テーマ:トラモンティ(Tramonti)          
 Alternative Media

E-wave Tokyo

青山貞一
Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda
無断転載禁 Since March 2004
小さくてもキラリと光る持続可能な社会の姿を求め
春まだ浅い南イタリア・アマルフィ海岸を行く

                Sud Italia in primavera, andare in Costiera Amalfitana                  
トラモンティ(Tramonti)   基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ
アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ  ヴィエトリ・スル・マーレ  参考 ポンペイ ナポリ サレルノ
     
最新論考 2013年6月 アマルフィ海岸現地視察調査報告 <125本 全体メニュー>

トラモンティ 撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

    
ソレント半島及びアマルフィ海岸の位置
。真ん中はトラモンティの紋章


アマルフィ市役所にある古代アマルフィ海洋共和国の紋章
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011年3月

自治体
名称
距離 標高
(m)
人口 世帯 平均
年齢
製造業
企業数
従業
員数
サービス
企業数
従業
員数
一次
企業
就業
者数
行政
事務所
職員
自動車
保有
台数
住民
所得
総計
(億円)
住民
平均
年収
(万円)
Tramonti 32 109-1316 3935 1363 41.6 21 53 117 152 67 172 15 140 2953 24.14 58.2
Source:青山貞一・池田こみち、環境総合研究所(東京都品川区)


アマルフィ海岸コムーネの位置図  Source:Google Map

トラモンティの公式Web


アマルフィ海岸のサレルノ側。奧にアマルフィ、ラヴェッロ、中央にミノーリ、マイオーリ、
手前にチェターラ、ヴィエトリ・スル・マーレが見える。マイオーリの東奧がトラモンティ。
出典:グーグル・アース


トラモンティ地図 Source:Google Map



サーティーン村はLattariの谷に位置しています。
Source:トラモンティ村公式Web


トラモンティ 撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


トラモンティとミノーリ、マイオーリなどのアマルフィ海岸コムーネとの位置関係
Source:Google Earh


 世界一の海岸、地中海の真珠と言われるアマルフィ海岸の魅力は、静寂で断崖に続く小さなまちの景観である。トラモンティは、そのアマルフィ海岸の北側、そしてソレント半島を縦断するリッテラリー山脈の西側にあり静寂で素朴な山間地の農村である。


トラモンティ 撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 その牧歌的な風景、海から8キロの山の中そして谷には、ブドウ畑、栗の森それにレモン畑に囲まれた13の村がある。トラモンティの地名は、 イタリア語でイントラ・モンテス、すなわち山の間にある、一言で言えば、山の中という意味である。トラモンティは、スカーラやアマルフィ同様、ローマ人によって創設された独特の歴史と文化をもつ魅力的な地域である。


トラモンティ 撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

トラモンティはアマルフィの最も重要な共和国の一つで、山々に囲まれたこの町は多くの著名人の居住地に選ばれている。

 地中海交易上の重要な港として栄えた
トラモンティは、マイノーリ、アマルフィ海岸につながるチュインチ(Chuinzi)通り沿いに位置し、カバデティレニ、コービー、マイオーリ、ニーダーノチェラ、ノチェラパガーニ、ラヴェッロ、サンテジーディオ・デル・モンテアルビノなどのコムーネに接している。

 トラモンティの起源は定かではないが、歴史家によれば、紀元前4または5世紀にまでさかのぼるという。トラモンティの先住民は当初、アマルフィの防衛のためにつくられたスカーラと同時期にアマルフィ共和国連合に参加したとされている。そしてトラモンティは、永年にわたって海側からの進入の防波堤の役割を果たしてきたとされている。


トラモンティ 撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 トラモンティはアマルフィ海洋共和国の繁栄の歴史の中で、共和国の防衛上、非常に重要な役割を果たすとともに、共和国の通商交易と芸術文化の発展を背後から支援してきたといえる。

