境アセスメントのためのマニュアルで、建設機械による大気汚染予測モデルも示されています。上記、2マニュアルと同じ有風時:プルーム式、無風時:パフ式ですが、拡散幅に関わる項等が一部異なる、長期平均と短期平均予測式が分けられていないなど、有風時が1m/s超であることなどが異なります。

  • 予測対象時間:特定の風向、風速(無風を含む)、大気安定度を対象とした1時間平均濃度と、一定の期間の気象条件の出現頻度を考慮した長期平均濃度(年平均濃度等)の計算を行えます。
    なお「窒素酸化物総量規制マニュアル[新版]」等では1時間平均濃度予測と年平均(長期平均)濃度予測では有風時については異なる拡散式を用いています。

大気汚染予測で考慮される要素

 Super AIRでは環境アセスメントで広く用いられている予測モデルに対応しています。
 大気汚染予測では主に以下の要素が考慮され、わかりやすい操作で設定できます。

  • 対象物質:環境アセスメントで対象とする一般的な以下の項目を対象としています。
    • 硫黄酸化物(SOx、SO2)、窒素酸化物(NOx)(二酸化窒素(NO2)に換算)、一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)、塩化水素(HCl)
    • 浮遊粒子状物質(SPM)、ダイオキシン類
    • 臭気濃度
    体積濃度で表現されるSOx、NOxなどの項目、質量濃度で表現されるSPM、ダイオキシン類などの項目は、物質が異なっても排出量と予測濃度の比は式の上で一定なので上記以外の物質も予測できます。

  • 煙源
    • 煙源は一般的な環境アセスメントの点煙源に加えて、一定の範囲内で建設作業が行われる場合や一定の地域の民家など群小煙源を想定した面煙源(多角形指定)が作成できます。
    • 長期平均予測では稼働率(年間の稼働日数)夜間の稼働条件(指定した時間)等を考慮します。
    • 実煙突高、排ガス量(乾、湿)、排ガス濃度、吐出速度、煙突頭頂部内径、初期拡散幅、建設機械かどうか、近接建物影響などの諸条件も個別に指定できます。

  • 風向・風速・大気安定・時間希釈:環境アセスメントで用いられている有風時のプルーム式、無風時のパフ式では、大気汚染の濃度が煙源からの距離(有風時は風下方向への距離)および、鉛直方向、水平方向の距離および大気安定度等に応じた濃度分布を実験的に求められた拡散幅として表現しています。
    • 予測式では煙源と予測点の位置関係と風向の関係、風速大気安定度が考慮されます。
    • 時間希釈補正係数を任意の時間に変えられます。臭気濃度の30秒平均濃度も計算できます。
    • 一般の環境アセスメントで用いられている長期平均のためのプルーム式では方位毎に煙源からの距離が同じであれば濃度が同じとなります。そのため等濃度線(コンター)が不自然な扇形となってしまいますが、Super AIRでは隣接する方位の間を内挿補間することでなめらかな濃度分布の等濃度線とすることができます。

年平均濃度の例(SuperAIR独自改良モデル)


年平均濃度の例(一般的なアセスマニュアルの方法)

  • 大気安定度分類
    • 大気安定度は風速、日射量、放射収支量等から分類されたものが予測に用いられます。
      • 昼間:風速と日射量、風速と放射収支量
      • 夜間:風速と雲量、風速と放射収支量、風速のみ
      の組み合わせにより大気安定度分類を行います。(窒素酸化物総量規制マニュアル[新版]、浮遊粒子状物質汚染予測マニュアル、有害大気汚染物質に係る発生源周辺における環境影響予測手法マニュアル−低煙源工場拡散モデル:METI-LIS)
    • 煙突高が指定した高さよりも高い場合には、上空の大気安定度の読み替えを行うことができます。

  • 気象データ:拡散計算、大気安定度分類では風向、風速、日射量、放射収支量、雲量等が用いられます
    • これらの観測値(1時間値)はテキストデータ、CSVファイル等として与えると、風向、風速階級、大気安定度、昼夜別毎に出現頻度が集計されて気象データとして保存され、長期平均(年平均)予測に用いられます。
    • 観測値は気象庁のサイトからアメダスのデータをCSVファイルとしてダウンロードしたものを直接読み込むことができるので簡単に気象データを作成できます。
  • べき指数:風速は地上から離れるほど強くなります。高さによる風速の違いはべき法則(べき乗則)で表現します。べき法則の係数(べき指数)は地表面の状況や大気安定度によって異なります。
    大気汚染予測時には風向・風速設定高さ(観測高さ)から煙源高さにべき法則による風速変換が行われます。
    一般に用いられている大気安定度毎のべき指数に加えて、都市域における補正、その他任意の補正、現地の実測による任意のべき指数を用いることができます。

