エントランスへはここをクリック  中央アジア・シルクロード  【世界紀行 

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

 莫高窟


(Mogao Caves、中国甘粛省敦煌市)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月〜6月
独立系メディア E−wave Tokyo 無断転載禁
 


はじめに  西安  兵馬俑1 兵馬俑2 展示1 展示2 展示3  秦始皇帝博物館 秦始皇帝陵  楊貴妃墓
大雁塔・大慈恩寺  大雁塔2  大雁塔3  青龍寺1 青龍寺2 青龍寺3 西安古代城壁・西安鐘
西安・陝西省歴史博物館  展示1  展示2  展示3  展示4  展示5  西安国立美術館
敦煌  莫高窟1 莫高窟2  展示1 展示2  展示3  展示4 展示5 展示6  展示7 展示8  展示9  展示10 展示11
西千仏洞1  西千仏洞2 鳴沙山・月牙泉  漢代長城1  漢代長城2  玉門関  玉門関2  玉門関3  白馬塔 
火焔山 トルファン博物館 トルファン博物館2  展示1  展示2  展示3  展示4  高昌故城1  高昌故城2 高昌故城3
ベゼクリク千仏洞1  ベゼクリク千仏洞2  ベゼクリク千仏洞3  アスタナ古墳1 アスタナ古墳2 アスタナ古墳3
ウルムチ  国際バザール  新疆ウイグル博物館 新疆ウイグル博物館2 展示1  展示2  展示3  展示4  展示5
展示6  展示7  展示8 アルタイ山脈 ゴビ砂漠  イシク・クル湖 南疆線・天山山脈  サマルカンド・ブハラ
 ヘラート フンザ・KKH カイバル峠 イスタンブール  モスク  トプカプ宮殿1  トプカプ宮殿2  トプカプ宮殿3
トプカプ宮殿4 トプカプ宮殿5  トルコイスラム美術博物館  ヴェネツィア
 <ヴェネツィア総合メニュー>


出典:青山貞一・池田こみち 2019 シルクロードの今を往く 

 起点の西安の次は中国敦煌市の莫高窟です。

◆莫高窟Mogao Caves, 中国敦煌市)


Source:Wikimedia Commons 

 甘粛省敦煌にある世界遺産、莫高窟には敦煌空港からバスや車で約18分です。


出典:グーグルマップ

 下は敦煌空港を背景にした青山貞一です。


敦煌空港を背景にした青山貞一
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 一方、敦煌市内からはバスや車で約30分で莫高窟に行けます。私達は西安から飛行機で敦煌空港まで行き、一旦、市内のホテルの宿泊後、翌日、午後7時30分にホテルを出発し、莫高窟に向かいました。


出典:グーグルマップ

 現在、莫高窟は訪問客の飛躍的増加に伴い、1日当たり最大6000人に観光客数を制限しています。遺跡保護と観光利用の相互目的が達成できるように敦煌莫高窟デジタル展示センターが開設され、それににともない、敦煌莫高窟の観光もインターネットでの完全事前予約システムが導入されています。


敦煌莫高窟デジタル展示センターのチケット売り場の標識
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 このシステムではまず莫高窟ホームページで事前予約、支払いを済ませて、注文番号を受け取ります。それを持参し、現地で提示してチケットと交換します。デジタル展示センターでは直径18メートル、面積500平方メートルの円形スクリーンで「デジタル敦煌」を体験します。ここで映像を見てから観光用のカートに乗って、石窟を見学することになります。

 下は、敦煌莫高窟デジタル展示センター前の池田こみちです。


敦煌莫高窟デジタル展示センター前の池田こみち
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


敦煌莫高窟デジタル展示センター前の青山貞一
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 以下は敦煌莫高窟デジタル展示センターの全景写真です。景観的に周辺の砂漠地帯と調和した建築物となっています。