 自然環境面から見ると、トラモンティは、アマルフィ海岸にあるコムーネの巨大な緑の肺、すなわち清浄な空気の供給源ともなっている。

 そのトラモンティはアマルフィ共和国の時代、まちとしての力は頂点に達し、13の地区にはひときわ美しい宮殿や教会がつくられた。

 トラモンティには、多くの教会や修道院があり、その秀逸な文物などの芸術や建築を見ることが出来る。たとえば、プロヴィカ村にある聖フランシスコ修道院は、1474年にフランシスコ会によって設立されている。ロック礼拝堂(岩のチャペル)としても知られるGeTeの村の礼拝堂、また "グレースの聖母"は、ロマネスク様式とゴシック様式により8世紀から12世紀の間に建てられている。同時期にはフィリーネの村で聖ペテロ教会がつくられている。聖ペテロ教会には、8世紀のビザンチン様式のフレスコ画もある。

 以下は、トラモンティにある主な教会や修道院。

◆チャペルロック(ロックのチャペル)
昇天教会(昇天教会)
◆聖エリアス教会(聖エリヤ教会)
◆聖ヨハネ教会(聖ヨハネ教会)
◆聖ペテロ教会(教会聖ペテロ使徒)
◆聖エラスムス教会


トラモンティの教会  撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

◆サンタ・マリア・ラ・ノヴァの城
◆聖フランチェスコの修道院
◆聖ヨセフと聖テレサ修道院

 トラモンティには13の村(の行政区)があるが、村それぞれが豊かな歴史と文化遺産をもっており、訪問し鑑賞に値するものである。プカラ村のマグダラの聖マリア教会にはルカ・ジョルダーノによる絵画がある。テレサ村の聖ヨセフ教会は17世紀に設立されている。この教会で「協奏曲」が初めて作曲されている。 パテルノ村には豊麗な聖ペテロ使徒教会がある。

 カンピノーラ村の聖ヨハネ教会には、天使に囲まれたヨハネとフランシスの間に聖母マリアが描かれている。ポルヴィカ村にはアン・ブローズ・ローマン・マイノーリの元司教とマーティン・デ・マイオ島の、ビシェリエ司教の大理石の墓がある。ポロヴィカ村にはトラモンティ町役場の横にフランチェスカ修道院がある。この修道院は1474年に建てられている。このポロヴィカ村の地区にはローマ時代の別荘がと重要な遺跡がある。



トラモンティの教会  撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


トラモンティの教会  撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


トラモンティの教会  撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 この先にゲーテの礼拝堂があります。

 まさに岩の割れ目の中に礼拝堂があります。岩の割れ目にすっぽり入るように出来た礼拝堂です。
二つのアーチから出来ています。礼拝堂にミニ広場は、礼拝の日には、椅子が置かれます。


トラモンティのゲーテ村の岩の礼拝堂   撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 下は岩の礼拝堂で行われた夜の礼拝の写真です。置かれた白い色の椅子に礼拝者が座っています。


トラモンティのゲーテ村の岩の礼拝堂   Source: Comune di Tramonti

 下は礼拝堂の外から池田が写真を撮ろうとしているところです。岩の礼拝堂は、なかなかエレガントに出来ています。


トラモンティのゲーテ村の岩の礼拝堂  撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 下は礼拝室です。椅子が並べられていました。正面に十字架にかけられたキリストの像があります。


トラモンティのゲーテ村の岩の礼拝堂   撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 下は礼拝堂の中です。


トラモンティのゲーテ村の岩の礼拝堂   撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


トラモンティのゲーテ村の岩の礼拝堂   撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


■トラモンティの農村風景


トラモンティ 撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


Tramonti (トリップアドバイザー提供)


Tramonti (トリップアドバイザー提供)


