テーマ:アマルフィ(Amalfi)
 Alternative Media

E-wave Tokyo

青山貞一 Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda
無断転載禁 Since March 2004
小さくてもキラリと光る持続可能な社会の姿を求め
春まだ浅い南イタリア・アマルフィ海岸を行く

                Sud Italia in primavera, andare in Costiera Amalfitana                  
アマルフィ(Amalfi)  基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ
アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  参考 ポンペイ ナポリ サレルノ
最新論考 2013年6月 アマルフィ海岸現地視察調査報告 <125本 全体メニュー>
夢にまで見たアマルフィ海岸 夢と違わず希有で秀逸 
撮影:青山貞一、Nikon Cool Pix S10

◆青山貞一:南イタリア紀行  B紺碧の空と海、絵画のようなアマルフィ

    
ソレント半島及びアマルフィ海岸の位置。真ん中はアマルフィの紋章


アマルフィ市役所にある古代アマルフィ海洋共和国の紋章
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011年3月

自治体
名称
距離 標高
(m)
人口 世帯 平均
年齢
製造業
企業数
従業
員数
サービス
企業数
従業
員数
一次
企業
就業
者数
行政
事務所
職員
自動車
保有
台数
住民
所得
総計
(億円)
住民
平均
年収
(万円)
Amalfi 25 0-1036 5428 1914 44.1 73 259 184 353 204 873 47 452 3468 55.0 103
Source:青山貞一・池田こみち、環境総合研究所(東京都品川区)


アマルフィの中心部  Source:Google Map

アマルフィの公式Web


アマルフィ海岸コムーネの位置図  Source:Google Map


アマルフィ海岸のサレルノ側。奧にアマルフィ、ラヴェッロ、中央にミノーリ、マイオーリ、
手前にチェターラ、ヴィエトリ・スル・マーレが見える
出典:グーグル・アース


アマルフィ(コムーネ)地図  Source:Google Map


海側上空から見たアマルフィ Source:Google Earth


アマルフィ(コムーネ) Source:Google Map


世界一美しい海岸、アマルフィ海岸の中心地アマルフィのパノラマ Source: Italiano Wkipedia


ティラニア海から見たアマルフィ海岸 (トリップアドバイザー提供)


撮影:青山貞一、Nikon Cool Pix S8  2011.3

         
            
夢にまで見たアマルフィに到着。ご満悦の筆者!
                撮影:池田こみち Nikon CoolPix S10

 2011年3月、2回目のアマルフィ海岸への現地調査だ。成田を出発したのは、3月9日、到着後、すぐに東日本大震災を知る。

 今回は、ナポリでレンタカーを借り、約10日間、ナポリ→ソレント半島→アマルフィ海岸のコムーネを徹底的に現地調査した。しかし、青山貞一は前の年、自宅の階段を落下し第二頸椎を骨折した。大手術を慈恵医科大学病院で行い何とか命は取りとめたものの、退院から3か月たっても体調は万全ではなかった。

 後でわかったことだが、退院後、体のホルモンバランスを崩し、甲状腺ホルモンの分泌がほとんどなくなり、階段も満足に上れないどころか、ほんの少し歩くだけで動悸息切れが激しくなった。それをおして南イタリアに出張したものの、アマルフィ海岸はどこも急傾斜地や階段ばかり、動悸息切れで到底登れなかった。

 結局、池田さんが運転するレンタカーで20か所を超すコムーネ(自治体)を順次訪問し、何とか現地調査をこなした。帰国後、6月になってやっと原因が判明したが、2011年は3.11に関連する福島、宮城、岩手への現地調査に追われ、南イタリア現地調査の報告は2年遅れることになった。

◆青山貞一:実感! <自律神経系>・<免疫機能>・<内分泌機能>、ホメオスタシス三角バランスの大切さ! 
   2008年2月、春まだ浅い南イタリアのアマルフィ海岸にミラノ、ローマ、ナポリ、サンタニェーロそしてソレントを経由し、やっとのことで到着した。 

 8−9世紀から現在に至る地中海の海洋都市国家、アマルフィは、来る前に自分の頭の中で描いていたイメージに違わず、すばらしいの一言につきる絵に。まさに「絵に書いたような景観」だった。アマルフィは歴史と文化を背景とした地形、自然に調和した希有な都市景観である。

 絵のような美しさとは、アマルフィのためにあるとさえ言える。地中海に通ずるティレニア海の水もどこまでも透き通っている。こんな海、今の日本ではお目にかかれない。

 「世界一の海岸線」と欧州人が寄せる評価も間違いないところだ! 

