テーマ:ネラーノ(Nerano)                
Alternative Media

E-wave Tokyo

青山貞一
Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda
無断転載禁 Since March 2004
小さくてもキラリと光る持続可能な社会の姿を求め
春まだ浅い南イタリア・アマルフィ海岸を行く

                Sud Italia in primavera, andare in Costiera Amalfitana                  
ネラーノ(Nerano)  基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント ポジターノ プライアーノ  フローレ  コンカ・デイ・マリーニ
アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ  ヴィエトリ・スル・マーレ  参考 ポンペイ ナポリ サレルノ
 
最新論考 2013年6月 アマルフィ海岸現地視察調査報告 <125本 全体メニュー>

ネラーノの火山岩で出来た岩山  撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10 2008.2


アマルフィ海岸コムーネの位置図  Source:Google Map


ソレント半島突端の地形(3次元立体地図)
出典:グーグルアース


ネラーノの周辺地図 Source:Google Map


特異な地形のなかにたたずむネラーノ集落の中心地
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10
 2008.2


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10 2011.3


ネラーノ集落の教会
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10 2011.3


マッサ ルブレンセのネラーノの特異な沿岸地形 (トリップアドバイザー提供)



カントーネ海岸のロ スコリオ ホテルからのこぎり山の望む  (トリップアドバイザー提供)


■ネラーノの歴史

 現在、マッサ・ルブレンセの町の一部となっているネラーノは、ソレントとアマルフィ海岸のちょうど中間に位置している風光明媚な魅力的な漁村である。

 ネラーノという地名は、紀元前、カプリに滞在し、自分の自由な時間の多くを費やし、船旅で今のマリーナ・デル・カントーネに到着していた皇帝、ティベリウス・クラウディウス・ネロから派生している。


 皇帝ネロは、ネラーノやカントーネの美しさに魅了され、現在のネラーノの一部となっているNeronianumに別荘を持っていた。

ネラーノは非常に険しい火山岩でできた山麓にある。そこからつづら折りの狭い坂道を歩くとカントーネ海岸まで降りることができる

 なお、ネラーノ地区にあるカントーネ海浜については以下を参照のこと。

      マリーナ・デル・カントーネ


             ■ネラーノの景勝地

 ネラーノのマリナ・デル・カントーネと呼ばれる浜辺が出来たのは、16世紀である。当時、海賊を見張るためにつくった塔(要塞、Torre)は、ネラーノの中心から狭いオリーブ畑のなかを30分ほど歩いて行くことが可能である。

 下の写真はネラーノの沿岸にある見張り台(塔、要塞、Torre)である。


マッサ ルブレンセ (トリップアドバイザー提供)


マッサ ルブレンセ (トリップアドバイザー提供)


マッサ ルブレンセ (トリップアドバイザー提供)


マッサ ルブレンセ (トリップアドバイザー提供)


マッサ ルブレンセ (トリップアドバイザー提供)

 
        ■プンタ・カンパネッラ自然海洋保護区

 プンタ・カンパネッラ自然保護区は、ソレント半島の突端一帯に指定されており、そこには地中海独特の植生、樹木、草花、そして色とりどりの海藻や魚介類など、豊かな海洋動物が満ちている。探訪者は、水中でもそれを確かめることができる。またソレント半島は火山岩でできており、石灰質によってできた洞窟や洞窟がたくさんある。

 プンタ・カンパネッラ自然海洋保護区の中心部で最も興味深いのは、ネラーノからつづら折りのトレッキングコースを半島の先端南側に約6km降りて行く先にある素晴らしいJeranto湾の海浜である。

 晴天の日、ネラーノの沿岸にある自然海浜や数々の洞窟、歴史的場所をトレッキングし、探索するのはカンパネラ地域でも最高の楽しみのひとつといえるだろう。

 そこでは、下の写真のように、アポロの神がつくったと言い伝えられるクラッポラ(Crappola)のフィヨルドと洞窟を海側から、そして山側から見ることができる。
 

クラッポラの洞窟Crapolla Cove (トリップアドバイザー提供)


クラッポラの洞窟Crapolla Cove (トリップアドバイザー提供)


クラッポラの洞窟Crapolla Cove (トリップアドバイザー提供)

 さらにトレッキングコースとして有名なのは自然海洋保護区である。この保護区は、プンタ・カンパネッラの自然海洋保護区と呼ばれる。保護区に行くには、ネラーノ集落の中心地から、マリナ・デル・カントーネに向かって右に折れ、海岸に向かってJeranto(Ierando in Italiano)湾沿いに降りればよい。


プンタ自然海洋保護区にあるJeranto湾   Source: Google Map


プンタ自然海洋保護区があるJeranto湾   Source:Wikipedia Italiano

 このルートの途中には、ヴィラローザといい英国人の有名な作家であるノーマン・ダグラスがしばらく滞在した場所があり、そによりさらに先に行くと石灰岩の洞窟の入り口がある。

ノーマン・ダグラス
He started in the diplomatic service in 1894 and from then until 1896 was based in St. Petersburg, but was placed on leave in unclear circumstances (probably relating to sexual scandal). In 1897 he bought a villa (Villa Maya) in Posillipo, a maritime suburb of Naples. The next year he married a cousin Elizabeth Louisa Theobaldina FitzGibbon (their mothers were sisters, daughters of Baron Ernst von Poellnitz). They had two children, Louis Archibald (Archie) and Robert Sholto (Robin),[4] but divorced in 1903 on grounds of Elizabeth's infidelity. Norman's first book publication, (Unprofessional Tales (1901)) was written under the pseudonym Normyx, in collaboration with Elizabeth.


