エントランスへはここをクリック  中央アジア・シルクロード  【世界紀行 

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

玉門関 中国百度百科版2

(Yu-men-kuan、中国)


青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

総合メニュー

漢代長城1  展示1  視察1 玉門関  玉門関(百度百科1  玉門関(百度百科2
玉門関(百度百科3)  視察1  展示1  白馬塔  視察
 河西回廊  ヤルダン国家地質公園
青海省  青海湖


玉門関(ゆめぐん)遺跡の沿革

 紀元前770年から121年頃にかけ越志と呉順の先住民が牧歌的な生活を続け
    ていました。
 紀元前138年、漢王朝の呉皇帝は初めて張魏を西部地域に送り、越志と連絡を
    取り、フン族を破りました。
 紀元前121年、戦隊の将軍たちは河西省に行き、フン族を倒しました。同じ年に、
    武威と酒泉県が設立されました。
 紀元前119年、張魏は再び西部地域を送りました。
 紀元前107年、シルクロードは3つの道路を通過し、地域(An Dao)として再建さ
    れました。
 紀元前108年、趙壊れスレーブ敦煌は関係なく、分裂の破壊します。遂「ユカンへの
    酒泉コラムパビリオン」。一般Ershi 104 BCにGuangli切断玉門Dawan、役に立つ、
    敦煌後退は、Babingを請願しました。翡翠の扉の覆いができるようにハンWudiの
    怒り: "軍は入るために勇気を持ってそれを粉砕する。"教師は敦煌の拘禁のた
    め、恐れた。
 AD 25 Dourongそれ河西、Gogun将軍を主張し、敦煌属。
 西暦73年、スーパークラスは36人の紳士と一緒に西部地域に運ばれました。
 漢王朝の75年目に、漢城祖国会館は首都に戻り、西側諸国に説得されました。
 西暦 93 班超西域のフロンティアコマンドの。
 西暦102年、バンチャオは敦煌を通って西部地域によって洛陽に戻りました。
 西暦266年、敦煌の僧侶の西西、、、、、、、、、、、、。
 西暦275年、敦煌霊鳳は合香市を建設しました。
 19世紀末から20世紀初頭にかけて、英国の罪学者スタインらがこの地を発見します。
 1944年、中国の北西部科学研究グループは、ユメングアン地域で考古学調査と測量・
    地図作成作業を行い、多数の漢江を発見しました。
 1963年2月、元甘粛省委員会は、夢言館が省レベルの重要文化財保護区であると
    発表しました。
 1988年1月、国務院はゆめぐん地域が国家の重要文化遺物保護団体であると発表
     しました。
 2006年、中国の世界文化遺産に指定されているリストにある「ゆめぐん遺跡」が
    「中国シルクロード」に含まれました。
 2014年6月、「ゆめんがん遺跡」は「長安 - 天山回廊道路網」および世界文化遺産に
    登録されました。
 2017年8月、敦煌の「ゆめんがん}区運営管理有限公司が設立されました。


地理的位置


玉門関(ゆめぐん)遺跡   出典:中国百度百科


玉門関(ゆめぐん)遺跡の位置   出典:中国百度百科

 玉門関遺跡は、河西回廊の西端、疏勒河(シューロー川)の南岸に位置しており、自然地理学的にはゴビ、砂漠、河川、湖の浜からなり、北は北山に面し、南は祁連山脈を感じ、南東の敦煌市からは約90km離れています。ロプノール塩湖の東端から150kmの位置にあります。この地域は地理的には東西の交通にとって地理的なシンボルであり、古代から東西交通の要衝となっていました。


風光明媚な玉門関の紹介


玉門関(ゆめぐん)遺跡   出典:中国百度百科



玉門関(ゆめぐん)遺跡   出典:中国百度百科


 一般に小方盤城(Xiaofangpancheng)として知られている玉門関(Yumenguan)は、漢の武帝が西への道を開いて河西の4つの郡を設立した時に建設されました。

 現在の観城(Guancheng)は正方形で、周囲の街はよく保存されていて、黄色の粘土質の土でできています。北西に2つの門があります。城の形は正方形で、東から西へ24メートル、北から南へ26.4メートル、そして総面積は630平方メートルです。

 城の北側の斜面の下には東から西に走る広い道があり、これが、歴史的に中央の平野部と西域を結ぶ道路となりました。既存の壁の高さは9.7メートル、幅は約3メートル、壁の幅は最も広いところで5メートルで、上部には城壁があり、東南の角には馬の通る通路もありました。ここは、軍事的にも重要な関門であり漢王朝時代を通じてシルクロードの交通の要衝であり大動脈となっていました。

 漢長城は漢王朝の河西省の軍事防衛システムの重要な部分であり、それはまた西部漢王朝の北部防衛プロジェクト全体の建設の歴史的な代名詞といえます。それは何千年もの間、風と雨によって侵食されてきましたが、それは人々に砂漠の素晴らしさと繁栄を伝えるように、また漢長城はゴビの砂漠に立っています。敦煌の漢長城(Han Great Wall)は、最も長く保存されている長城であり、優れた研究価値と装飾的価値を持っています。

 河倉城遺跡は、通称「大方盤城」として呼ばれ、西漢時代に建設されました。この建物は、北魏から晋の時代に北方の匈奴との戦いに備えて国境の長城で守っていた兵士用の食糧倉庫であったと言われています。

 河倉城は南北を向いて、長方形に構築され、城壁の外側、内側、倉庫の三つの部分に分かれています。外側の城壁は既に崩壊しました。残された倉庫の部分は東西に約132m、南北約17m、一番高いところは9mとなっています。城内は、南北に二つの壁があり、同じ広さの3つの倉庫に分かれていました。

 それぞれの倉庫は南に向いています。四つの壁は崩壊しましたが、唯一北の壁だけが比較的良い状態で残っています。北東側と北西側は草原と沼に囲まれ、南には沼地より高いゴビ(砂漠)が広がっています。場所的には非常に危険なところですが、人目を避けることができる安全な場所であり、古代の人々の英知に感服させられます。


視察1へつづく