突然道路にヒツジの群れが トラモンティにて
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


ソレント半島・アマルフィ海岸主要図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast


ソレント半島・アマルフィ海岸全図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast

アマルフィ海岸現地調査計画
すでに実行分 2008.2  計画 2011.3予定 
Naples Bay ポンペイ
Pompei
ソレント サンタニェーロ 25751
Sorrento  Sant' Angello
16536  8421
アジェ-ロラ ラヴェッロ
Agerola Ravello
7348 2508
ファロ カントーネ サンピエトロ ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・ディ
マリーニ
アマルフィ アトラーニ  ミノーリ マイオリ  チェ・ターラ ヴィエトリ
Faro Cantone San Pietro Positano Praiano Furore Conca dei
Marini
Amalfi Atrani Minori Maiori CeTara Vietri サレルノ
1640 3882 1915 810 697 5428 965 3023 5740 2357 8543 Salerno
Tyrrhenian Sea 138188
()内は人口、出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html

<アマルフィ海岸・ソレント半島>
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ アマルフィ アトラーニ 
ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  
参考 ポンペイ ナポリ サレルノ


<関連論考1 初夏のアマルフィ海岸を行く 2013年6月>
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 7日目:内陸のトラモンティへ
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 7日目:トラモンティの概要
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 7日目:トラモンティの歴史
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 7日目:トラモンティの教会と修道院
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 7日目:トラモンティ・ゲーテの岩の礼拝堂
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 7日目:トラモンティの聖ヨハネ教会
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 7日目:トラモンティの聖フランチェスコ修道院
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 7日目:トラモンティの聖マリア教会
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 7日目:トラモンティの風景


<関連論考2>
●特集:南イタリア紀行 アマルフィ海岸 2008年2月   イタリア
青山貞一:南イタリア紀行  @ローマでそしてナポリで、しばし呆然
青山貞一:南イタリア紀行  A絶壁、絶景のアマルフィ海岸を行く
青山貞一:南イタリア紀行  B紺碧の空と海、絵画のようなアマルフィ
青山貞一:南イタリア紀行  Cアマルフィ大聖堂と広場
青山貞一:南イタリア紀行  Dアマルフィの市民生活
青山貞一:南イタリア紀行  Eワグナーが愛した天空の楽園、ラベッロ
青山貞一:南イタリア紀行  Fラベッロから夕暮れのアマルフィへ、そして夕日
青山貞一:南イタリア紀行  G夕闇迫るポジターノ
●南イタリア紀行: ソレントとその周辺  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ソレントでフェラーリ
青山貞一:南イタリア紀行 Aソレントから見たヴェスヴィオ
青山貞一:南イタリア紀行 Bソレントの夕日
青山貞一:南イタリア紀行 Cサンタニェーロからソレントへ
青山貞一:南イタリア紀行 D秀逸なソレントの伝統工芸
青山貞一:南イタリア紀行 Eソレントの歴史文化魅力の源泉
青山貞一:南イタリア紀行 Fソレント半島西端のカントーネ
●南イタリア紀行:カントーネ  イタリア
青山貞一・池田こみち: 春浅い南イタリア・ソレント半島カントーネを行く
●南イタリア紀行: ポンペイ  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ポンペイ遺跡探訪 ソレントからポンペイへ
青山貞一:南イタリア紀行 Aポンペイ遺跡探訪 バジリカ・フォロ
青山貞一:南イタリア紀行 Bポンペイ遺跡探訪 生活・富裕家のフラスコ画
青山貞一:南イタリア紀行 Cポンペイ遺跡探訪 闘技場・大体育場・娼館
青山貞一:南イタリア紀行 Dポンペイ遺跡探訪 街路計画・排水路
青山貞一:南イタリア紀行 Eポンペイ遺跡探訪 秘儀荘
青山貞一:南イタリア紀行 Fポンペイ遺跡探訪 人体レリーフ
●南イタリアの「にゃん」と「わん」   イタリア
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Bサンタニェーロ・ソレント
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Cアマルフィ・ラヴェロ
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Dネラーノ・カントーネ
●特集:円高を大いに生かし世界を旅しよう!
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (1)円高は悪なのか?
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (2)ホテル代
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (3)航空運賃
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (4)現地物価
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (5)安くないパッケージツアー
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (6)自分流ツアー実例(バルト3国+北欧2国)