 アマルフィに来るまでは、ローマでスリに遭い、ナポリではレンタカーを借りられず、途方に暮れた。そのあげくソレントから路線バスに乗り、断崖絶壁を経由して出会った希有で秀逸な景観だ!


ソレント−アマルフィ1日乗り放題切符 3.9ユーロ(2010年なら約430円) 

 苦労しやっとのことでたどり着いたアマルフィ、本当に来た甲斐があった。南イタリアの建築物には固有の歴史から来るイスラム文化がキリスト文化とほどよく融合した美は格別である。 

 この地には中世以前から地域にいきづく、オリーブやレモンの栽培はじめ急傾斜地にへばりつく畑の暮らしが今でもそのままある。

◆青山貞一:南イタリア紀行  Dアマルフィの市民生活


■アマルフィの生活


アマルフィで見た掲示板、観光案内。あか抜けている
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

典型的なアマルフィの町並み。背後に険しい黒い岩山がある
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


ここでもふと背後には険しい山々が
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

    
アマルフィ旧市街にはこのようなトンネルがたくさんある

撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10



アマルフィ旧市街は階段や裏道(猫道)だらけだ
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011.3


ソレント半島、アマルフィ海岸と言えばレモンとオリーブ
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8 2011.3

アマルフィ海岸はソレント半島南側一帯を指している。9世紀にはじまる
都市国家アマルフィはその中心にある。

ラヴェッロはその北側300m
ポジターノはアマルフィとソレントの中間のアマルフィ海岸にある。
現在、アマルフィ、ラヴェッロ、ポジターノ、ソレントは、いずれも
南イタリアを代表する観光名所であり景勝地となっている!


アマルフィ海岸にある小さなむらやまちでは、南向きの急傾斜地を
利用したレモン、オリーブなどの栽培が盛んだ。
 下はNHK BSハイビジョンのイタリア絶景50選番組における
アマルフィのレモンの栽培風景。


アマルフィ特産品のレモン
出典:NHKBSHi イタリア絶景50選


アマルフィ特産品のレモン
出典:NHKBSHi イタリア絶景50選


アマルフィ特産品のレモン
出典:NHKBSHi イタリア絶景50選


アマルフィ旧市街にあった泉水の前で、
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

アマルフィ旧市街の泉水 クロアチアのドブロブニクで
見た泉水に似ている! 実はドブロブニクの泉水は
イタリアから技術者を呼び造ってもらったそうだ!
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

下のクロアチアの海洋都市国家であったドブロブニクにある泉水である。
本場イタリアより立派である?


アマルフィ同様、クロアチアの海洋都市国家でならしたドブロブニクにあった泉水
実はこの泉水はわざわざイタリアから技術者を呼んでつくってもらったそうだ
Onofrio's Fountain   Source:From Wikipedia, the free encyclopedia





アマルフィ海岸の夕暮れ (トリップアドバイザー提供)


アマルフィ海岸 (トリップアドバイザー提供)

夕暮れのアマルフィの海辺  撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

●アマルフィ海岸の概要 

 詳細は アマルフィ海岸(とは を参照のこと

アマルフィ海岸を教科書的に紹介すると次のようになる。

世界遺産登録年は1997年。海沿いに断崖絶壁が続くこの一帯は海岸線が変化に富み素晴らしい美しさをみせる。

中世初期から人々が定住を始め、中世の海洋共和国として栄えたアマルフィやラヴェッロなどの街では秀逸な建築物や芸術作品も創出した。

険しい岩壁の続く地形を、人々はブドウやレモンの段々畑、果樹園、放牧地など様々に活用し、紺碧の海とあいまって、地中海的でドラマチックな独自の美しい自然景観がここに展開している。