  • 有効煙突高モデル:煙突から熱量等によって上昇する高さを表すのが有効煙突高モデルです。
    • 環境アセスメントでは一般的にCONCAWEの式が用いられますがMoses & Carson式Bosanquiet I式を選択することも出来ます。実煙突高、有効煙突高、実煙突高と有効煙突高の中間を選択できます。
    • 有風時と無風時および計算条件における内挿した有効煙突高が煙源データベース画面に表示され確認できます。
    • 煙突本体や周辺建物・地形等によって生じる渦によって煙の流れが取り込まれ有効煙突高が低下するダウンウォッシュを考慮するBriggs(ダウンウォッシュ式)、煙突に近接する建物の影響を考慮するHuber式にも対応しています。
    • Super SPLINE/GISで作成した地形を設定した場合は、地形による有効煙突高を補正するERT PSDMモデルを用いることもできます。

  • 地形:地形によって有効煙突高補正を行えます。また平面コンターを計算する時、予測点は地形の高さ+設定した予測高さとして計算します。煙源の高さは地形の高さ+設定した煙源高さとすることもできます。
    地形はSuper SPLINE/GISで簡単に作成できます。

    ※環境アセスメントのモデルは平坦地形を前提とした解析解モデルであり、地形、構造物などが風の流れ、大気の拡散に与える影響を考慮することができません。これらの場合は、数値解析モデルを用いた3次元流体モデル予測調査(委託調査)をご利用ください。

山間地における年平均濃度の例
ERT PSDMモデルにより有効煙突高を地形で補正

  • 上層逆転層・貫通判定
    • 混合層の上面、上層逆転層が生じたときの下面はLid(蓋)となり大気汚染はその上空に拡散できません。指定したLidの高さおよび地面で3回反射したとみなして計算することができます。
    • 有効煙突高が上層した煙が上層逆転層を貫通した場合には、大気汚染は地上には影響を及ぼさないと考えられます。逆転層の上下面の高さおよび温度差を入力することで貫通判定を行うことができます。
    • 特定の気象条件の時に上層逆転層を貫通するかどうか煙源データベースの色分けで簡単に確認できます。

  • 濃度変換(NOx→NO2、年平均→年間98%値、2%除外値)
    • NO2の環境基準は日平均値で定められており、年間の評価を行う時は日平均値の年間98%値を用います。そのためNOx年平均予測結果→NO2年平均→NO2年間98%値と順番に変換を行います。
    • SPMの評価も同様に日平均値の年間2%除外値で行うため年平均値→年間2%除外値と変換を行います。
    • 変換の方法としては、「道路環境影響評価の技術手法」(当初版、2007年度版、平成24年度版)に掲載された方法と、統計モデルを用いることができます。
    • NOx年平均→NO2年平均については、「窒素酸化物総量規制マニュアル[新版]」に掲載された指数近似モデルI式にも対応しています。

  • フュミゲーション:接地逆転層崩壊時には急激な混合が生じて高濃度となるフュミゲーションと呼ばれる現象が生じる可能性があります。
    「ごみ焼却施設環境アセスメントマニュアル」や「廃棄物処理施設生活環境影響調査指針」に掲載されているフュミゲーション時の地上最大濃度の推定式、最大濃度地点の推定式に対応しています。(ただし拡散係数δzc→逆転層が崩壊する高さLf→最大着地地点(距離)x→拡散係数δzc、という依存関係があり方程式が解けないため、繰り返し計算を用いて収束させています。また拡散係数δyc、δzcは式として示されていないので独自に近似式を作成し用いています。)

予測対象範囲

  以下の3通りの予測点を対象に予測を行えます。

  • 平面予測:背景に設定した地図画像の範囲を対象として濃度の分布を予測します。計算結果はカラーメッシュ、コンター、距離減衰グラフ、3次元で表示できます。
    距離減衰の勾配グラフでは、地形がある場合には同じ位置の地形の縦断勾配を表示することも出来ます。
  • 断面予測:地面から高さ方向の予測を行います。
    平面予測範囲上にマウスで指定した位置、任意の高さまでの鉛直方向の断面を対象として濃度の分布を予測します。計算結果はカラーメッシュ、コンター、3次元で表示できます。