出典:「人民網日本語版」2014年7月17日

 以下は敦煌莫高窟デジタル展示センターの内部です。この右側の壁の中に大きな視聴室があります。視聴室では3次元のオーディオビデオにより敦煌莫高窟の映像が流され中国語の解説がながれます。


敦煌莫高窟デジタル展示センター内部
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 下はセンターの3次元デジタル映像を日本語解説用の受信機です。入場時に配布され、終了後回収されます。ただし、残念ながらスピーカーから流れる中国語の音量が大きすぎ、ヘッドホンで聞く日本語はほとんどききとれませんでした。センター開館から数年経つのに、依然としてそのままとなっているのはおかしいと言えます。


映像の日本語解説用受信機
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 以下は敦煌莫高窟デジタル展示センターオープン時の人民網日本語版の記事です。

「莫高窟デジタル展示センター」がグランドオープン

人民網日本語版 2014年09月12日15:37


人民網日本語版 2014年09月12日15:37

敦煌莫高窟保護利用施設の竣工・オープン記念式典が10日午前、新しく完成した「莫高窟デジタル展示センター」で挙行された。今後、国内外観光客が莫高窟を訪れた際の観光パターンが変わることになる。

「敦煌莫高窟デジタル展示センター」がグランドオープンした後、解説を聴きながら洞窟内を歩くという従来の単一的な莫高窟見学パターンは、敦煌芸術のデジタルフィルム観賞と洞窟現場の見学を組み合わせた形に変わる。

 これまでは、売り場に並んで入場券を買っていたが、オンライン予約が可能となり、チケットの種類を自主的に選び、オンラインで代金を支払うことができるようになる。新技術の導入により、文化観光資源がより効率的に配置され、莫高窟の一日当たり最大収容数は、これまでの延べ3千人から延べ6千人に増える。

 敦煌研究院の樊錦詩院長は、「『莫高窟デジタル展示センター』は、先進科学技術の成果であり、全く新しい見学モデルであり、整備された管理サービスだ。来場者は、敦煌芸術だけが持つ魅力的で高品質な体験を堪能できるようになった」とコメントした。(編集KM)

「人民網日本語版」2014年9月12日


 以下は展示センターの上映が終わった後、センターの前からシャトルバスに乗り莫高窟に向かうカートの内部です。


展示センター前から莫高窟に向かうカートの内部
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

◆敦煌・莫高窟、1日6000人のみの完全予約制に―中国

 2014年7月17日、甘粛省敦煌市にある仏教遺跡・莫高窟は8月1日より、完全予約制と人数制限を実施する。新華網が伝えた。 敦煌研究院莫高窟デジタル展示センターの李萍(リー・ピン)センター長は、「これまで長期にわたり、一時期に観光客が集中することが、長い歴史を持つ石窟にとって脅威となってきた。

 洞窟に『休息時間』を与え、観光客の体験をより良いものにするため、敦煌研究院は4年をかけて、『デジタル敦煌』を中心とする『莫高窟デジタル展示センター』を建設した。7月15日より試験的に営業を開始しており、8月1日に正式にオープンする」と述べた。

 李氏によると、8月1日以降は完全予約制を実施し、事前に予約した観光客のみが見学できる。予約とチケット購入・支払いはいずれもインターネット上で済ませることができる。観光客はまず、莫高窟デジタル展示センターを訪れ「デジタル敦煌」を体験、敦煌文化を理解した上で、実際に洞窟を見学することで、遺跡に対する理解をより深めることができる。

 また、8月1日からは人数制限も実施され、10年あまりのモニタリングと分析に基づき、莫高窟の1日あたりの観光客数は最大6000人に制限される。(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/武藤)
  Source:Record China

◆莫高窟の公開状況
 
 莫高窟は「千仏洞」とも呼ばれ、現在は大小492の石窟があり、見学者に公開されている石窟は40窟、そのうち一度に見学が可能なのは10窟で、交替で公開されています。なお、最近、莫高窟での写真撮影が禁止されています。


つづく