マッサ・ルブレンセにあるプンタ・カンパネッラ海洋保護区
Source: Italiano Wikipedia

 またこのトレッキングコースの最初の部分では、ヴェターラ(Vetara)とリ・ガリ(Li Galli)列島の壮大な眺望を存分に楽しむことができる。


Vetara島  Source:Google Map


プライベートアイランドとして知られるLi Galli島
Source: http://www.privateislandsmag.com

 さらにストゥープやボヌッチ(Bonucci)らの考古学者が発見したNoglieの洞窟(the Grotta delle Noglie Massa Lubrense, Cave of the Cats)への入口を見ることが出来る。

アマルフィ海岸現地調査計画

ソレント半島・アマルフィ海岸主要図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast


ソレント半島・アマルフィ海岸全図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast

アマルフィ海岸現地調査計画
すでに実行分 2008.2  計画 2011.3予定 
Naples Bay ポンペイ
Pompei
ソレント サンタニェーロ 25751
Sorrento  Sant' Angello
16536  8421
アジェ-ロラ ラヴェッロ
Agerola Ravello
7348 2508
ファロ カントーネ サンピエトロ ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・ディ
マリーニ
アマルフィ アトラーニ  ミノーリ マイオリ  チェ・ターラ ヴィエトリ
Faro Cantone San Pietro Positano Praiano Furore Conca dei
Marini
Amalfi Atrani Minori Maiori CeTara Vietri サレルノ
1640 3882 1915 810 697 5428 965 3023 5740 2357 8543 Salerno
Tyrrhenian Sea 138188
()内は人口、出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html

<アマルフィ海岸・ソレント半島>
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ アマルフィ アトラーニ 
ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  
参考 ポンペイ ナポリ サレルノ

<関連論考>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル
●特集:南イタリア紀行 アマルフィ海岸 2008年2月   イタリア
青山貞一:南イタリア紀行  @ローマでそしてナポリで、しばし呆然
青山貞一:南イタリア紀行  A絶壁、絶景のアマルフィ海岸を行く
青山貞一:南イタリア紀行  B紺碧の空と海、絵画のようなアマルフィ
青山貞一:南イタリア紀行  Cアマルフィ大聖堂と広場
青山貞一:南イタリア紀行  Dアマルフィの市民生活
青山貞一:南イタリア紀行  Eワグナーが愛した天空の楽園、ラベッロ
青山貞一:南イタリア紀行  Fラベッロから夕暮れのアマルフィへ、そして夕日
青山貞一:南イタリア紀行  G夕闇迫るポジターノ
●南イタリア紀行: ソレントとその周辺  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ソレントでフェラーリ
青山貞一:南イタリア紀行 Aソレントから見たヴェスヴィオ
青山貞一:南イタリア紀行 Bソレントの夕日
青山貞一:南イタリア紀行 Cサンタニェーロからソレントへ
青山貞一:南イタリア紀行 D秀逸なソレントの伝統工芸
青山貞一:南イタリア紀行 Eソレントの歴史文化魅力の源泉
青山貞一:南イタリア紀行 Fソレント半島西端のカントーネ
●南イタリア紀行:カントーネ  イタリア
青山貞一・池田こみち: 春浅い南イタリア・ソレント半島カントーネを行く
●南イタリア紀行: ポンペイ  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ポンペイ遺跡探訪 ソレントからポンペイへ
青山貞一:南イタリア紀行 Aポンペイ遺跡探訪 バジリカ・フォロ
青山貞一:南イタリア紀行 Bポンペイ遺跡探訪 生活・富裕家のフラスコ画
青山貞一:南イタリア紀行 Cポンペイ遺跡探訪 闘技場・大体育場・娼館
青山貞一:南イタリア紀行 Dポンペイ遺跡探訪 街路計画・排水路
青山貞一:南イタリア紀行 Eポンペイ遺跡探訪 秘儀荘
青山貞一:南イタリア紀行 Fポンペイ遺跡探訪 人体レリーフ
●南イタリアの「にゃん」と「わん」   イタリア
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Bサンタニェーロ・ソレント
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Cアマルフィ・ラヴェロ
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Dネラーノ・カントーネ
●特集:円高を大いに生かし世界を旅しよう!
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (1)円高は悪なのか?
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (2)ホテル代
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (3)航空運賃
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (4)現地物価
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (5)安くないパッケージツアー
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (6)自分流ツアー実例(バルト3国+北欧2国)