  • 地点予測: 平面予測範囲上にマウスで指定した複数地点(高さは数値で入力)を対象として濃度を予測し、一覧として示します。

予測結果表示

 予測結果は、濃度の分布が直感的に分かりやすいカラーメッシュ、環境アセス等で一般的に用いられるコンター(等濃度線のみと線の間を色で塗りつぶしたものの2通り)、プレゼンテーション効果の高い3次元表示グラフ地点別結果などで表示できます。

 カラーメッシュの色、間隔、コンターの色、間隔、太さ、数字の有無、大きさなどは自由に変更できます。
 地形がある場合には等高線をデータ入力画面、予測結果等に任意の間隔で表示できます。
 色数の増加、グラデーション設定も簡単に行えます。

カラーメッシュ表示    コンター(等濃度線)表示

 メッシュ、コンター画像はコピー&ペーストや、JPEGファイルへ出力し報告書に掲載したり、コンターをDXFファイルに出力しCAD等で活用したりすることもできます。

濃度勾配グラフの例

カラーメッシュ表示の例(Super AIR独自改良モデル)

便利な諸機能

 実務を効率的に行うための様々な機能があります。以下はその一例です。ユーザーからの要望にも対応して常に改良、機能の拡充を行っています。

  • 背景地図の表示:データ作成時、結果表示時に画像データおよび線画の地図を表示できます。地図画像は全体に表示することも一部に表示することもできます。

  • 等高線の表示:地形を設定した場合には、データ作成時、結果表示時に任意の間隔で等高線を表示できます。

  • 縮尺から計算範囲の自動設定:表示した地図画像に縮尺がある場合には計算範囲(メッシュ数とメッシュ間隔)を縮尺から自動設定できます。

  • マウスドラッグによる座標の移動:マウスドラッグにより簡単に煙源、計算地点等を移動できます。

  • カーソル位置の濃度表示:画面上でマウスカーソルを動かすだけで、平面計算結果よりマウスカーソルに近い格子点の濃度を表示します。

  • 計算対象除外範囲の設定:敷地内や遠方など計算が不要な範囲を設定することで計算時間を短縮できます。

  • 最大地点の濃度表示:敷地内を計算対象除外範囲の設定とすることで、最大レベルの地点に×印を、その地点の濃度を表示できます。これにより敷地外の最大地点が簡単に分かります。

  • 風配図・大気安定度グラフ:気象データより風配図、風向別平均風速グラフ、大気安定度出現頻度グラフを作成できます。


風配図・平均風速、大気安定度出現頻度グラフ


  • 煙源の規模の色・大きさ表示:入力画面で煙源の排ガス量等の規模で色・大きさ分け表示できます。

煙源規模の色・大きさ分けイメージ
  • 濃度ファイル重合機能:煙源毎に設定した気象区分、煙源種類別に計算、保存した複数の濃度ファイルを重み付けして重合計算できます。広域予測などの際に便利です。

  • 最高濃度検索機能: 出現する全気象条件(風向・風速階級・大気安定度)より最大着地濃度がもっとも高くなる条件を検索、計算できます。 特定の風向、風速×安定度に限定した検索も可能です。
    気象条件毎の最大着地濃度、座標、気象条件、出現頻度一覧のCSV出力も可能です。

  • 気象データ全時間一覧作成機能:風向、風速、日射量+雲量/放射収支量の年間(任意期間)の1時間値を読み込み、大気安定度、昼夜別を加えた気象データ1時間値の一覧CSVを作成することができます。

  • 年間(指定期間)全時間濃度計算機能:上記で作成した気象データ1時間値一覧CSVを読み込み、全時間の複数地点の濃度を計算しCSVファイルに出力できます。特定の時間帯における煙源からの寄与等を調べる時などに用いられます。

  • 長期平均濃度検討補助機能: 長期平均モデルで最高濃度検索を行い、長期平均濃度分布の検討に活用することができます。
    煙源別、稼働条件別、気象条件別の地点濃度、出現頻度をCSVに出力し年平均濃度への寄与内訳を検討できます。

  • 計算データの平行移動、回転:計算データ全体を水平方向、鉛直方向に指定した距離移動したり、原点を中心に任意の角度回転したりできます。

  • Super NOISE(P)(固定騒音予測)との相互活用Super NOISE(P)で作成した建設工事等の予測範囲、音源データを読み込めるため、建設工事大気汚染予測時に座標をあらためて入力する必要はありません。建設工事騒音予測、大気汚染予測がセットになった業務の作業時間が短縮できます。

  • Super HIWAY(自動車大気汚染予測)との相互活用Super HIWAYで予測した結果を直接読み込んで大気汚染濃度を重合できます。複合的な煙源からの影響予測が行えます。