アマルフィ海岸の位置は、イタリアのカンパニア州サレルノ県、ソレント半島南岸の海岸。ティレニア海・サレルノ湾に面する。ヴィエトリ・スル・マーレからアマルフィを抜け、ポジターノへ到るまでの一帯を言う。

世界一美しい海岸。


アマルフィのまちなみ
Source:Wikipedia Italia


アマルフィ海岸 (トリップアドバイザー提供)

下の写真はアマルフィの北西部の断崖絶壁に建つ住宅である。
普段見れない光景をグーグルのストリートビューで見てみた。


アマルフィ北部の住宅地
出典:Google Street View


●アマルフィ (Amalfi) 及びアマルフィ公国について

  詳細は アマルフィ公国とは を参照のこと

 イタリア共和国カンパニア州のコムーネ(都市)である。

 人口5,353人(2009年1月現在)。ソレント半島の南東、サレルノ湾に面する
アマルフィ海岸の中心地。観光の拠点である。周囲を断崖絶壁の海岸に囲まれ、小湾の奥に位置する小規模な浜に作られた港から、断崖上に向かって形成されている街である。

 アマルフィ海岸は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。

■アマルフィの歴史

アマルフィ海岸の旅行ガイド
アマルフィ海岸 (トリップアドバイザー提供)

 アマルフィの起源は古代ローマ時代にまで遡る。海洋に面し、かつ複雑な地形に囲まれており、外敵の侵入を撃退するのに適していた。


アマルフィ市役所
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011年3月


アマルフィ市役所二階にアマルフィ海岸、アマルフィ公国の博物館がある
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011年3月

アマルフィ公国とは


アマルフィ市役所にある古代アマルフィ海洋共和国の紋章
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011年3月


アマルフィ市役所にある古代海洋共和国の殿堂
の入口にあった昔のアマルフィ海岸のタイル画
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011年3月

 アマルフィのまちは339年に設置された交易所を起源としている。元々は東ローマ帝国系のナポリ公国に支配されていた地域であった。

 838年:ランゴバルド人に占領されるが、翌年にランゴバルド人を追放すると、知事を選出して自治共和国としての形を整え始める

 839年:ナポリ公国から独立を宣言してアマルフィ公国となり、イスラーム勢力との抗争のなかで、徐々に勢力を拡大させていった。

 872年:サン・サルヴァトーレ島を守っていたイスラーム軍を海戦で撃破、この功績で東ローマ帝国からカプリ島を譲渡された。ただし、イスラーム勢力と対立しただけでなく、商業上の利益から同盟を結ぶこともあった。

アマルフィ海岸の旅行ガイド
アマルフィ海岸 (トリップアドバイザー提供)

958年:元首を選出して公国となり、間もなく最盛期を迎える。

 アマルフィは、その後も公国の首都、貿易の拠点として発展し、一時はピサやヴェネツィアやジェノヴァと地中海の覇権を争い、黒海にも商業活動を広げた。例えば、現ウクライナの都市セヴァストポリに、アマルフィの港の跡が残されている。

11世紀:政権は次第に不安定になっていき、サレルノ公国からの介入を許すようになる。

1073年:ノルマン人のロベルト・イル・グイスカルドによって征服されると、アマルフィ公の地位も彼の息子に奪われ、独立を失う。

1096年:反乱が起きるが、1101年に鎮圧される。

1130年:再度反乱が起きる。

1131年:ルッジェーロ2世によってシチリア王国に併合されることになる。1131年にはノルマン人による征服、1135年、1137年はピサによる略奪、そして1343年の嵐によって都市の大部分が破壊された。

1135年および1137年:ピサの攻撃を受け、以後は都市としてのアマルフィも急速に衰退していくことになる。

 アマルフィの人々は、航海に関する法典である「アマルフィ海法」を作成した。これが様々な海洋に関する法典の雛形となり、17世紀まで影響を持った。また、中国からイスラーム世界に伝わった製紙法がシチリア島経由でもたらされ、13世紀には製紙産業が勃興していた。

