エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  
シルクロードの今を征く

Now on the Silk Road

秦始皇帝・兵馬俑・博物院概要(百度百科6)

西安
(Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニュー

秦始皇帝博物院(百度百科1)  秦始皇帝博物院(百度百科2) 秦始皇帝博物院(百度百科3)
秦始皇帝博物院(百度百科4)
  秦始皇帝博物院(百度百科5) 秦始皇帝博物院(百度百科6) 
秦始皇帝博物院(百度百科7)  秦始皇帝博物院(百度百科8) 秦始皇帝博物院(百度百科9)
秦始皇帝博物院(百度百科10) 秦始皇帝博物院(百度百科11) 秦始皇帝博物院(百度百科12)
秦始皇帝博物院(百度百科13) 秦始皇帝博物院(百度百科14)
秦始皇帝博物院1 秦始皇帝博物院2  秦始皇帝陵  秦始皇帝陵2


 次は秦始皇帝陵博物院の展示物を紹介する百度百科6です。

◆秦始皇帝陵博物院  百度百科6

【12】秦時代の高級軍吏俑


出典:中国百度百科 秦始皇帝陵博物院

 秦時代の陶器で、高級軍吏俑は、体に袷の長いコートをまとい外側には彩色された魚の鱗が描かれた甲と、頭にはヤマドリの羽のような冠を付けています。両手は左右を腹部で交差させ長い剣を支えています。これまでに出土した秦の俑の階級の中で最高の位の高級軍吏俑です。秦の始皇帝陵博物院に収蔵されています。


【13】秦時代の膝撃ち俑(膝を突いて弓を射る俑)


出典:中国百度百科 秦始皇帝陵博物院

 秦時代の陶器で、高さは128cm、秦の兵馬俑二号坑から出土しました。膝撃ち武士俑が出土した兵馬俑二号坑の東端の弩兵(石弓を撃つ隊)の中心部分から発見されました。

 身をかがめ、鎧の上に戦袍をまとっていました。袍の上には鎧甲を身にまとい、頭は右側に結髪して髻(もとどり)をまとめ、左足を曲げて跪き、右膝を地面に着け、両手は体の右側に揃えて、弓を持ち、発射命令/指示を待っています。

 膝撃ち武士俑の塑像は、一般的な陶俑よりさらに精緻に作られており表情や佇まい、髪や髻、爪、そして靴底などが非常に活き活きと描かれています。また、文物のオリジナルの色彩の保存状態は良好で、秦時代の軍隊による戦争の情景が非常にリアルに表現されています。秦の始皇帝陵博物院に収蔵されています。


【14】秦時代の騎兵俑


出典:中国百度百科 秦始皇帝陵博物院

 秦時代の陶器で、頭の後ろは結んで平たい髻を付け、頭には皮の帽子をつけています。上には膝丈の長い上着を着け、下は、(生地を)折り曲げたスカートのようなものを付け、外套は腰にも鎧甲を着けていますが、腕には鎧を着けていません。顔や手の甲、鎧甲の組滕(ちぎり)の上には多数の赤い斑点が残っていました。

 下には、長ズボンをはき、足には革靴を付けていました。左手は半分握り、兵器を持ち、右手で馬を牽いています。秦の始皇帝陵博物院に収蔵されています。


【15】秦時代の鞍馬俑


出典:中国百度百科 秦始皇帝陵博物院

 秦時代の陶器で、鞍馬に騎兵が座り、四本の足で直立しています。其の姿は強く健やかで、耳は丈のように鋭く尖り、耳の前には鬣が花のように、尻尾は蜻蛉のように見えます。馬の背にはそれぞれ、鞍と下鞍が着けられ、中程の下にはへこみがあり、鞍面には鞍釘が彫られています。

 馬の腹の下には一本の腹帯が掛けられ、鞍と下鞍が馬の背に固定されるようになっています。帯の付け根(端)を繋ぐためのバックルが馬の左腹部についています。尻尾は取り外すことが出来ます。秦の始皇帝陵博物院に収蔵されています。


【16】秦時代の鞍馬兵俑


出典:中国百度百科 秦始皇帝陵博物院

 秦時代の陶器で、秦の兵馬俑二号坑から出土しました。秦時代の人々は、馬を養うことで事業を起こし、秦陵区内には大量の陶器の馬と本物の馬が陪葬されているのが発見されました。こうしたことから、当時は馬が非常に重要なものであり、大切にされていたことがわかります。

 鞍馬騎兵俑は、秦時代の騎兵と戦闘馬の形を塑像でつくったもので、騎兵は小さく精悍に、戦馬は力強く作られていることから、秦時代の騎兵は新らしく出来た兵種であり、兵士の選抜要件は非常に厳格だったことが伺えます。これらの俑は、古代軍事史の研究にとって重要な物証となっています。秦の始皇帝陵博物院に収蔵されています。


秦始皇帝博物院(百度百科7)つづく