応用分野の例

  • 工場・事業所・業務ビル・複合開発事業における大気汚染、臭気濃度予測(環境アセスメント)
  • 建設工事に伴う大気汚染予測(環境アセスメント)
  • 廃棄物焼却処理施設による大気汚染予測(環境アセスメント、生活環境影響調査)
  • 大規模小売店舗等の商業施設による大気汚染予測(大店立地法の標準項目対象外)
  • 産業公害防止計画等、各種計画策定のための濃度予測、対策効果検討
  • 環境基本計画、環境管理計画、広域廃棄物系計画等における基礎調査としての大気汚染の広域予測

データ数等

  • メッシュ数: 制限なし(通常300×300以上)
  • メッシュ間隔: 任意に設定(1m未満〜数百m等)
  • 対象空間規模: 制限なし
  • 煙源数: 0.01m単位、マウス、数値入力
  • 煙源座標: 0.01m単位、マウス、数値入力

動作環境

  • OS: Windows 7、Windows 8、Windows 10(推奨 Windows 10、最新版の動作確認はWindows 10で行っています)
  • ストレージ(HDD, SSD)、主記憶(RAM):一般的にOSが推奨する程度で使用可能です。
  • USBポート:ライセンス用にUSBの空きポートが1つ必要です。

サポート体制

  • 導入時研修:ユーザーのオフィスあるいはオンラインで導入時研修を行います(追加費用はかかりません)。
    予定されている業務がある場合にはそれを対象とすることで業務が効率的、確実に進みます。

  • サポート期間:導入時より5年間のサポートおよび最新版の提供を行います。
    開発技術者が操作方法、パラメータやモデルの考え方等に到るまで幅広く業務を支援いたします。

  • 最新モデル対応・機能改良:日常的にソフトウェアの改良を行っております。
    最新モデルへの対応も迅速に行っています。

  • ユーザーの要望対応:ユーザーからの要望により機能や予測モデルの追加・改良を行っております。原則として追加費用はいただいておりません。

  • 定期的なバージョンアップ版の提供:サポート期間中はバージョンアップのあった月(ほぼ毎月)は更新の内容をお知らせし、最新版を提供しています。

デモのご案内

  • 御社のオフィスあるいはオンラインでソフトウェアをご覧いただきながらご説明し、ご質問等にお答えいたします。また、想定されている業務のご相談にも対応しております。
  • デモには費用はいただいておりません。北海道から沖縄までご希望の場合には日程調整を行いますので、下記の問い合わせ先まで御連絡ください。

御購入のご案内

  • ご不明の点、ご希望等ございましたらお問い合わせください。
  • 御依頼いただければ価格表をメールいたします。また見積書を作成いたします。
  • 複数システムの同時購入、複数ライセンスの購入には割引がございます。



計算サービスのご案内

■ 高度で迅速な計算業務に対応いたします
  • Super AIRを用いて1煙源の単純なケース、多数の建設機械のあるケースから自治体を対象とした広域予測まで標準モデルを用いた計算サービスに対応いたします。
  • 地形等の考慮が必要な場合には差分モデルを用いた計算サービスもご提案いたします。
  • ソフトウェアの購入の予算的、時間的な余裕が無い場合、納期に余裕が無い場合、複雑な条件設定が必要な場合、Super AIRを用いた出力を実際の業務で見てみたい場合等にご利用ください。
  • 既にソフトウェアを購入されたお客様にはデータ納品も可能です。データの条件を変更して再計算、検討等にご活用いただけます。

■ 見積を御依頼ください
  • 計算対象範囲、煙源数、対象汚染物質、予測対象範囲(特定地点(複数地点可)、濃度勾配、平面コンター等)、予測対象時間(年平均、1時間平均の条件数)、地形考慮の有無、報告書作成の要否(結果だけでいいか、報告書形式での納品が必要か)および納期等をお知らせください。

■お問い合わせ■

ERI 株式会社 環境総合研究所

〒152-0033 東京都目黒区大岡山1-31-9-401 TEL 03-6421-4610 FAX 03-6421-4611
連絡先メールアドレス:office@eritokyo.jp(担当:鷹取)

(C)Copyright by 株式会社 環境総合研究所
 本ホームページの内容、掲載されている仕様、グラフィックデータ等の著作権は株式会社環境総合研究所にあります。無断で複製、転載・使用することを禁じます。
NOISE(P) NOISE(H) NOISE(W) AIR HIWAY VIB(P) VIB(H) DUST(P) DUST(H) SPLINE/GIS SOIL