出典:Wikipedia

●イタリアのコムーネ

 中世、近世にあって、イタリアに存在した自治都市の都市共同体が存在しコムーネと呼ばれた。

 自治都市コムーネは都市の有力市民、地区やギルドの代表によって運営され、都市とその郊外農村地域を統治していた。現代イタリアのコムーネ自治は自治都市の伝統を基礎としているといわれる。

 行政学的にはイタリアには日本のような市町村の区別は行政上はない。250万人のローマも100万人を超すナポリも、他方バローロのような1,000人以下のむらもコムーネ(Comune)である。いわば日本の基礎自治体に近い。

 この点はフランスのコミューンと同様である。コムーネの代表(首長)は、シンダコ(sindaco)と呼ばれる。

アマルフィ大聖堂 Domo di Amalfi

◆青山貞一:南イタリア紀行  Cアマルフィ大聖堂と広場

イスラム文化とキリスト文化の融合がつくりだしたアマルフィ大聖堂固有の建築美 撮影:青山貞一、Nikon Cool Pix S10


アマルフィ大聖堂の内部 (トリップアドバイザー提供)


アマルフィ海岸 (トリップアドバイザー提供)

アマルフィでひときわ異彩を放っている建築物がアマルフィが世界に誇るアマルフィ大聖堂である。イタリア語でDuomo di Amalfiという。

この大聖堂はまちの守護神であり漁師の守り神である聖人アンドレアを奉じるために9世紀に建立されている。

そのアマルフィ大聖堂は、広場の階段の頂きにアマルフィのまちを見下ろすように建っている。大聖堂は2つの教会、地下室、階段、アトリウム、鐘楼(塔)、回廊から構成された複合建築物として、歴史建築学的にも著名なものとなっている。

夕暮れともなると西日が正面のモザイクを金色に染め美しい。

また教会の地下には聖人アンドレアの頭蓋骨が納められている。 大聖堂正面の階段は57段ある。

この大聖堂はアマルフィのまちでもっとも重要な広場に面している。もともとのカテドラルはロマネスク様式であったが、のちにバロック様式を取り入れる。

イタリアいや世界的にも非常に希有でユニークな建築様式となっている。教会左の鐘楼や Chiostro del paradiso(天国の回廊)はどれもイスラム文化の影響を受けたものである。下の塔は12世紀に建立されている。



アマルフィ大聖堂(カテドラル、ドウォーモ)の正面
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


カテドラルの最上部を拡大したもの
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

アマルフィ大聖堂(カテドラル、ドウォーモ)からみた山山
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


アマルフィ大聖堂(カテドラル、ドウォーモ)の鐘楼(塔)
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


大聖堂の内部。
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

大聖堂の内部。聖母マリア像
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10



大聖堂の内部。
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

大聖堂の内部。司祭台(説教台)
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

アマルフィ海岸の旅行ガイド
アマルフィ海岸 (トリップアドバイザー提供)

アマルフィ大聖堂の複合建築物の中核部分は当初、9世紀に建設された教会であるとされてきたが、596年という年代が含まれる書簡を法王が記していたことから、最初の建立は6世紀ではないかという説もある。

いずれにしても古い年代に建立されたことに違いはない。

大聖堂の内部はもとはロマネスク様式だったが、後になってバロック様式となっている。大聖堂の内部には、ローマ帝国が崩壊した後も、独立王国として君臨したアマルフィの富裕な歴史を物語るように豪華な司祭台(説教台)、燭台がある。


大聖堂の正面広場。建築物の模様と色が大聖堂に合っている
Duomo di Amalfi and the piazza
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

イスラム様式の美しい幾何学模様。まさに天国の回廊である!
交差アーチをもつ天国の回廊(Chiostro del Paradiso)
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


アマルフィ海岸の特異な地形



アマルフィ、ミノーリの上空からソレント半島の先端(カントーネ)を見た立体図
ソレント半島の左側がアマルフィ海岸。半島の右側にソレントがある。
急峻な断崖絶壁の地形にカントーネ、ポジターノ、アマルフィなどのまちがへばりついている

アマルフィ海岸の旅行ガイド
アマルフィ海岸 (トリップアドバイザー提供)


切り立った岩山の途中にアマルフィ行きの道路がへばりついている
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10



