エントランスへはここをクリック   

南イタリア・アマルフィ海岸自治体の
基礎調査データ@

A Basic Data of Comuni of
Costiera Amalfitana in South Italy
    
青山貞一・池田こみち Teiichi Aoyama & Komichi Ikeda
    
掲載月日:2013年1月31日
 
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

南イタリア・アマルフィ海岸自治体の持続可能性に係わる基礎調査
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは  アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ フローレ プライアーノ コンカ・デイ・マリーニ  アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ
スカーラ ミノーリ
 トラモンティ マイオーリ チェターラ
  マーレ  ポンペイ 参考 ナポリ サレルノ

南イタリア・アマルフィ海岸自治体の基礎データ

 以下は、南イタリア・アマルフィ海岸自治体基礎調査の一環として調査した関連自治体の基礎的データである。

表1 南イタリア・アマルフィ海岸自治体の基礎的データ
自治体
名称
距離 標高
(m)
人口 世帯 平均
年齢
製造業
企業数
従業
員数
サービス
企業数
従業
員数
一次
企業
就業
者数
行政
事務所
職員
Massa
Lubrense
61 0-500 12880 4218 40.3 164 524 230 429 219 713 50 462
Sorrento 52 0-528 16536 5707 42.8 352 1156 602 1326 710 4859 42 1168
Sant'
Anello
49 0-524 8421 2895 41.3 352 1.156 142 510 602 1326 24 618
Piano di
Sorrento
48 0-642 12833 4184 41.4 31 78 304 639 377 895 41 475
Positano 65 0-1444 3882 1435 41.2 141 761 132 373 168 616 18 274
Praiano 35 0-750 1915 722 43.2 27 65 44 66 66 198 9 63
Furore 55 0-656 810 353 40.6 20 77 13 22 30 78 5 23
Conca dei
Marini
30 0-424 697 306 43.0 8 28 14 38 20 59 3 31
Amalfi 25 0-1036 5428 1914 44.1 73 259 184 353 204 873 47 452
Atrani 21 0-186 965 348 45.6 8 25 19 32 35 91 9 25
Scala 29 136-1225 1488 498 42.1 22 67 26 59 29 91 8 83
Ravello 29 0- 1.258 2508 934 43.0 54 169 72 129 93 402 15 149
Minori 21 0-635 3023 1116 44.9 1 21 113 157 108 318 31 216
Tramonti 32 109-1316 3935 1363 41.6 21 53 117 152 67 172 15 140
Maiori 20 0-1014 5740 2097 43.3 90 258 168 298 188 608 54 530
Cetara 10 0-932 2357 770 43.1 13 46 70 119 47 149 10 85
Vietri sul Mare 5 0-933 8543 2838 42.7 93 295 210 318 261 843 47 299
注)表中の距離は、黄色がナポリからの直線距離、また白色がサレルノからの直線距離を意味している。
出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html
出典 http://www.comuni-italiani.it/065/index.html
出典 http://www.comuni-italiani.it/063/index.html

●標高と地形

 図1は、表1のうち各自治体の標高を示したものである。グラフ中、0とあるのは、当該自治体の標高がゼロ、すなわち海水面を含むことを意味している。関連自治体のなかで海水面に面していないのは、スカーラ(Scala)のみであることが分かる。またどの自治体も424m〜1444mの最高標高を持っていることも分かる。もっとも、高い標高をもつ自治体はポジターノ(Positano)である。


図1 南イタリア・アマルフィ海岸自治体の標高  単位(m)
出典:青山貞一・池田こみち、南イタリア・アマルフィ海岸自治体の基礎調査データ@

 図2は、調査対象となった南イタリアのアマルフィ海岸における各自治体の位置を地形図上に表示したものである。南側のティラニア海側にあるアマルフィ海岸が切り立った絶壁、崖となっていること、そこにひとつひとつ小さな自治体がへばり付いていることがよく分かる。


図2  アマルフィ海岸の地形図と自治体の位置

人口と世帯数

 図3は、表1のデータのうち、自治体別の人口と世帯数をグラフで示したものである。グラフより明らかなように、狭義の意味でのアマルフィ海岸に位置する自治体(Comune)の多くは、いずれも人口規模でみると約700人(コンカディマリーニ)〜約17,000人(ソレント)と小規模であることが分かる。


図3 南イタリア・アマルフィ海岸自治体の人口と世帯数グラフ
出典:青山貞一・池田こみち、南イタリア・アマルフィ海岸自治体の基礎調査データ@

平均年齢

 次は平均年齢である。

  表1および図4から見ると、ソレント系自治体の平均年齢は41.5 歳、 アマフルィ海岸系自治体の平均年齢で42.9歳でアマルフィ海岸系がかなり高齢化している。ちなみに先進国でダントツの高齢化国、日本の平均年齢はおおよそ44.7歳であり、アマフルィ海岸自治体は日本に近く高齢化していることがわかった。

 高齢者が多いアマルフィ海岸系は急斜面の崖に居住することが多い。これは長野県の天龍村など南信地域に非常によく似ている。南信地域も天龍川上流のV字型急斜面に張り付くように小さな自治体がいくつも存在しており、多くの高齢者が農業者として張り付いている。その多くは、いわゆる限界集落化している。

 参考のために示すと米国の平均年齢は、37.1歳、英国は40.2歳であり、アマルフィ海岸自治体は、日本同様、かなり高齢化していると言ってよいだろう。

 実際、2011年3月の現地調査中に会った住民の多くは高齢者が圧倒的に多かったと言える。 


図4 自治体別の平均年齢 
出典:青山貞一・池田こみち、南イタリア・アマルフィ海岸自治体の基礎調査データ@

経済産業組織の数とその従事者数
 
 図5と図6は、南イタリア・アマルフィ海岸の各自治体の経済産業組織の数とその従事者数のグラフである。図より明らかなように、どの自治体も一次産業とサービス産業(観光業など)が盛んであることが分かる。農業では、ソレント、サンタニェーロ、ポジターノ、アマルフィ、マッサルルブレンセ、マイノーリ、ラヴェッロなどのオリーブ、レモンが有名、また漁業ではソレント、マッサルブレンセ、アマルフィ、ポジターノ、チェターラなどが有名である。とくに規模は小さいがチェターラの漁業は9世紀から現在まで地中海漁業のひとつの拠点となっている。


図5 南イタリア・アマルフィ海岸自治体の経済組織数
   凡例:左から製造業、サービス業、一次産業(農林漁業)
 
出典:青山貞一・池田こみち、南イタリア・アマルフィ海岸自治体の基礎調査データ@


図6 南イタリア・アマルフィ海岸自治体の経済組織に従事する人数
   凡例:左から製造業、サービス業、一次産業(農林漁業)
 
出典:青山貞一・池田こみち、南イタリア・アマルフィ海岸自治体の基礎調査データ@

 図7は、南イタリア・アマルフィ海岸の各自治体の行政事務所とその職員数のグラフである。図より明らかなように、それらはほぼ自治体の人口に相関していることが分かる。人口に対する職員数の割合はマイノーリ9.2%、アマルフィ8%、ソレント7%、ポジターノ7%、スカーラ5.7%、チェターラ3.6%、フローレ2.8%、など、最大で約9%であることが分かった。これを日本の基礎自治体の割合と比べると2倍以上高い。


図7 南イタリア・アマルフィ海岸自治体の行政事務所と職員数
出典:青山貞一・池田こみち、南イタリア・アマルフィ海岸自治体の基礎調査データ@

つづく