アマルフィ海岸の中心地、絵画のようなアマルフィ
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10



アマルフィ海岸の中心地、絵画のようなアマルフィ
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10




YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=s3UjKWEly24&feature=player_embedded 


アマルフィ海岸の夕日

アマルフィ海岸の夕日(アマルフィにて)

撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


アマルフィ海岸の夕日(アマルフィにて)
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


アマルフィ海岸現地調査計画

ソレント半島・アマルフィ海岸主要図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast


ソレント半島・アマルフィ海岸全図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast

アマルフィ海岸現地調査計画
すでに実行分 2008.2  計画 2011.3予定 
Naples Bay ポンペイ
Pompei
ソレント サンタニェーロ 25751
Sorrento  Sant' Angello
16536  8421
アジェ-ロラ ラヴェッロ
Agerola Ravello
7348 2508
ファロ カントーネ サンピエトロ ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・ディ
マリーニ
アマルフィ アトラーニ  ミノーリ マイオリ  チェ・ターラ ヴィエトリ
Faro Cantone San Pietro Positano Praiano Furore Conca dei
Marini
Amalfi Atrani Minori Maiori CeTara Vietri サレルノ
1640 3882 1915 810 697 5428 965 3023 5740 2357 8543 Salerno
Tyrrhenian Sea 138188
()内は人口、出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html

<アマルフィ海岸・ソレント半島>
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ アマルフィ アトラーニ 
ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  
参考 ポンペイ ナポリ サレルノ

<関連論考>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル


<関連論考>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル
●特集:南イタリア紀行 アマルフィ海岸 2008年2月   イタリア
青山貞一:南イタリア紀行  @ローマでそしてナポリで、しばし呆然
青山貞一:南イタリア紀行  A絶壁、絶景のアマルフィ海岸を行く
青山貞一:南イタリア紀行  B紺碧の空と海、絵画のようなアマルフィ
青山貞一:南イタリア紀行  Cアマルフィ大聖堂と広場
青山貞一:南イタリア紀行  Dアマルフィの市民生活
青山貞一:南イタリア紀行  Eワグナーが愛した天空の楽園、ラベッロ
青山貞一:南イタリア紀行  Fラベッロから夕暮れのアマルフィへ、そして夕日
青山貞一:南イタリア紀行  G夕闇迫るポジターノ
●南イタリア紀行: ソレントとその周辺  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ソレントでフェラーリ
青山貞一:南イタリア紀行 Aソレントから見たヴェスヴィオ
青山貞一:南イタリア紀行 Bソレントの夕日
青山貞一:南イタリア紀行 Cサンタニェーロからソレントへ
青山貞一:南イタリア紀行 D秀逸なソレントの伝統工芸
青山貞一:南イタリア紀行 Eソレントの歴史文化魅力の源泉
青山貞一:南イタリア紀行 Fソレント半島西端のカントーネ
●南イタリア紀行:カントーネ  イタリア
青山貞一・池田こみち: 春浅い南イタリア・ソレント半島カントーネを行く
●南イタリア紀行: ポンペイ  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ポンペイ遺跡探訪 ソレントからポンペイへ
青山貞一:南イタリア紀行 Aポンペイ遺跡探訪 バジリカ・フォロ
青山貞一:南イタリア紀行 Bポンペイ遺跡探訪 生活・富裕家のフラスコ画
青山貞一:南イタリア紀行 Cポンペイ遺跡探訪 闘技場・大体育場・娼館
青山貞一:南イタリア紀行 Dポンペイ遺跡探訪 街路計画・排水路
青山貞一:南イタリア紀行 Eポンペイ遺跡探訪 秘儀荘
青山貞一:南イタリア紀行 Fポンペイ遺跡探訪 人体レリーフ
●南イタリアの「にゃん」と「わん」   イタリア
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Bサンタニェーロ・ソレント
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Cアマルフィ・ラヴェロ
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Dネラーノ・カントーネ
●特集:円高を大いに生かし世界を旅しよう!
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (1)円高は悪なのか?
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (2)ホテル代
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (3)航空運賃
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (4)現地物価
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (5)安くないパッケージツアー
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (6)自分流ツアー実例(バルト3国+北欧2国)